全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

高級和牛肉

年上の友だち(と呼んでよいのだろうか) MEONさんから
冷蔵の宅急便が届いた
MEONさんは AMAを走ったAHMのCBの研究者であり
その他 VFやH2やなんかの改造をてがけ 自身も乗り手であるすごいヒトである

今日宅急便が届く事は あらかじめ聞いていました

開けた・・・・Wow〜!!


イメージ 1


これ・・・ 見えるだかね? 斜め下に隠れてる 松・・坂・・・牛・・・ って文字が! Yay!

名前は 聞いた事があるが TVでみる事ができるだけの肉だと思ってた・・・ものが
今 目の前にある Yeah!

スキヤキ用である

古くは 農耕道具「鍬」を利用して 焼いたといわれるすき焼きだが
坂本九さんの歌の題名が「スキヤキ」に入れ替えられるほど 世界規模の名称だ

いろいろ経緯があったのだろう 関東では 割り下で「煮る」スタイルが「すき焼き」とされる
MEONさんは 「これは止めてくれ 煮たら台無しになるから」と注意をくれる

たしかに・・・見よ!このシモフリ!! Yeah!

イメージ 2




僕は 関西出身なので 砂糖てんこ盛りで環状の土手をつくり 中央で肉を焼いていくものが「すき焼き」
では あるが それよりも もっと「焼き」にふらねばならぬ と MEONさんからの指示
もみダレにして焼くのである つまりカルビクイなどのような「焼肉」の 日本的味付けである 
これぞすき焼き!!Yay!

イージーな方法としてホットプレート法も紹介していただいた  が せっかくなので「鍬」に近いもので
焼いてみたい・・・ なにか ないか?

確かに倉庫には「マイ鍬」は 存在するが それは2017年の現在 ちょっと・・・ねぇ・・・

おおう・・・・あった!!


イメージ 3



パエリア鍋である!! 僕愛用のスキレットや いわゆる すき焼き鍋などの鋳鉄製ではなく
鋼鉄を使ったパンである 
鍬の材質に近いのである!!Yeah!


写真は ここまでだぁ〜・・・

あとは 焼いて 卵を使って・・・必死で喰らうわけで
写真など ありゃしまへん Boo!

うまかった〜〜〜〜〜〜うしまけた〜〜〜〜〜〜〜!!
などという 古典ギャグは おいといて  超贅沢な旨さ!!最高!! Yeah! 


MEONさん!ほんとうにありがとうございました!!




この前 トモダチがフェイスブックを乗っ取られた
・・・のを知らずにやりとりしてLINEに僕の偽アカウントができた

朝っぱらから警察官が来て当て逃げの嫌疑がかけられた

作業中のエンジンの部品の入手に四苦八苦(旧車だから)

その他 上手くいかない事ばかりで むしゃくしゃして生きてるので
たまには 気晴らしでも・・・と ちょっと普段しない行動をしてしまうのが人間だ Boo!

モーリスってギターメーカーとシマムラ楽器との主催でフィンガーピッキングコンテストってアコギのイベントがある
って聞いたので 木か鉄か真鍮か 迷ったが真鍮のギターにBluesをひっかけて持って行ってみた

イメージ 1




当日 朝から雪であるが まぁ タケちゃんの車には スタッドレスがはまってたので それにギターを投げ込んでいってみた・・・

Oh〜 Wow!

なんか とっても場違いだった・・・

昔 耐久レースに 4本マフラーのCB750Kzでエントリーした事があったが
周りには 鈴鹿8耐に出てるマシンをはじめカウルつきのレーサーばかりだった・・・
その時と同じ 場違い感をヒシヒシと感じる

控え室では みな壁に向かい音を殺しながら運指を行い練習に余念がない
僕は なにもする事がないので だれも使わないテーブルに飲み物やら小物やら置いてみたりしてヒマつぶし

イメージ 3


出番のちょい前に「チューニング室」という所に入り そこで調弦やらするみたいだ
皆さん妥協なく チューニングペグを回してる 演奏までの間に音が出せるのほ ここが最後なのだという
僕の番になり チューニング室に入れられた が 隣の弦と隣の弦と・・・と適当に音をあわせ
6弦からおおよそ D・A・D・F#・A・D くらいになった気がしたので もういいや! って 
・・・また時間が余ってしまった Wow!

さて どうやら僕の番だ
こんな適当にやってるのに・・・やはり ステージに乗せられると 場違い感ひとしおでキンチョーする
シンと静まり返った部屋 座って呼吸音にすら気を使い演奏を聴くお客さん、審査員・・・

こんな場所で弾くような音楽じゃないよね・・・Bluesって・・・ましてや僕のインチキ奏法だし Wow〜!
いよいよ演奏・・・
落ち着いたフリしてても場に圧され・・・ これが走る走る!!
ボトルネック奏法なんで弦にGHSの滑りをよくする塗り物を塗っては あるが そのせいじゃない
この場違い感に圧され僕の心が負けてるのだ・・・
5分程度の曲を・・・と言われてたが 戦前ブルーズって基本12小節しかない
なんどかリフを使いまわして 3分半くらいには 組んだつもりだったが 
走って走って快速で走りぬけ 1分ちょいで終わってしまった・・・Boo!

まぁ ぶざまだが そのままを晒すしかあるまい・・・Wow〜!



Griffin


日付は カメラの設定ミス 撮影は たけちゃん 最後が切れてるじゃん! Boo! Boo!!


イメージ 2



フリー部門の集合写真

日頃 しない事をしたので 楽しいのは 楽しかったDEATH!!  Yay!

増分ひさしぶりですが・・・
僕は 忙しいんです ほんまめっちゃ忙しいんです

けど・・・な・・・
ムリしてでも・・・な・・・
これだけは 書かなアカン思て 久しぶりに記事をあげるわけですよ

ひつこい言わんといてや しんさんの旧ブログからの課題です

ここでもちょっとふれてますけど そう!あらいぐまラスカルの主人公スターリング・ノース少年の道具だての話


http://blogs.yahoo.co.jp/umihei8go/12028357.html


僕は 原作本から読み取って ケンタッキーリールにメノウガイドの継ぎ竿って事を知ってますが

問題は アニメーションでどないやったか? ちゅうところやわ・・・それがや
ついに BS放送であったんですわ  ほんまこれ驚愕の事実でした

アニメーションのスターリング・ノースは なんと ニューヨーカーリールやった
そして それだけにとどまらず 驚愕の事実! なんとレフティでした! Wow!

証拠写真あげるで!覚悟して見てや!


イメージ 1

な・・・
もういっちょ!


イメージ 2

どやさ〜〜〜!!


イメージ 3

実は この件 先にじゃこごうこ先生にお知らせしましてん
ほしたら こらPENNの77とか78やないんて言いますねん

PENN 78


イメージ 4


うん 確かに・・・ 原作の話を 抜きで考察したら
多分 これ、アニメーションを描いたジブリのひとらは 釣りの経験がない人らやったんやと思う
ほんで「なんや参考になるもんもってこい!」 で準備されたんが PENNの77とか78やった
ところが 釣りの経験がないもんやから 「これどっちが前やねんな!」てなって
左をハンドル側にもってきて画にしたんやと思う
なんでかて? アニメのスターリングは 左ハンドルを手前向きに(逆回転に)巻きはるねん
ほんな おかしなこと 釣り未経験の人らやないと行きつかん気ぃします Yay!

けどダイレクトドライブみたいで大物を掛けてファイト中にちょこちょこハンドルから手ぇ離して
クリック音もけたたましく 糸を送るんよ やるなぁ スターリング!!


イメージ 5


77,78に逆転機能あったかな? リバースできひんのやったら 
ジブリに届いたリールは また別のやつやわなぁ〜 Wow〜!!また課題ぃ〜〜???

余談やけど これの前の「世界名作劇場」は 母を訪ねて三千里なんやけど
そこで 主人公マルコが 南米に渡ってから ブエノスアイレスかどっかの橋の上からスピナー引いて 
おそらくペヘレイやと思うけど 大物を釣るシーンがあってんけど
それは シングルアクションの片軸受の回転リールやった記憶がある・・・新たな問題になるかもやわ・・・Wow!





.



フライベスト

二回連ちゃんで 思い出系のハナシ すまん!

8歳くらいから 釣りしてて      僕 もう46歳くらいなんやけど
チョッキは 二着しか着てない

コレは 14歳の時に母親に買うてもろたやつ


イメージ 1


一着目は まだこんなもんが売ってるとこやら見た事もなかったから
オーダーしてあつらえた・・・・お母ちゃんに・・・Wow!

釣りキチ三平が着てるようなん作って〜〜〜!!って
ほんで前に立体ポケット5つ ほんで大事なんが 背中に大型ポケット付けてもらう事と
胸の上のほうに 毛鉤刺しとくやつ
形は こんなん・・・ て 釣りキチ三平を渡した

こげ茶色のコールテンで作ってくれた! 望み通りのポケットに
毛鉤刺すとこは 古い毛布を切って縫うてくれとった
うんと小さい頃から母は 僕に服を仕立ててくれてた
市販のもんがそりゃけっこう多いけど ないようなもんを縫うてくれてた

この作ってもらった釣りベストは めっちゃお気に入りになって宝もんやった
ルアー、フライに限らず 鯉つりでもなんでも着ていったし 普段着にも活用したりした
背中の大型ポケットは ルアー釣りのときは ルアーケース入れやったけど 鯉つりの時は ブックポケットになった
吸い込み仕掛けて 待ってる間 読む本を入れる

お気に入りやったけど 中学に上がったら もう着れるサイズやなかった

その頃 ダイエー系列の店に釣具屋が入った
むか〜しもOEMとかで ダイエーの釣具があったらしいけど 知らん、見た事なかった

とにかくその頃 ダイエー関連の会社のパシフィックスポーツってとこが 釣具も作って(まぁOEMやろ)
店に並ぶようになった そして商品は ダイエーらしく安かった 


作る事考えたら買うほうが徳な感じらしく 母親が誕生日かなんかで買うてくれた


イメージ 2

ほら 商品名の下に パシフィックスポーツの名が入ってるねぇ

ピンオンリールは 比較的近年に付けた 今は なきザウルスのラインカッターもPEを使うようになってつけた



けど こげ茶のベストから移した ダイワ スポーツフィッシングのバッジ! 
子供じぶんに スポーツフィッシャーである事の誇りやった代物
なんや緑青 出とるなぁ・・・


イメージ 3
 

それと当時は ヒモで首からかけてた ツール・・・ ミリオネア用の・・・・
今やったら ABUのでも エエんやけど コレ! ずっと身に付けてたこれを ピンオンリールにつけてある


イメージ 4


しかし 安いけど・・・・ よ〜持つねぇ
今の「安物」とは 違うんかな? 安く作るんやなくて しっかりしたものを 安く売る って
感じやったんやろかなぁ・・・
32年・・・
スナップボタンにサビは 浮いてても どっこも解れたりしてへん たいしたもんやわ!!Yeah! 

パシフィックスポーツという名は 知らず
当時 パシフィック釣具と僕らは 呼んでた
こういうアパレル以外に 釣り道具も色々ラインナップされてた

その時に 欲しくて買うた ベイトキャスティングロッド
当時 ヘビーアクションなんてめったにお目にかからなかった
二世代目のファントムもまだ出てない時期にヘビーアクション・・・
ファントムのとこでも書いたけど 最強に憧れる年頃
当時 主流の5フィート半のヘビー・・・ すごいど!パシフィック釣具!! Wow!


イメージ 5


こっちは チョッキと違ごて 今は 全く使いませんけどな!ww  Ya〜y!!

ダイワ少年たちよ!

僕らと近い年齢のルアーフィッシャーたちにとって
ある意味 特別なモノは ダイワのファントムだろう


イメージ 1

それまでの 大きなメーカーのルアーロッドは ルアーウエイト別に
ラインナップがあり 釣魚や釣法により その中から選択するのが一般的で
ブラックバスなら ミディアムライトの硬めかミディアムを選ぶとか 
渓流のマスだったらライト、慣れた人は ウルトラライト 
湖のマスならミディアム・・・などというふうだった
まぁオリムピックには カッパーカラーの WORM165とか TORUT180とかあったが
Fujiの一番安いはめ殺しのグリップでちょっと充実感がなさそうなものでしかなかった

ファントムの1世代目は ベイト二機種(グラス、カーボン)と残りは スピンキャスト
つまりその延長でしかなかった まぁビル・ダンスさんのシグネチャーは ついていたが
リールは SM-2とSM-20までは 出てた

それが二世代目になると ほぼ「バスロッド」という形に特化したものになった
全てがバス用!!2ピースは 少なくほぼワンピースのバスロッド基準で構成されていた
他の魚種にも適合します くらいで バス、バス、バス、 なのである

リールも SM-15 SM-10 SM-5と追加(GSやSTは はぶくがww)
マグサーボも出て もう バス用がルアーの全て!みたいな世界になった

ボクも 小遣いやアルバイト代やお年玉を貯めて 買ったのは いうまでもない

それまで使ってた ジェットキャストとは 全く違う「大人の道具」を感じたものだった
5フィート半が主流の時代 まずは PPB561MHF
強い!最強!に憧れる年頃である
けれど トモダチは シマノのコルフォーハンドルのカーボンロットを買う
くそ!時代は カーボンか・・・ で
PCB601MHFを頑張って買ってみたりする
当時 コチンコチンこそバスロッドだと信じていたのだ
もちろん雷魚もこれでやるわけだからリリーバッド用の硬い竿が自分には 必要だと思ってた
それからしばらくして 少しは してたトップウオーターゲームにますます自分が特化していった
先調子のバスロッドでは なく 胴から曲がる竿が欲しい
けれど弱っちいのは バス用じゃない!!
PPB602LSも今なら悪くないと思えるけど やはり強い=正義の年頃
そして「岸から遠い藻穴を狙うロングディスタンス用」
この説明文にイカレた ブルフロッグ愛用者に人気抜群ともある
カエルを喰うバスに妙に興奮してしまう性癖を持つ僕 ハリソンも含めフロッグは 投げにくいと常々感じてた
これだ!!
でPPB601MS これが ファーストテーパーからスローテーパーへの道へと進む分かれ道となった
写真のSM-20、SM-2仕様は うんとあとで買った 当時は ミリオネアとバンタムマグキャストを使ってた
SM-20は ピラーの位置が僕には 合わず使いにくい


イメージ 2


思い出の竿なのだが 今は 使う事がない 
ハンドルグリップが加水分解?しはじめて ベタベタだし縮んで短くなって抜けかけてる・・・・
知恵あるひと これどうにかなる方法 知りませんか??
ジェットキャストのほうは まだまだ なんともないのだけど・・・
ジェットキャストより細身で硬いグリップが好きだったけど 今は こんな状態・・・・


イメージ 3


使わないのは かわいそうなので 改造してでも使うかなぁ・・・
フェンウイックを強く意識した感じに思えるブランク・・・バットフェルール作って
フェンのハンドルに継いで使うか・・・ 
けど傾斜ハンドルは キャスト精度が出しにくいんよねぇ僕・・・
まぁバットフェルールつけたらダイスキなチャンピオンにも継げるわけだけど
フェングリップが似合うと思われる・・・どうしようかなぁ・・・ Wow!

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事