全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日は、朝から晴天です。

うちのベランダから柿の木が見えるんですが、たくさん柿が実っています。

おなかを空かせた色んな鳥達がやってきては、柿の実をついばんでいます。

秋の風景のひとこまです。

青い空に、茶・オレンジ色の木々の色がとても秋らしいですよね。



では、では、久しぶりに新レシピです。

またまた簡単です! 夏は、小海老の夏揚げでしたが、今回は秋バージョン???

ごぼうってあんまり食べませんよね〜!(^^:)私だけ??

でも、女性は生野菜より根菜類を食べたほうがいいんですよね。

天ぷらだと、簡単なんでいいかと思います。

ただ、ごぼうのささがきはやっぱり面倒ですよね・・・

でも、ささがきになったものを買うよりは、ぜったい土つきの牛蒡がおいしいです。

これほんと! どうせ作るならおいしいもの、栄養があるものがいいですもん。

ささがきするのも1本ですから、鼻歌まじりでやるとすぐですよ!!!

あと、普段はあまり固いものは食べないので、その点このかき揚げは

かなりあごの運動にもなります(*^^*)






1.料理のポイント
  始めに具材をまぜて揚げるだけ。チョー簡単!!

2・こだわり食材(2〜3人分・・・画像は約2人分です)
   北海道の小海老・・・約150〜200g
    
   
   群馬県産土つきごぼう・・・1本
   

   北海道産にんじん・・・1本
   
   
   長野?県産いんげん・・・7〜10本くらい
  
   梅干・・・大1〜2個
   *我が家で漬けた梅です
   
   
   天麩羅粉・・・1カップ
   *市販の天麩羅粉で良いです。昭和天ぷら粉黄金を使用・・・卵は不要

   水・・・1カップ
  
   あれば昆布茶(かくし味)

   塩コショウ・・・適量

   ごま油・・・大さじ1/2

   
   レモン・・・実家のレモンなので国産!です
  
      
  
      
    
    

3.作り方
  ,瓦椶Δ枠蕕鬚爐ず、たわしでよく洗い、ささがきして水につけておく。

  ▲縫鵐献鵑5センチくらいの細い棒状に切る。インゲンは半分に切る。
  
  G澳海麓錣鬚箸蝓∈戮くたたく。

  
  ぞ海老は塩で揉んでから水で洗い臭みをとり、ペーパーで水気をとっておく。  

  イ覆襪戮、切った野菜も軽く水気は拭いておく。
  
  Ε棔璽襪謀靴廚虔瓦反紊鬚い譟軽く塩コショウ(梅干の塩分があるので控えめに)。
   あれば昆布茶を小さじ2/1、ごま油をいれて、
   インゲン、ごぼう、にんじんを入れ、よく混ぜてから、梅、海老をつぶさないよう
   大きく混ぜる。
   

  熱した油に、箸で天ぷら粉を少しおとし、底についてすぐあがってきたら
   準備OK。

   大きめのスプーンで具材をのせ、熱した油に入れていく。
   この時、具材がこぼれないよう、箸を添えて油に落としていく。
   (油が熱くなっているので注意してください)   


  入れてすぐにはさわらず、1分半くらいたったらときどき返しながら、かりっとするまで約3くら   い揚げて器に盛る。
   入れてすぐは、泡がたくさんあります、揚がった目安は、揚がっている時の音と
   泡が少なくなってきます。一度にたくさん揚げると油の温度がさがってしまうので
   、何回かに分けて揚げて下さい。3分くらいあげれば、ごぼう、にんじん、いんげん、
   海老には火が通ります。あとは、お皿に盛ってからも余熱で大丈夫かと思います。
   

4.食べた感想
  ボリューム満点で、根菜類の歯ごたえがあり、
  海老がぷりぷりして、梅の風味でおいしいです!!
  レモンをしぼって食べると、またさっぱりします。

5.注意点
  揚げすぎないのがいいです。
  

6.献立
  豆腐と春菊の味噌汁
  納豆
  しらす
  トマトサラダ

おいしく出来ましたか?みなさんの感想楽しみにしています。
では、ごちそうさまでした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事