ここから本文です
海と花が好きです、京都も好きです、鉄道も好きです!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

箱根美術館

箱根美術館

昨日の夜から寝込んでいます、なので、これを書いたら寝ます。
コメントをいただいた何人の方から、ハンドルネームの変更の質問をいただきました。
コメントをいただいている、K,Kさんにお願いして教えてもらいました。
(有り難うございました、感謝ばかりです。)
K,Kさんは緑のカメラの可愛いバナーの方です、女性の素晴らしい作品を撮られる、ウミヨシには出来ない神様です。
以下が、いただいたアドバイスです。

「バナーですが〜
ブログ設定で名前アイコンというのがあります〜
画像を何かで作り、参照から作ったバナーを選べば表示出来た気がします。ちなみにバナーは昔ネットのお友達が作ってくれました。」
ブログ設定は、Yahooブログの一番上の右側にあります。
*でもね、ウミヨシもやってみましたが、分かりませんでした、自分のところでやれば自分の「バリ島・潜り・歩き!」の設定になるし、皆さんの投稿のハンドルネームから、入っても「バリ島・潜り・歩き!」になってしまいます。
でも、皆さんハンドルネームをクリックして入れば、皆さんは自分の設定変更になるのかもしれませんね。

さて、今日は昨年の箱根美術館の特集になります。
開門は入場料は900円ですが、小田急線の箱根フリー切符があれべ、700円です。でも、インターネットでの事前購入をしておけば、800円ですが、開門に並んでいる方よりも最優先で入場出来るんです。
紅葉に時期は大変な人出で、開門10分でいっぱいの人になるので、お勧めです。
入場制限も直ぐに始まってしまいます、無人での撮影は、とにかく早く入ることだと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

先に書きましたが、小田急線の箱根フリー切符ですが、小田原〜箱根湯本間、箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、多くのバス路線、箱根海賊船が載り放題です、二日間有効と三日間有効があったと思います、周遊されるなら絶対にお得です。
入場券割引もありますし、箱根美術館の隣の強羅公園は無料になります。

箱根湯本から、多くの方は箱根登山鉄道を利用する方が多いと思いますが、モハ2と言う車両の中で110号が今年の二月で引退になります、そこで、塗装を昭和20年代の青を基調としたものにしてあります、是非ついでで良いんですが見てみてくださいね、現在、側面にも、「有り難う」のロゴも付けています。
この一枚は、大平台駅での撮影なんですが、同じモハ2の108号の車両です、唯一前面の塗装がV字になっている、「金太郎塗装」として有名です。
二台が並んだのは、この一回しか見ていません。

イメージ 14

最後は海です。
紅葉色を探してみました。
バリ島・トランバンでの撮影です、ダイビング終了(エキジット)前の浅瀬での
撮影です。
ツユベラの幼魚です、実に綺麗なんですが、大人になると地味な全く目立たない色に変わってしまいます(成魚の写真はないんです。)。

イメージ 15

今日も長々と見ていただき、有り難うございます。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事