ナイル川のほとりの伴-Ban nearby Nile-

国際を夢見てウガンダへ飛んだ医学生が公務員となった物語。

全体表示

[ リスト ]

医者冥利。

お医者をしていて良かったなーと感じることはしょっちゅうあります。

だって、感謝されたり笑顔を見ることができるんですもの。

そりゃ悲しいことや辛いことは山ほどありますけど、そんなことは人生においてあって当たり前のこと。

そんなことより、そんな中でもプラスがあれば人間頑張れる気がします。


最近は、部屋に行く度に「先生が来てくれてようやくほっとできる」と言ってくれる方がいます。
そして週末や夜間の予定もチェックされ、週末おでかけだと

「早く帰っておいでよー」

と言ってくれるのです。

「はいよー」

と言いながら廊下に出るのですが、後ろから

「早うに帰りなさいやーーー」

と声だけが追っかけてきます。


早くよくしてあげたいです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事