river side diary

海外ルアーオタクの戯れ言

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

闇討ち?

最近は雨が多くてまいります。

今日は夜勤の和歌山のシゲです。

今日は夜勤だから昼間に時間を作れますが今日の昼間もぐずついた天気になるようです。

ならば夜?

じつは数日前の夜にタチウオ狙いで海に行きマルボウズをくらったワタクシ…

近所の川は濁り続き…

かといってシーバスくんが乱舞するような濁りはすでに収まった近所の川…

あれこれ考えていると頭から煙が出てきそうです。

もういいや、ボウズでもいいや、

イメージ 1


近所の川の汽水域にフライロッド片手に行って来ました。

高確率でセイゴが現れる場所がありますので小さくとも釣れたら幸せになれるように#6のフライタックル。

本当は#4#5辺りの方がいいんですけどどうにも風が強くてキャストに不安があり使いなれた#6のフェンウィックのロッドを準備しました。

狙いの場所に着くと足元に小魚の群れ、しかし魚種は不明、ボラの子イナでしょうか?

そして僕に驚き逃げた小魚達にボコォとシーバスくんが…

いるいる…

最低でも今のは40センチはあるはず…

水もササニゴリ…

小魚よりも少し大きなストリーマーのマドラーゾンカーをキャストしました。

キャストしました…

キャストしました…(涙)

たまーに

コッ…

とアタリが出ますが全くフッキングしません。フッキングを入れるようなアタリも出ません。

時々小魚達が逃げるようなそぶりをみせますが…?

フライを沈めても…

シーバスくんらしき派手なボイルも最初だけ…

もしかして今小魚達に襲いかかってるのはシーバスくんとは違うフィッシュイーターか…?

ダメ元でソルトウォーターフライフィッシングの定番中の定番クレイジーチャーリーに…

イメージ 3

指先のちっこいフライです。

目の前はところどころに根が点在する砂地ですので中層から下をゆっくりゆっくりと漂うようにリトリーブ

何度かグッと根掛かり、その度に魚じゃないか?ラインを張って聞いて、ロールキャストで根掛かりを外し…

アカンかなぁ?と思いはじめた頃…

またまたグッと重たくなり聞いてみると

グッ…ググッ…

すかさずフッキング!

イメージ 2

ルアーや餌釣りならば、ん〜ちょっと小さいなぁ〜となるぐらいのチヌくんですが釣れました。

僕としてはこのサイズのチヌはなんてことないサイズなんですがフライで釣れたことに意義があります。

今までルアーや餌で釣れるチヌを釣らんと何度も何度もフライタックルで撃沈してきましたからね。

やったことある人だけが解るオカッパリのチヌのフライフィッシングの難しさ。

闇討ちとはいえ、チヌを狙ったわけじゃないとはいえ(笑)

イメージ 4


いや〜ボウズと紙一重、釣れて良かったです。チヌくんありがとう。

開く コメント(2)[NEW]

うちのラトリンログ

イメージ 1

僕のバスフィッシングにおいて今はボウズ逃れに欠かせないのがラトリンログ。

特に4インチ半でリップの短いARB1200はシーズン中は外せません。

オカッパリでもカヤックからでも愛用してます。

そして写真のようにスイミング中に下を向くフックをペンチで曲げてカバーの中にもガンガン入れて行きます。

このフックは基本的にノーマルのフックを愛用してます。サビてくると真鍮のワイヤーブラシでゴシゴシとサビを落として何度も何度もタッチアップしながら使います。

20ポンドナイロンで投げてますので仮に根掛かりしても高確率でフックを伸ばして回収出来ます。

淡水でそれほど愛用しながらフックを代えてソルトウォーターで使わない理由はエイトカンが細いから。

頑張れば指で曲げれるほど細いエイトカンはきっとソルトの魚に耐えられないと思ってます。

そしてフックを変えないもう一つの理由はフッキング率、ジャーキングやトゥイッチングをやってるとラインスラッグを出したタイミングでだいたいバイトしてきます。

次のアクションを入れるまで魚に絡み付いてくれるネムリポイントのイーグルクローフックはジャーキングに外せません。

レーベルミノーのようにショートシャンクのフックでジャーキングしてると即バラシが増えるんですよ。巻き続けの釣りならこっちの方が良いんですけどね。

そして僕のメインアイテム故にスプリットリングにもこだわります。

奥の左が新品、判りにくいと思いますが右が愛用中の物

イメージ 2

少し大きなソルト対応の#2のスプリットリングに変更。

強度アップの意味もあるにはある、しかしながらメインフィールドが川ですので安定性を少し上げるのが狙いです。

反転流の中などでハイペースのジャーキングをしても飛び出し難いようにするのが狙い。

僕のジャーキングはジャーク、ジャーク、二段ジャークをワンサイクルとしてますので複雑な流れの中で適当にやるとルアーが上にダートして水面を割ってしまいます。

スプリットリングのサイズを上げてコントロールしやすくなったような…そうでもないような(笑)

でね、手前のはノーマルなまんまのAB1200、ラトル無しのオリジナルログ。

この子は浮力が武器になるログですのでノーマルの軽いリングのまんまです。

イメージ 3

ついでにラインアイを少し下げて水面近くの釣りに特化させてます。人の多いところでログに出そうで出ない時に釣れたこと数回あり。

そんな時はラパラのF11でOKと言えばOKなんですけどね(笑)

人のプレッシャーがさほどでなければ普通のラトリンの方が良いと思います。

プレッシャーが高いって言ってもハイプレッシャーフィールドとかじゃなくて、右も左にもバスアングラー、一等地に入ったもののバイトねーな〜ぐらいの時が僕の使い時。まぁ、あんまり出番ありません。

近所の川は広くて魚が少ないのでラトリンの方が使い勝手良いですね。


イメージ 4

そんなラトリンログ達、悩みはリップ折れ(涙)
丈夫と言われるロングAのリップを何度も折ってきたワタクシ(笑)

ログのリップぐらいわけないのであります(涙)

イメージ 5


だいたい年1本ぐらい折ってきました(涙)

で、ラパラのCDならば激釣れアイテムCDL
に化けるところなんですけども…

ログはリップ再生することに…

0.6ミリのサーキットボードでノーマルよりほんのり大きくリップを作成、少しずつ削ってノーマルと同じぐらいのアクションとレンジに調節したらノーマルと同じぐらいのアクションのキレが出ます。

ボディーのミゾいっぱいの厚みのプラスチックをリップにするとノーマルのようなアクションのキレが足りない気がします。

最初はリップ再生でヨッシャー‼️って思ってたんですがそこにも落とし穴が…

イメージ 6


左がリップ再生したばかりのログ、右がそこそこ使い込んだリップ再生ログ。

カバーにもガンガンぶつけて行きますのでリップこそ折れてませんがリップの先がガリガリになってます。

アクションはまだ目に見えて変化してませんがこのガリガリのリップでジャーキングするとすぐにラインにキズが入るんですよ…(涙)

ヤスリ掛けるとリップが当然小さくなるし…(涙)

今は頻繁なラインチェックでしのいでますが…何か良いリップ素材ないかなぁ?

イメージ 7


まだまだ働いてもらうよ!

開く コメント(4)

雨ばかり…

ここ最近は天候とわたくしの都合が合わずあまり釣りに行けてません。

って言っても僕にしては…って言うレベルなんですけどね。

8日は仕事が休みだったんですよ、しかし朝寝坊により朝の釣りは中止…海でジグをぶん投げようと思ってたんですけどね…

で、ジギングタックルを片付けてから

イメージ 1

近所の川の汽水域に出撃しました。時間はお昼過ぎ。

風は夕方まで3メートルの予報だったんですけど…あまりにも風が強くなり3時前に一旦上陸する羽目に…


後に天気予報で確認するとその時間帯は風速9メートルの風が吹き荒れていたようです。オソロシイ((((;゜Д゜)))

ほとんど釣りをしていなかったので河川敷で昼寝して夕方の5時、風が弱くなったタイミングで再度エントリー。

暗くなるまでの短時間でどうにかこうにか…

イメージ 2

セイゴちゃん…

この日はフッキングしないアタリやヒットから即バラシに悩まされましたが…もしかしたらぜーんぶセイゴちゃんだったのかもしれません。

この日投げたルアー達…

イメージ 3

ロングAのシンキングS14A以外はアタリすらありませんでした。

一匹だけ?

一匹だけ…(涙)

実はね、3時前に上陸する前にもう少し良い魚をキャッチしましたが…写真に収める前に逃げられたんですよ。

逃げた魚はこんな魚

イメージ 4


過去の写真で申し訳ないんですけど、ヒラセイゴってやつです。最近は雨が続いてたので入って来てたんでしょうね。

やった〜❗ヒーラ、ヒーラって言いながら片手でスマホ探してたらツルンと…

で、まだまだいけるやろ?って思ってたらなんとキャッチできたのがセイゴちゃん一匹とゆう体たらく…まぁ…オイラらしいっていえばらしいかなぁ?(笑)



そして昨日のこと。

夜勤続きの合間の昨日、夕方に目が覚めたのでボックスに適当なルアーを詰め込みロッド片手に近所の川へ…

イメージ 5

アラームをセットして一時間限定バスフィッシング。

しとしと降る雨が続いてたからでしょうか?少し増水気味ながら濁りは無し…って言うか、毎日通勤で川を見てるから状況はだいたい解ってたんですけどね(笑)

で、濁りが無いのでトップでいけるか?って思ってましたが反応が無い。

視覚変化とスピード変化でリアクションバイトを取る作戦に…

岸の出っ張りに引っ掛かった倒木、上流から流されて来たログ。

投げるルアーはログしか無いでしょう(笑)

ピッチングでログの真横を通るコースにログをキャスト、ジャーキングでログの横に来たログ、ポーズを入れてフラフラと浮き上がるログに向かってログの下からバスくんが…ややこしい?(笑)


イメージ 6


まぁ、わたしゃこんなもんですよ(笑)一匹は一匹。

バスくん遊んでくれてありがとう。

開く コメント(2)

狙い打ち

一昨日までぐずついた天候の続いた和歌山県…

一昨日の仕事の前の早朝に近所の川の汽水域へと…

イメージ 1

和歌山県ではシーズン的に少し外してますが雨の後の濁り増水のパワーを期待してシーバスくん狙いです。

東京湾奥とか大阪湾奥はドンピシャシーズンなんでしょうけど和歌山県は数釣りに関して大阪湾とシーズンが真逆なんですよ。

…そう考えると実家に居た頃に釣ったセイゴちゃんがランカーシーバスとなり和歌山で再び僕のルアーに…無いとは言えませんね。ん〜少しロマンを感じるぞ!(笑)

さて、釣りの方は朝の4時過ぎに出発。

川に着くと濁流となりメインの流れに投じたルアーが

あっ…

と言う間に流されるほどの流れ。

ボラジャンプも無く小魚の気配も無し…

試しに数投した後すぐに下流にある反転流の所へ移動。

わずかながら小魚の気配…

メインの流れと巨大なゆったりとした反転流の間にできた潮目を狙いロングキャスト。

ちなみにルアーもロングキャスト…?

少し懐かしのロングキャストミノーことラパラのLCM、後のLC10です。

メインの流れにクロスでキャストして潮目までドリフト…潮目をU字メソッドで攻めてはルアーを回収。

数投目に潮目を抜けたLC10に

イメージ 2

50センチぐらいですが狙い通りに出てくれました。

その後は最初の写真のルアーでトップからボトムまで手早く探り…CD9にワンバイトあったきり気配も反応も無かったためすぐに撤収しました。

帰って時計を見ると6時過ぎ…とても効率的な釣りですよね(笑)




メインで使ったのはすでに廃盤となり数年が過ぎたLC10

ロングキャストミノーとして登場したラパラの重心移動システム採用のバルサミノー。

イメージ 3

後にLC シリーズとして8、10、12と10のリップレスであるシャローダンサーの4アイテムが登場。

しかし…一部のシーバスアングラー以外はあまり注目しなかった悲劇のミノーです(涙)

12はろくに使ったことありませんがシャローダンサーと10は和歌山に来てから、8は大阪湾でよく愛用してました。

8は湾奥シーバスアングラーにオススメ、比較的数釣り向きな8センチミノーです。

大阪湾ではチヌやキビレも沢山釣りました。CD 7じゃちょっと攻め辛いシャロー…Fより飛距離が欲しい時にドンピシャ。


10やシャローダンサーは大阪湾じゃあんまり釣れなくて好きじゃなかったんですけど、和歌山に来てから大河川のドリフトをするようになって手放せなくなりました。

夜や濁りの出た時に流れが造る潮目をドリフトで攻める時にとても使いやすいミノーです。


しかし…しかし…ラパラにあるまじき不良品率の高さが廃盤になった理由の一つでしょう。

不良品を分解したことがあるんですけど、中の重心移動ウエイトが錆びてました。

ウエイトが錆びるとリトリーブに入ってもウエイトがフロントに固定されないんですよ。

リップレスのシャローダンサーなんてウエイトが固定されないと、ウエイトが後ろに行って水面上に出て滑って来るのでリップレスミノーとして致命的。

もし安くで見つけてもウエイトがちゃんと固定するか?要注意です。

何故か8は不良品が少ないですね。

10のリップ装着前がフローティングリップレスミノーのシャローダンサー。8の方もリップが折れたらキレイにヤスリ掛してシャローダンサー8として使えます。使えるって言うより個人的に無いと不安になるぐらい釣りました。

ルアーが艶消しになるぐらい釣りましたよ🎵



ちなみにウエイトが暴れる不良品はジャキーングでルアーが暴れるのでジャークベイトとして愛用してたことがあるんですよ。

でね、ある日突然釣れなくなって…

おっかしーな…って思ってたらダートがおとなしくなってて…

あれれ?

って思ったら重心移動が正常に作動するようになってました(笑)

開く コメント(2)

皆様こんにちは和歌山のシゲです。

わたくし本日は夜勤です、そう、今晩仕事なんですが久しぶりにカヤックを出せそうな状況だったので近所の川へ…

イメージ 1

今日は淡水エリアです。

イメージ 2

タックルはいつものアグリースティック2本攻め(笑)

いやだってね、少々の事では折れないんですからその安心感の前では感度とか軽さなんて霞んでしまいます(本当?)

ロッド1本でカヤック出してロッドが折れた時の悲しさと来たら…(涙)


さて、本日は朝の5時から出発し最初は風が無かったのでザラをセレクトしました。

で、開始早々にワンバイト!

サイズが小さいそうでフッキングしませんでしたがいきなりのバイトにウキウキです(笑)

しかし…その後沈黙…(涙)

魚釣りあるあるです(涙)

めげずに上流のフィーディングエリア、沖合いの流れの当たるシャローに入りました。

ザラをしばらく投げて…ボーイハウディー…ダイイングクイバー…ポップR…

バコッ!

またまたフッキングしませんでしたが出ました。

さらに投げ続けて

バコッ!

今度はヒット!

からの?

バラシ(涙)

なんでぇ…(涙)

最近はフッキングミス?ミスバイト?とバラシ病です(涙)

実はね、前回のチヌのブログの後で

イメージ 3

夕方の短時間バスフィッシングに出てナマズさん2匹ミスバイト?フッキングミス?で終了し…一昨日ぐらいに汽水域に出動してはシーバスくんバラシで終了…(涙)日頃の行いでしょうか…

話は戻り釣りの続き。

へこみそうでしたがまだ投げてない場所がありますので投げ続けて…バコッ!

イメージ 4

今度はやりました。慎重に慎重にネットイン(笑)

そして一通り投げた後でミノーにチェンジしてログを投入。

ジャーキングをしますが反応なし…もう居らんのかいな?と、トップウォーターミノーイングにシフトすると40ぐらいありそうなバスくんがヒット!

からの?

即バラシ(涙)やっぱり病かなぁ?日頃の行いかなぁ?(涙)

しかしへこんでいる時間はありません。予報通りに南西の風が出てきました。

手早く攻めるためビッグバドにバトンタッチ。

ビッグバドの大遠投で流していると

バチコーン!

ナマズさんです、が…(涙)フッキングしませんでした。

なんだか全身にダメダメオーラが漂ってる気がします。

そして帰る前にもう1ヵ所、風を少し避けれるワンド、近所で一番ライギョくんが多いので勝手にライギョワンドと名付けてるワンドに行きました。

そろそろライギョくんの子守りも終わってるんではなかろうか…?

フロッグ…無反応、ライギョくんの姿は見えず、フラポッパー…無反応…

一昨年の大増水でライギョくんもだいぶ減ったなぁ…

ライギョくん釣れへんし一応バスくん狙って帰りますか…

その風を避けれるワンド内だけ攻めるつもりでミノーをセレクト。

バスくんも小魚達も比較的小さいエリアですのでミノーも小さめなF10、レーベルミノーの2フックのやつです。

バスくんが居そうなところをジャーキングで流していると…

ドンッ!

イメージ 5


おっかしーな(笑)

まあ今年の初ライギョさんです、ありがとう。

なんだか最近魚とリズムが合いませんが釣れたので良しとしましょう。

キャッチは一匹だけしか出来てませんがフィーディングエリアにバスくんも入ってますので近所の川はサマーパターンに突入したと思って良いと思います。


バラシ病をなんとかせねば(汗)

開く コメント(4)

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事