由布院発 デジアナおじさんの怒りの矛先

ただいまリニュアル作業中です。しばしのご猶予を・・・・

メイン

すべて表示

対米ゴマすり安住財務大臣に喝!

怒りの標的
イメージ 1イラン制裁に加担することが日本の国益に叶うのか!
対米ゴマすり安住財務大臣に喝!
もう触れたくも無いのだが、どうして日本政府は主体的外交を進められないのか。もう戦後60年、いい加減に米国追従は止めにしてくれ。同盟国であっても主張すべきは主張しなきゃ。米国にもたまには飼い犬から手を噛まれるという経験をさせなきゃ、この主従関係は永久に続くよ。
 
 今回のイラン制裁問題。ガイトナー米国財務長官の来日で起きたわけだが、おかしいのは「日本経済を左右する重大問題であるにも拘わらず、安住大臣の独断専行での制裁参加容認発言」があったことだ。官房長官はその日の記者会見で「統一見解ではない。さまざまな意見の一つ」なんて注釈を加えている、またまた民主党伝統の一人芝居が幕を開けたようだ。イメージ 2
 今日野田改造内閣がスタートしたが、なぜか財務大臣は留任。財務官僚に内閣人事まで握られている現実をまざまざと見せ付けられる。経済産業省でも異論噴出「この内閣はバラバラ。救いようも無い」と言ったとか、言わないとか。日本の一大事をバカ安住の頭だけで解決できるわけは無い。
 テレビのワイドショーなんかでも、ネタはもっぱら内閣改造の話題ばかり。日本の国益を損なう「バカ安住発言」を取り上げて、こき下ろすことぐらいのことをしなきゃ日本は良くならない。財務省は悪の巣窟なのだ。照準は一つ、勝をはじめとする財務官僚どもだ。 
(おじさんの本音) 制裁加担を受け入れるにしても、内閣で議論をした形跡も無いようでは標的にせざるを得ない。親イランのポジションにいる日本こそ、核疑惑を解決の方向に導ける唯一の国なのだ。国際政治でのイニシアティブを握って、欧米各国に感謝されるような政府であって欲しいものだ。かって規模の大きな日本人学校まであった親日国家イラン。日本にとって、切るに切れないイランに説諭をし、かつ擁護をしてやれるのは日本しかない。対米追随、従属はそろそろ終わりにして欲しい。米国も日本が刃向うことなんて想像だにしていないはず。ブラフでもいい。反米を口にする日本も時々は見せるべきだ。尻尾ばかり振る政治家が多すぎることに国民は気づくべきだ。

その他の最新記事

すべて表示

還暦同窓会

2011/12/2(金) 午後 9:00

「還暦同窓会の案内が届いたよ」  かなり早くから「還暦を迎えた歳に同窓会を開こうよ」との話を聞いていた。高校と中学のそれぞれの同窓生から声があった。山に囲まれた観光地で忙しい毎日を送っている私にとって、日ごろの付き合いをご無沙汰にして ...すべて表示すべて表示

当ブログをご訪問、コメントいただく皆さん。                 今日は、大事なお知らせです。 昨夜、21時21分についに、ついに、新たな一歩となる。 漁師きんちゃんのWEB 「田野畑 漁師の直売所」 が公開され ...すべて表示すべて表示

いよいよ、初秋の空気がやって来ましたねー。 もう、完全に秋です。 さて、僕は今日から2泊3日で、日本海に行ってきます。 船に、搭載する機械の調達の為です。 目星は付けてあるので、ほぼ見つかると思いますが・・。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事