日常の雑談

[ リスト | 詳細 ]

その他、日常思うこと
記事検索
検索

まだボクの春が・・・

一昨年から始めたテンカラ。
昨年は見事に惨敗しました〜(^^;
まぁボクの腕が悪いのが一番の原因ですが、単身赴任(休日出勤)、渓の不調、いろんなことが重なって満足できる結果ではありませんでした。
スキル向上もあまり感じれない一年でした。

で、今年は昨年の二の舞にならないようにしなければなりません。

今年こそは!!という想いで、延べ日数10日間以上、最低100匹の目標を立てたのです。

まだテンカラでなぜ数が伸びないのかさっぱりわかりません(-_-;
でも自ら数を釣ることによってのみ、見えてくるものもあるかと考えています。



などなど考えていたら、上司に呼ばれてしまいました。(仕事中かいっ)


某プロジェクトの責任者決定です。
まぁそんなのは日常茶飯事なのですが、中国進出の・・・


とりあえずの渡航スケジュールは自分で決めれますが、走り出せばどうなるかわかりません。
それなりの期間、それなりの回数行く必要がありそうです。

さっき大まかなスケジュールを立てたのですが、どう頑張っても6月くらいまで引きずりそうです。



ううっ、テンカラ何回行けるかなー・・・

開く コメント(4)

渓流解禁までの一ヶ月

寒グレのシーズンもそろそろ終わり。
低活性の1匹を求めて磯に通う釣り師も多いですが、ほぼ一年中外を彷徨っているボクにとって2月は唯一家族と過ごすことができるチャンスなのです。
家族旅行でも実現しとかないと、3月からの渓流釣りに気持ちよく通えません。

ウチのカミサンは一見穏やかそうやけど、怒るとコワイのです。(^^;
溜め込むタイプなんかも知れん。

家族旅行の計画なんかは別の機会に書くとして・・・・
やりたいこと、やらねばならないことが多すぎです。
優先度を付けてやらないとエライことになりそうです。
一ヶ月足らずしかないですからね。

天然木のタモ製作は2本(渓流用は自分用、鮎は頼まれもの)
一年分のフォン(毎年恒例)
部屋の整理と模様替え(釣りものが増えて道具も増えた)
車の大掃除(室内のどこかでドバが干からびてるかも)
家の修理(ドアとか門扉とか)
釣り・キャンプ道具の掃除とメンテナンス(いつもは簡易でしかやらないし)
ボクの体のメンテナンス(渓流歩きに備える)
読みたくて買ったけど未読の本が15冊
読みたくないけど、仕事関係の本が3冊

かなりヤバヤバです(^^;
つか、テニスの試合とか飲み会も考慮したら不可能???

開く コメント(4)

生まれた地域の積雪量によって、雪にたいする反応はまったく違う。
めったに降らない積もらない地域で生まれ育ったボクは、今でも雪を見ると童心に戻る。
一面の雪景色というものに出会う度、分け入って足跡をつけたくてたまらなくなってしまう。

仕事で冬の山形に行った。
ちょうど寒波と重なり大雪だった。
ボクが乗っていた車両が米沢駅に到着すると同時に運行中止を決定したようだ。
駅改札前には上り列車を待つ人がごったがえし、電話しまくっていた。

米沢駅前の風景
イメージ 1


少し離れた高台にある工場へタクシーで向かう。
イメージ 3



仕事を終えホテルに戻り夕食のために外を歩く。
外に出なくても食事を済ませることは可能なのだが、ボクは外にでたくなった。

ホテルの部屋からの風景
イメージ 2


所々でズルッとくるが、新雪は比較的歩きやすい。
歩道は除雪された雪が背丈より高く積まれており歩くことはできない。
車道もずいぶん狭まっており2車線道路が1車線ちょっとにしか見えない。
まるでスノーボードのハーフパイプを歩いているような気分になった。

翌日はなんとかJRも運行開始できたようだ。
さくらんぼ東根駅に移動し、一通り仕事を済ませる。
イメージ 4


取引先との雑談で昨夜の徘徊話をしたのだが、ハーフパイプの不思議や雪の高揚はまったく伝わらず。
どちらかというと奇異な目で見られた。

まっ、地元からすると大雪なんて迷惑この上ないもの。
伝わるわけがないかー・・・

苦笑いしながら山形を後にした。


PS.たーさんお世話になりました(^^

開く コメント(10)

今年もやってきましたこの季節。
うなぎ釣りシーズンを締めくくる、年に一度のお祭りです。
(締めくくれるのか?)

今年はうな研始まって以来最大の参加人数に達しました。
場所は愛知県豊田市郊外にある”足助村”
宿泊棟3棟を借り切ってのイベントとなりました。

会場入りする前に、早朝から一色漁港の市場に寄って仕入れです。
ゴウさんと合流し雑談しながら品定め。
魚好きにはたまらない光景が続きます。
う〜ん、帰りにも立ち寄ってお土産を買いたいくらい。

買い物があらかた済んだ頃から土砂降りの大雨が〜〜。
車まで戻るだけでびちょびちょです。

ゴウさんは仕込みのために一旦自宅に戻られるそうです。
天ぷらごちそうさまでした(^^


ここから足助村までけっこう遠いんです(^^;

足助村では全国からのとうな研メンバーが続々と到着します。

つい先々週にお会いした人、一年ぶり、半年ぶり、初対面の人・・・

昼食当番3名で刺身、寿司、パエリア、お好み焼き!!

昼食後、うなぎを選り分け調理にとりかかります。
イメージ 4

何度見てもこんな光景って変ですよね(^^;
うな研以外はありえんでしょ。

次々と割いて、蒲焼きにして行きます。
イメージ 1

イメージ 2

初参加の方には恒例の”うなぎのにぎり鮨”を賞味いただきました。
今回は身崩れしそうなほど良質のうなぎが少なめだったのが残念でしたが・・・
ぶんやさんが初参加されたおり残された言葉が「カルチャーショック」でした。

これもうな研オフならでは^^
うなぎ屋さんでも鮨屋さんでもこんなん食べれないですから。

その後、櫃まぶしと続きます。
ボクはその間、夜食用の鼈(すっぽん)料理^^;

19時からはうなぎを一時中断しデザートタイム。
子供や女性に喜んでもらうための時間です。
イメージ 3

恒例の炭焼きバウムクーヘン。
富士一番さんが準備されたコーヒーも旨かったです^^

ぶんやさんが仕事(取材)から戻ってからはまったり酒飲み&歓談タイム。
ここから本格的なディープな話題に突入です。
*各個人の○秘テクニックになるので載せれません(笑

夜食は小魚のピクルス、八幡巻き、丸鍋、鮎一夜干し、黒大豆枝豆・・・。
日帰り参加のうな丼さん、maruさんご一家とはお別れ。

ボクは途中から意識がありません(笑
そう言えば、日帰り予定の富士一番さんはがんがん飲んでたけどどうやって帰ったんやろ(^^;


翌朝は爽やかな目覚めです。
昨日は終日雨天でしたが、今朝はスカッと晴れ渡りました。
朝食は駿河名物しらす丼。
うはは、何度食べてもうまいなー。


趣味の共通点以外は、地域も職業も年齢もバラバラ。
こういう出会い、ボクはとても好きなんです。

ボクは社内でもトップクラスに「社外と遊んでいる」人だと思う。
いつの間にか本当に同部署の上司や同僚とほとんど飲まなくなってしまった。

共有している価値観の中での愚痴と生ぬるい分かり合いが何となくイヤ(笑
そんなことしててもどこへも行けないじゃん。 ←もしかしてサラリーマンに不向きかも(^^;

全国オフなんて超稀少な「すれ違い」であり、違う地域&組織&価値観との出会い。
もうなんつうかボクにとって「サプリメント」なわけですね。

今年は特に初対面の皆さんとは歓談する時間が少なかったのが心残りですが・・・


と、いうことで来年もまた全員参加でやりましょ〜〜。

*オフ会画像は後でうな研でパクりしてから追加さしてもらいます。
参加者の皆様、○○専用写真館へのアップよろしくお願いしますm(__)m

開く コメント(19)

展覧終了までに観ておきたくて全国オフ前日に東京まで行って来ました^^
翌日はオフ会で愛知まで行くので、車で静岡まで行って、そこから在来線で東京往復というプラン。
ぱらまたさん宅は静岡ICからもJR静岡駅もわりと近いのです。
いつもなら自宅から静岡までのんびり走っても4時間ほど。

東名高速集中工事のため豊田JCT付近は渋滞してそう。
やむなく早めに出発することに〜
豊田JCT手前から岡崎まで1時間強かかってしまい、それ以外でも時速60〜80kmの区間が続きました。
ぱらまたさん宅到着し愛車と活けうなぎを預け、焼きたてパンの店で朝食をいただき静岡駅へ送っていただきました。
静岡駅から東京へは在来線で約三時間半。
いつもなら新幹線で1時間で通り過ぎる景色ですが快速列車なら新鮮に見えますね。

でも、直角椅子はやっぱりケツと腰が痛くなりますね(^^;
東京駅から地下鉄に乗って東大に向かいます。
イメージ 1


遠回りして安田講堂と赤門。(そういう年代ではないんですけどね)に行きたかったのですが人混みに疲れてしまったので止め(笑
イメージ 2


東大博物館内は残念ながら撮影禁止のためここでは詳細を紹介できませんが、”来て良かった”と思える充実ぶりでした。
鰻の受精卵や生きているレプトセファルスなんて普通見られませんからね。
全世界のうなぎ亜種(?)19種類全てが集まっているのも圧巻でした(こちらはホルマリン漬けでしたけど)

で、資料展示の方に目をやると見慣れた絵が・・・
うな研でも紹介している”うなぎと梅干し!(食い合わせの読み物です)の現物がパネルになって展示されているではありませんか!
近づいてみると坂○○久(うな研顧問:宇名右衛門さんの本名)の名前が・・・

今年一回限りの展示会のようですが、何年か後には新たな発見含めてまたやって欲しいと切望します。

ここで得た内容や後で宇奈右衛門さんから聞いた裏話なんかは、気が向けばうな研の方で書いてみますね。
生態を知らずして天然うなぎ釣りは語れませんからねー^^


あっという間に予定滞在時間を過ぎてしまいました。
もう在来線では夕食時間に間に合いません><
復路は新幹線で静岡まで(やはりめっちゃ早いですね)〜

夕食は楽しみしていた四川萌芽(中華料理)。
イメージ 3

何を食べても旨いのだが、ここの肉団子は絶品です^^
ああ、旨かった。

翌朝6時には一色漁港での買い出しが決定しているので早めに静岡を後にします。
静岡から一色ってわりと近いのね(^^;
渋滞も覚悟していたほどでもなく中途半端に早く着きすぎてしまった・・・
朝まで仮眠しようとしたけれどウキウキしてじぇんじぇん寝れんし(-_-;
オフ本番の夜宴会まで持つかなぁ・・・

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事