ここから本文です
腰痛と向き合う
膝痛の時、テーピングやサポーターをするといいんでしょうか?

膝痛の時に、テーピングやサポーターをすると、痛みが緩和されるので、テーピングやサポーターは使用なさってください。

膝は、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)を支える部分でもある為、年齢を重ねるとともに、膝に負担がかかってきます。

膝に負担がかかると、膝のじん帯が弱ってしまい、やがて痛みを感じるようになります。

膝痛になったのであれね、立ち上がったり、歩くのに支障が出てしまいます。

ですので、通常の日常生活を送るのが、困難になってしまうわけです。

そんな膝痛の際に、テーピングやサポーターを使用すると、膝がしっかりと固定されて、膝のずれやぶれを防ぎくれるため、膝の負担が軽減されて、痛みが和らぎます。

テーピングやサポーターは、いろんなタイプの物が販売されています。

どういったタイプのテーピング、サポーターが良いのかというと、まず始めに素材がきちんとしているものがいいでしょう。

それに、テーピングやサポーターは長時間付けるものですので、通気性に優れているものを選択する事も大切です。

また、人により着け心地も違ってきますから、一度手にとってみて、自分の肌に合っているかどうかをチェックして下さいね
http://siryokumassage.huruike.com/category0003/index.html

この記事に

膝痛の症状

膝痛の症状って、どんなものがあるのでしょうか。

・違和感
・痛み
・こわばり

膝痛には、このような症状があるそうです。

膝痛になると、まず膝に違和感を覚えます。

重く感じたり、かみ合ってないような感じがあったりと、膝が変な感じと言われているものです。

次に、痛みについてですが、初めのうちは違和感があったのが、進行するにつれて、痛みが起こります。

まず始めに痛みが少なく、足を動かし始めた時にやや痛みを感じるでしょう。

しかし、段々に痛みが大きくなっていき、痛みが続いたり、足を動かしすぎると痛くなります。

さいごに、こわばりについてですが、足を動かさないでいると、膝の関節が凝り固まってしまいます。

すると、足を動かそうとする時に、動きにくくなってしまうのです。

ただ、ずっと動きにくいわけではなく、動いているうちに凝りがほぐれて、動きやすくなっていきます。

膝痛は、年齢や体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)などが原因となって起きてしまうことが多いものです。

もし、膝が痛いのであれば、早目に病院に行き、診断して貰うといいですね
http://www.geocities.jp/underwear0013/

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事