ここから本文です
藤前干潟のかにくん日記 〜藤前干潟から情報を発信してます〜
藤前干潟のガタレンジャー かにくん です ♪ 2017年もよろしくお願いします

書庫藤前干潟のイベント案内

すべて表示

藤前干潟 生きものまつり!
2017干潟・湿地を守る日行事 ╱ 湿地のグリーンウェィブ2017
藤前干潟ふれあい事業 パートナーシップ事業(予定)
2017年4月29日(土)10:00〜15:00

イメージ 1

【日時】 2017年4月29日(土)10:00〜15:00
       ※少雨決行。荒天の場合は4月30日(日)に順延。
【会場】 藤前干潟/藤前活動センター(
名古屋市港区藤前2₋202)
【主催】 NPO法人 藤前干潟を守る会

【内容】 干潟観察会&潮だまり観察会

     バードウォッチング
     尾張新次郎太鼓の和太鼓の演奏(予定)
     いろんな団体のブース出展やワークショップ

     光学機器メーカーによる双眼鏡・望遠鏡の販売
     ランチには藤前飯店のカレーライスをどうぞ!


  
【干潟観察会、石ころ干潟観察会の詳細】
〈石ころ干潟観察会①〉 10:30 〜 11:30※要申し込み
〈干潟観察会①〉    12:30 〜 13:30※要申し込み
〈干潟観察会②〉    13:30 〜 14:30※要申し込み
〈石ころ干潟観察会②〉 14:00 〜 15:00 ※当日申し込み      
※いずれも開始15分前より受付開始
〈持ち物〉水筒、帽子、タオル、着替え(子ども)、
     汚れてもいい運動靴(潮だまり観察会)
     サンダル(干潟観察会)、あれば双眼鏡
〈参加費〉大人200円 小中学生100円 幼児無料
〈定員 〉 各30名 先着順
〈申込み受付 〉4月15日(土)より開始
【お問合せ・お申込み先】
   080−5157−2002 
  (月曜・第3水曜を除く 9:30〜16:00)
   メール info@fujimae.org 

生きものまつりでは、以下のような企画ブースもあります。
申し込みなしで参加いただけます。

<展示企画>
庄内川・土岐川水族館 〜土岐川観察館〜
庄内川の上流にすむ生きものたちを水槽展示。
藤前干潟に流れ込む庄内川の上流に棲む生きものたちを紹介します。

ラムサール条約関係施設の紹介コーナー
藤前干潟とも連携をとっている各地のラムサール条約湿地や官界施設の紹介を行います。

<ワークショップ企画>
間伐材でMy箸を作ろう〜庄内川・土岐川森の健康診断〜
庄内川の原流域の林で間伐された派材を使って、自分だけのmy箸を作りませんか。
◎参加費:無料

葦布の展示と工作ワークショップ〜名古屋市立名古屋商業高校〜
葦の繊維を使った葦布を開発した高校生の活動です。葦布の開発過程を紹介したパネル展示と、葦の布でくるみボタンを作ワークショップを実施します。
◎参加費:無料

琥珀磨き体験〜マイケルクツ〜
太古の生命を閉じ込めた宝石として有名な琥珀の原石を磨いてみませんか。磨いた石はお土産にどうぞ。
講師のマイケルクツ先生は琥珀を磨くのが趣味です。瑞浪の化石博物館でも年2回琥珀磨きのワークショップを開催しています。
◎参加費:500円 (材料なくなり次第終了)

<企業出展>
双眼鏡・望遠鏡の展示販売 〜興和光学株式会社  〜

興和光学㈱ブースにて、双眼鏡やスコープの展示を行います。双眼鏡は、遠くを見るだけでなく近くの生き物などを見るのにも使えます!
もちろん、遠くの干潟の鳥達を見るのにも最適です。当日の販売や購入相談も行っておりますので、是非、興和光学㈱ブースにお立ち寄りください。





書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ムナグロ飛来

    2017/5/1(月) 午後 9:53

    藤前干潟の後背地、南陽町の田んぼに数日前からチドリの仲間のムナグロが飛来しています。 田植えの終わった水田で5羽のムナグロが餌をついばんでいます。 まもなく北の国めざし飛び立っていくことでしょう。

  • KOWA TSN-501/TSN-...

    2017/4/30(日) 午後 7:59

    光学機器メーカーのKOWAから超コンパクトなスコープがまもなく発売される予定です。 その名も、TSN-501(傾斜)とTSN-502(直視) 口径50㎜で全長239mm、重さもわずか400g 旅行や散歩などお出かけの時にカバンに忍ばせて持っていけるサイズです。 昨日、藤前干潟生きものまつりで試作機を覗 ...すべて表示すべて表示

  • 藤前干潟生きものまつり無事終了。 4月29日に開催した、藤前干潟生きものまつり 午後天候の急変で、干潟での一部プログラムを中止しましたが、無事終了することができました。 土岐川観察館の水槽展示、中上流域の魚を出張展示。 庄内川・土岐川森の健康診断による間伐材を使ったマイ箸作り クツ氏による琥珀磨き ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事