K山さんのカワハギ釣り

この世界に入ったら抜け道は無いので気をつけましょう。

全体表示

[ リスト ]

カワハギ釣りの錘

今日は錘だけのことについて・・
昔はよく、舵付き錘を使いました。今使っている方もたまに見かけますが私は今は使用していませんが、エサがあっちこっち向かないように食い込みをよくする効果や錘の流され方もかなり変わってきます。
鉛が主流ですが、加工しやすいためもあります。
カワハギ釣りの錘は、形状と目立つか目立たないか?だけです。
人間が勝手に決めています。カワハギにとっては錘は目立てば興味あるかもしれませんが、目立つ蛍光色などはタコが大好きですが・・カワハギもたぶん好きです!
そして色を付けたり、蛍光塗料を塗ったり、今はピカピカ光るLED入り錘が使われています。このピカピカは、釣り人が沢山いるときの集魚効果にはなっているようですが・・自分は使用したことがありません。高価だから、一発で根掛りして無くしそうです。
東京湾の標準は25〜30号が標準です。

イメージ 1

でも、いつも思うのは、鉛が根づれとかで紛失・・
大昔、石を拾い、それを結んで何回かやったこともありますが、
これは重さもいい加減だし環境にはいいけど使いにくいですね(笑

鉛は、最高に環境に良くないですね〜!
一時、鉄の錘も出ましたがコスト面や耐久性の面から、
すぐになくなりました。
東京湾でいえば、カワハギ釣りだけではなく、半端ではないほどの鉛やナイロンハリスこれは水には溶けないので最悪のゴミです。針は一応時間とともに腐り無くなるとは思いますが・・
環境汚染に釣り人はかなり悪い方で貢献しています。
自分が使用した糸や針などは、ぽいぽいと海に捨てないでほしいですね!
一回東京湾の、釣り糸や、錘の撤去で・・今はやりの池だけではなく東京湾を綺麗にすることを・・と思いますが・・
釣りをする分には、細長い錘は同じ号数であれば、早く海底に行くと思いますが、まん丸でも、小田原方でもなんでも自分は同じです。
昔から小田原型を使用していますが・・・
確かにまん丸は根掛には少し強いです。
ではまた書いてみます。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事