ここから本文です
海辺の森
大都市脱出者の地方での生活記録

書庫家庭菜園

すべて表示

今日も寒かったので、番屋で石焼き芋を作りました。  石焼き芋、昔は何よりも庶民的な食べ物だったのですが、 最近は、焼いている人も売り歩く人もいなくなってしまいました。 「イシヤキーイモッ」曳き売りする人の、あの独特な節回しが今も聞こえてきそうになります。  時代が変わっても、石焼き芋は暖かくて、美味しい。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 東日本大震災 地方は今

    2019/1/14(月) 午後 5:43

        復旧はしたものの  東日本大震災の後、地方では、市街地や道路、港湾などの復旧・整備が進んでいますが、復興までとなると見通しは暗いというのが実情のようです。  街区の整備が完了しても、住民は戻らず、港湾を整備しても漁船はその数を減らしたままです、 巨額の復旧費用をかけた復旧事業が、復興と結びつかないとなると何のための復旧事業だ ...すべて表示すべて表示

  • 被災地の復興と企業誘致

    2019/1/11(金) 午後 5:28

        津浪被災地に「トマト栽培施設」  東日本大震災で多くの住宅が流されてしまった跡地に、 大規模な「トマト栽培施設」ができることになり、施設の整備が進んでいます。         大船渡市末崎町に建設中のトマト栽培施設  当初、跡地利用に対する住民要望の多くは、公園ゃ運動施設だったのですが、企業を誘致 ...すべて表示すべて表示

  • 里山の恵み「薪ストーブ」

    2019/1/9(水) 午後 8:54

     里山は、多くの恵みを与えてくれるものです。  60年前に植えた杉の木や30年前に蒔いたドングリが生い茂り、 大量に薪が採れるようになり、冬季の暖房に役立っています。 「消し炭」も、たくさん取れますので、炉端や火鉢などにも活用できます。  手間を惜しまなければ、里山は多くの恵みを与えてくれるものです。  焚き火や炉端の暖かさは、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事