たけお

差別ネットワーク唯一のホモ男子たけおのブログです。

全体表示

[ リスト ]

ネット上でこんなもんを発見しました。
 
以下転載。


女性専用車両というホモフォビア:ゲイを排除する女性専用車両
女性専用車両がゲイを差別していることなどについて。

女性専用車両と同性愛問題

女性専用車両には様々な批判があるが、女性専用車両はゲイの排除によって成り立っているという批判をほとんど聞いたことがない。
「男」が痴漢をする可能性があるから女性専用車両が必要というのは、女に痴漢をする気もおきないゲイのことを全く考えていない。
痴漢をする男と同じ男に見えるからといって、男にしか性的指向が向かないゲイも「男」という区切りで分けてしまうことの暴力性に気が付いていない。
痴漢に関することで、ゲイに対する暴力は毎年のように恒例行事として全国各地で行われている。
女子高生や女子大生が、駅の構内で痴漢をやめるようにチラシを配ることはゲイの存在を抹消している。
女子高生や女子大生に「痴漢をしないで!」と言われて強引にチラシを手渡されて、それを拒否しようとしても「男」であるから絶対にそのチラシを受け取らなければならないゲイのことを考えると、ゲイ差別の根は深い。
「男」であるのにそのチラシを受け取らないといって、まわりの者たちから白い目で見られる。
そのことで精神的苦痛を受けるゲイがいても、「男」だから痴漢被害の女性のために我慢しろというわけだ。
女たちに痴漢の加害行為をする気さえおきないゲイであるにも関わらずに。
こういう女子高生や女子大生のような無神経な多数派の女たちの言動によって、ゲイはこの世界がゲイを排除した世界であることを学習していく。
女子高生たちが「なくそう痴漢」などと書かれたタスキを掛けて、駅の構内で痴漢の撃退法などが書かれたチラシを配っているという報道もされている。
「なくそう痴漢」というタスキで痴漢のチラシをゲイに配れば、まるで「なくそうゲイ」というゲイの存在の抹消にも受け取れる。
女子高生や女子大生などの駅構内での痴漢のチラシ配りは、「この世の中にはゲイはいないし、ゲイがいない世の中にしてしまおう」とする空恐ろしいことまで浮かんでくる。
性差別と言えば男女差別になり、そして、女性差別が最優先されるというおかしな現状がある限りはこういうゲイへの根深い差別は続いていく。
女性差別と言っても、多数派の女たちへの差別問題ばかりだ。
多数派の女たちへの女性差別ばかりが問題になるのは数の暴力があるからで、その数の暴力で多数派の女たちから少数派への差別は覆い隠される。
ゲイたちの性的指向に違法宣言がされているのは、同姓同士の結婚ができないということでも分かる。
そして、異性愛の男に偽装しないでゲイであると公言すると、多数派の女たちよりも社会的な不利益まで蒙ることになる。
ゲイは、法的にも社会的にも、多数派の女たちよりも格下の存在だ。
多数派の女たちは、自分たちがゲイよりも権利を当たり前に享受できていることにどれだけ気が付いているのだろうか。
女性専用車両で痴漢をなくせると思い込むのも、かなり安易なことだ。
痴漢被害が多いことは、痴漢をする男の数が多いことではない。
痴漢の最大の問題は痴漢の常習者がいることであって、その常習者のことを考えれば一部に女性専用車両があることで痴漢が目に見えて減る理由がない。
男性専用車両ができたらゲイの痴漢が出てくるとか言う者たちがいるが、それではレズビアンが女たちに行う痴女行為のことをどう考えているのだろうか。
ゲイの存在を抹消し、レズビアンの存在も抹消してレズビアンの痴女行為も全くないことにしている女性専用車両は、間違いなくホモフォビア車両である。
女性専用車両は、ホモフォビアの強烈な装置として働いている。
女性専用車両が公共の交通機関として当然に存在していることは、どれだけの暴力であるのだろうか。
女性専用車両は、ゲイに対する根強い差別を植えつけたものとして歴史に残るだろう。
 


転載終了。
 
よく出来ている文章ですね。
ただ単に、同性愛者に対する差別だけではなく、
「痴漢の最大の問題は痴漢の常習者がいることであって、その常習者のことを考えれば一部に女性専用車両があることで痴漢が目に見えて減る理由がない。」という部分は、あらゆる人に享受できます。
 
また、よく「痴漢被害にあう女性の気持ちを分かっていない」という鋭利な刃物のような被差別利権をかざす女に出くわしますが、
女性が被害にあったからといって、いつ「痴漢行為者でない無関係の人々に圧迫をかけてもよい」となったのでしょうか。
被差別利権って本当に怖い。
彼女たちが刃を向けるべきなのは、痴漢加害者に対してであって、痴漢行為者ではない男性に刃を向けてはなりません。
男性全体をチカンと決め付けて排除することよって成り立つサービスに反対している男性に刃を向けてはなりません。
私は被害にあったから、女性専用車両(男性全体をチカンとみなし排除すること)に、男性が協力してくれるのは当然。反対するやつはチカンよ」という女の発言は、磯飛容疑者が持っていた刃物より怖く感じます。
何様のつもりと。。。。
それに止まらず、、他の社会的弱者にまで刃を向けるようになったフェミニストは、恐怖の存在でしかありません。
視覚障害者の男性が、フェミニストたちに排除された事件さえありました。
フェミストたちは、なぜかつて同性愛者差別問題を掲げていたのでしょうか。どうせ、「女性差別だけなら、自己中と思われそうだから、他の差別も扱おう」程度のものでしょう。
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

>痴漢行為者ではない男性に刃を向けてはなりません。男性全体をチカンと決め付けて排除することよって成り立つサービスに反対している男性に刃を向けてはなりません。

その通りです。この「当たり前の理屈」がわからないのですから、脳機能に障害があるのか、そうでないなら、本当に「身勝手」としか言い様がありませんね。

なお、「女性の定義」が曖昧で、男性に見える女性は乗れて、女性に見える男性は乗れない、というのは、制度的に未熟過ぎますし、そもそも、「性別識別権限」が駅員らにあるのかどうかも怪しいところです。

2012/6/19(火) 午後 10:54 ドクター差別


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事