ナイル川のほとりの伴-Ban nearby Nile-

国際を夢見てウガンダへ飛んだ医学生が公務員となった物語。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨夜、再びやつが現れました。

そう、トカゲです。

シーツと毛布の間におり、ぼくが丸めた毛布を抱くとその目の前で

『シャカシャカシャカシャカシャカシャ!!!!!!』

とシーツの中を走り回るので少々驚きつつ、そっと蚊帳の外に出してあげました。

今まで蚊帳の中で一緒に寝たことがあるのは、蚊、小さい飛び虫、カメムシ、カマキリ、トカゲ。
ロクでもないですね。

朝は9時過ぎに起き、ガンバ大阪ナビスコ杯優勝記念Tシャツを着て朝食のチャパティを食べ、
オフィスでPCワークです。
今日は何もすることがありそうにないですね。
こういう日は読書です、読書。

-----------------------------------------------------

13時に電気がなくなり、とりあえず暑くて食欲も無かったのでビールを飲んでみました。

部屋で飲んでいたのですが、隣に最後の「関西だし醤油味」ぽてちがあったので
ついつい食べてしまいました。

その後、クリスマスにいただいたTシャツを洗濯したり読書したりしていました。

昼食にチャパティを一枚だけ食べました。

ずっと読書でした。

たまにぼーっとしました。

ついついビールをもう一本飲んでしまいました。

でもずっと読書してました。

煙草も吸いました。

夕方になりました。

ギルバートが戻ってきました。
アジュマニで難民の数調査をしていたそうです。

おしゃべりしました。

夜になり、20時からアフリカ杯が始まりました。

開幕はガーナvsギニア。

エッシェン率いるギニアが次々とゴールチャンスを迎えるも
ことごとくゴールポストに嫌われて得点できず。

と思いきやPK。

ガーナが1点を先制。

気が付くと食堂には知らない人々が集まり出しています。
誰でしょう、彼らは。

試合を見ながらの日記なので適当になってしまってすいません。

昨夜は「チャーリーズエンジェル」を見ました。

しかし、ベッドの中に大きなトカゲが一緒に寝ており、
ぼくの素足の上を走っていった時には悲鳴がでかけました。
ヘビじゃなくて良かったです。

映画は意外と面白くて気分良く寝ることができました。

しかし朝3時頃、おねしょをする夢で飛び起きました。
でもおねしょしていなかったので安心して再び眠りにつきました。

朝食は久々のチャパティで蜂蜜がけで美味しく食べ、ギダレに頼まれたエクセル仕事をしていました。
ギダレが新しく作ったHISレポート集計用シートのセルの保護をしてほしいとのこと。
作り方がやや微妙で作業が難航したものの、なんとか仕上げてみました。
やったことのない作業でしたが、なんとなしにやってみればできるもんですよね。パソコンって。

後はクリスマス休暇中の溜まった日記を写してタイピング三昧です。

エデマもPCを使って仕事をしているのですが、
如何せんPCを使えないもんだから作業効率はなかなか厳しいものがあります。
紙でやったほうが早いんじゃないかと思わせることもあります。

パソコンってどうやったら上手く使えるようになるんでしょうかね。
日本の学校の授業でやるように、エクセルの授業とかで身に付くんでしょうかね。
たまにモヨのネットカフェでレッスンしてもらっている人を見かけますが、
まずは自分のPCを持っていないとなかなか難しいかもしれません。

いつだったか、去年ネットのニュースであるNGOが「100ドルパソコン」を
途上国に配布したとかいう記事を読みました。
まずはいじりまくらないとなかなか上達はしないでしょう。
情報格差も言われているこの世の中、ただモヨの田舎ではそんなもん要りません。
朝起きてご飯食べて夜寝るという彼らの生活は時計すら必要ない世界です。
そこに押し付けてもしょうがありません。

もうすぐお昼ご飯です。

相変わらずの手抜きご飯が目立ち、今朝もギダレとカタンバが文句を言っていました。
またコックたちが怒られて、その直後だけ気合いの入ったメニューになるのでしょう。

-------------------------------------------------------

13時に電気が切れると思いきや、お向いのAHHで何かが起こったのか
14時半まで電気が使えたので使っていました。
そしてお昼を食べ、冷蔵庫で冷やしたファンタ片手にオフィス前で読書&喫煙していました。

すると、ギダレ、Dr.アレックス、カタンバ、リチャードがモヨに行くというので
有無を言わさず付いていきました

ギダレは結婚パーティーに呼ばれているようです。
リチャードはおうちに帰るそうです。
アレックスとカタンバはマルチパーパスに行くというので、
結婚式はもういいやと思ってマルチパーパスに行くことにしました。

モヨの町なかでおしゃべりしていると、1人の酔っ払いがやってきました。

「おれの皮膚は黒、おまえの皮膚は白、だからおまえはお金持ち。1000シルくれ。」

すごい論理です。
ただ、途上国に来たらその論理構造を知っておかないといけません。
いくらぼくがここで無給で働いていても、銀行ATMからはお金が下ろせてしまいます。

ここまで卑屈になっていては自立心というか自分たちの誇りというのは育ちにくいでしょうね。

日露戦争の日本の勝利で有色人種、主にアジアですが、彼らは自信を得ました。
アフガン戦争ではイスラム教徒が自信を得ました。

何かそういう大きなきっかけが必要なのではないでしょうか。
いつまでも海外からの支援でやっていては育つものも育ちません。
だからと言って戦争は困りますが、
アフリカの問題をアフリカ自身が解決することで少しずつ変わってくるかもしれませんね。

さてさて、そんなこんなでマルチパーパスへ着くと
一足先に歩いていったアレックスは既に屋外で気持ち良さそうに飲んでいます。
サッカーもまだだったのでぼくも屋外で飲み、吸い、2人で取りとめもない話をしていました。

そのうちいきなり雲行きが怪しくなり風が出てきてポツっと雨も来たのでテラスに移動、
サッカーも始まりました。
でも何となく今日はあまり興味が無かったので飲みながら吸いながらぽけーっとしていました。

でもマンUの映像になるとなんとなく窓からチェックし、得点シーンではガッツポーズでした。
今日はルーニーとロナウド、二枚看板がやってくれました。2−0。

試合も終わったのでドライバーのアメチクと4人でギダレを迎えに行きました。
が、まだ食事中だったため、カタンバは会場レイモンドのすぐ前にあるスティーブン・イガ宅へ、
アレックスはマルチパーパスへ飲み直しに行き、ぼくはパーティーに参加して夕食をいただきました。

パーティーに飽き、外でアメチクと煙草を吸いながら2人でおしゃべりしていました。

ギダレもパーティーを切り上げて戻ってきたのでカタンバを拾い、
路上でアレックスを拾い、パロリニヤへ帰りました。

帰りの車の中では『女房が他の男の子供を産んだらどうするか』というようなことで
ギダレとカタンバが熱く議論していました。

ギダレは大人です。

「もしそうなってもその子供は自分の奥さんの子供だ。子供は何も悪くない。育てるよ。」

それに対してカタンバは

「認めない。もし兄弟の子だったらその兄弟に預ける。」の一点張り。

ギダレに

「もし自分が他の女性と子供を作ったらどうするんだ?」と言われると

「そんなヘマはしない。」と言います。

「作ったらの話してんだよー、アイシャの話してんだよー」と
心の中で密かにツッコミつつほくそ笑んでいました。

それと、ここらのコンドームは強度に問題ありっぽいです。
使っていて気が付いたら破れていることがちょくちょくあるそうです。
やっぱり日本の高品質のほうがいいですね。
破れたら妊娠だけではなくてエイズも問題になりますからね。
おそろしやおそろしや。

ベースに戻るともう10時過ぎ。
水浴びして歯磨きしてラップトップで音楽聴いたりしながらです。

おやすみです。

もう金曜日です。

昨夜はスターウォーズ兇魎僂匿欧泙靴拭
やっぱりジェダイになりたいです。
でもあの三つ編みを付けたいのでマスターではなくパダワン止まりでいいです。

昼間は特に何もしていませんでした。

今までの日記をラップトップに打ち込んだり、Dr.アレックスと話したり
来る患者と話したりしてお昼になりました。

お昼を食べ、そのまま椅子で寝てしまいました。
連日のスターウォーズで疲れたのでしょう。

午後も特に何もせずDr.アレックスとおしゃべりしていると、
彼がモヨに行くというのでなんとなしに付いていきました。

ベースからモヨへの道はなんとなく好きです。
ボコボコなのにおそらく100回は通ったであろうこの道が好きです。
今は草むらが焼き払われて景色も変わってそれもまた見ていて楽しいです。
道行く人たちに手を振るのも楽しいです。

モヨに着き、道端でおしゃべりし、粉ミルクや蜂蜜を買い、
しまいにはビールとファンタを買い込みました。
最近モヨでは電気が無くて冷たい飲み物が無いので
ベースの冷蔵庫で冷やして夜な夜な1人で飲むことにしたのです。

ベースに戻ると週末実家に帰る人たちが車を待ってムウェソなどをしていました。
ぼくはオフィスの外に椅子を出し、ドライバーのジョンとおしゃべりしてました。

あと2週間で帰るぼくがどうやってジョンとこれからも連絡を取り続けるかを話し合ったり、
アフリカで仕事をすることになったらジョンを雇うと約束したりしました。
以前にも書きましたが、ぼくはジョンが大好きなのです。
ADEOが無くなったあとの彼の仕事などが心配です。
ぼくが社会人だったら彼の子供の教育費ぐらいは簡単に負担してあげられるのですが
まだ学生の身なのでそうはいきません。

なんかこの2週間が急に無為に思えてきました。
ただの思い出作りのような気がしてきました。
2週間なんてあっという間です。
3週間だと思っていましたが、2月3日の日曜日の飛行機を計画しているのでもうほぼ2週間です。
そしてタンザニアにいたのも2週間前なのです。

『光陰矢の如し』

諺というのはこういう時に威力を発揮しますね。

ジョンとおしゃべりを終了し、ここに残っている食料を消費すべく
まずは「カレーチキンラーメン」を食べました。
ルーシーに卵をもらって。
久々に食べましたがやっぱり美味しいです。

その後、モヨ帰り組と一緒にムウェソしたりおしゃべりしたりしてました。

昨年散々ボコボコにしてやったスティーブン・カタンバにとりあえずボコボコにされました。

悟りました。

「2008年はおれの年じゃない!」と。

昨年ぼくに散々ボコボコにされたカタンバはとても嬉しそうに

「2008年はいい年だ♪」

と言ってぼくのあとにギダレにボコボコにされていました。

どうやら2008年はギダレの年のようです。

その後もモヨ行きの車が全然戻ってこないのでルーシーとおしゃべりしながら煙草を吸っていました。
モヨに戻って日本の煙草を手にしてからまたやや吸うようになりました。
室内でなく屋外にいることが増えたからでしょう。

ぼくは基本的に屋内で吸うことを嫌います。
臭いからです。

じゃぁ吸うなよ。

なんて言わないでください。
屋外では煙(副流煙)がどっかに行くので吸うのです。

洋服が煙草臭いとか嫌ですもん。

そして夜になりました。
今これを書いています。

おそらく後でギダレがエクセルの仕事を持ってきます。
それをやって、水浴びして、ご飯食べてDVDでも観ながら寝るのでしょうね。

明日は土曜日。
モヨでサッカーでも観るか読書するか、とりあえず昼間は電気使える間にラップトップで色々します。
協力隊向けエイズパワーポイントも作らねばですしね。

でわでわ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事