全体表示

[ リスト ]

さてさて、フクちょは昨日、また京都地裁に行ってきましたよ〜。
今日は労働関係の裁判が連続で3つもあるのです♪


今朝ひとつめの裁判は京都のカバン屋さん“一澤帆布”

ここの皆さんは、わがユニオン南の風が“クライムアロー・パワハラ裁判”を闘った時に何度も傍聴に来て頂いてるんで。

受けたご恩は、キッチリ義理で返しやすぜ!_(−。−メ)ゝ オヒカエナスッテ
フクちょ、…任侠ヤクザ?


さて一澤帆布の裁判は
前回も書いた通りなんですが、亡くなったお父さんの後を引き継いでお兄さんが経営していたお店を、裁判で弟の信三郎氏が経営権を勝ち取り、“一澤帆布”の経営をはじめたんですが…、なんと店をたたんで従業員を全員解雇しちゃったんです!!
で、“そんな無茶をされたら生活が困るやん!”と従業員の皆さんが立ち上がった、という経緯。

前々回の裁判で“整理解雇”だという話になり、前回の裁判で“それなら決算報告出してよね”という話があり…そして今回、なのですが…。


なかなか会社側は決算書を出してこなかったようです。
で、 裁判日程が近づいてからやっと提出されたようで、その調査と、それに伴う意見は次回持ち越しになりました。

こちらからは、会社が不誠実な対応を繰り返した証拠を提出したみたいです。
内容は詳しく分かりませんが(-▽-;)



あ、裁判のはじめに裁判官さんが“和解の可能性はあるか”みたいな事を聞いておられたので、裁判所としてはそぅいった方向で考えておられるのかもしれませんね。


次回、さてどうなるのか………また行かねば o(-□-)oヨシッ

(フクちょ)

この記事に

閉じる コメント(2)

仕方ないでは済まされませんが、にしても裁判って進まないですね〜…。従業員さんもカスミ食って生きてるわけじゃないので、国から、会社都合の強制自宅待機とかで裁判中の給料や手当がしっかり欲しいですよね〜↓

2010/4/29(木) 午前 1:10 [ sil*er*pr*fe* ] 返信する

まぁ、その給料を支払わせるために“仮処分認定”というモノがあって、そのための裁判をするわけですが……。(これに勝つと、会社側に、毎月の給料を保障する義務が発生します)

残念な事に裁判判例では“緊急性”があるかどうかが判断基準になるようです。

とはいえ、裁判は毎月1回程度ずつしか進まないので、長い裁判だと2年近くかかる事だってありますし…。
裁判所にはせめてそれぐらいの余裕を持たせた裁定をしてもらいたいですね。
(フクちょ)

2010/4/29(木) 午前 8:37 個人加盟労組 ユニオン南の風 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事