全体表示

[ リスト ]

祝!:鮎解禁

先週の夏合宿で鮎解禁の予定だったのだが仕事の都合で行けなくなった。
ソワソワしながら一週間を過ごしました。

夏合宿時の情報では鮎が少ない、見えない、とのことでしたが、連盟予選では釣る人は釣ってます。
晩酌の肴程度は釣れるでしょ。
海部川に浸かるだけでも行く価値があります。


で、行ってきました。
吉野橋の上から川を覗くと結構な増水です。
やれんことはない感じですが、小石底の海部川。
けっこう押しがキツイのです。

初日は前ぇの上の瀬。
高水なので複合メタル仕掛けを張ります。
それでも芯にはオトリが入らないので瀬脇から。
養ちゃんに頑張ってもらいます。

一尾目はわりとすぐに来ました。
やはり鮎が掛かった瞬間はたまりませんね。
その後もポツポツ。
移動するとすぐに来るのですが、一つのスジで2,3尾釣ると終わり。


すると入川道から見慣れた車が・・・
親分です。

すぐに電話が掛かってきました(^^;
軽い挨拶のあと、昼飯合流を約束して釣り続行。

親分は下の瀬肩に陣取ったようです。
来るのもゆっくりだし、準備もゆっくりです。

親分が竿をだしたのは昼飯ちょっと前(笑
それでも順調に掛けてます。

ボクが入った場所はそんなに長い瀬ではありません。
オトリが入るスジも限られ、すぐ上は禁漁区です。
すぐにビリしか掛からなくなってしまいました。

で、ランチタイムです。
ランチ後ものんびり雑談です。
イメージ 1


朝一番から比べると10cmくらい水が引いたでしょうか。
ずぶんオトリを入れやすくなりました。
それでも5匹追加でギブ。


親分の釣りでも見物しようと、下に歩きます。
基本オトリを空中輸送しますのでラフにみえますがオトリの操作は緻密で繊細です。
空中輸送はボクもやりますが、上流向きでやるのをはじめて見たよ(^^;
それでも掛ける、掛ける。

たまらず親分の引き舟から元気バリバリオトリをかっぱらい。
場所も好きなところでやるよう言われます。
ここでやりたけりゃ、ここを空けてあげるよと。

悔しいくらい余裕ですな。
すぐ上流に入らせていただきました。
もう夕方近かったので5,6匹しか掛けれませんでしたが、ここは概ね型が良い。
何度か腰を落としてタメさせていただきました。


親分の釣果は44尾。
やはり一般の人ではありません。

日帰りの親分を見送ったあと、晩飯とビール。
20時過ぎからの記憶がありません。




翌朝、NANACメンバーが続々と集まります。
親分に見習ってボクものんびりと竿出し(^^; ←意味がない真似。

順調に掛かりますが5,6尾で頭打ち。
昨日で晩酌の肴は達成してるのでもうガツガツしません。

ビールを飲んだりして六車さんや中野さんの釣りを見学します。
夜には台風接近、鳴門、明石大橋が通行止めになる前にと早めに竿仕舞い。

2日間トータルで37尾でした。
今の海部川なら満足しなければならない釣果でしょう。
(親分と比べたりしてはいけないのです!!でも悔しい。)


家に帰って鮎&ビール。
やはり海部鮎の味は最高でした。



 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事