東京学芸大学教職員組合ニュースon the WEB!

広報紙『あしなみ』をいちはやくお届けします。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

   学習会「ミッションの再定義の検証」のお知らせ

来る7月31日に組合主催で「ミッションの再定義の検証」について
の学習会を開催いたします。
今回の学習会では、長山泰秀氏(全大教書記長)にミッションの
再定義の全般的な政策的動向や問題点について、中島裕昭氏
(本学教員)に本学におけるミッション再定義の状況について、
それぞれ報告していただきます。

ミッションの再定義という抽象的な呼び方がされていますが、
実質的には文科省の設定する卒業生の教員採用率や小中高
の教員経験のある教員の割合などの数値目標であり、今後中
長期的な学芸大学の方針や運営費交付金の金額などに大きな
影響を与えることが懸念されます。
ミッションの再定義問題と大学の組織改編問題にわたしたちは
どう取り組んでいくべきか、一緒に考えていきましょう。
みなさま、ぜひともご参集ください。

また、同日学習会終了後、組合事務室にて納涼会を開催いたし
ます。併せてご参加下さい。

                記

   学習会「ミッションの再定義の検証                       
                 ―大学教育現場の視点から」

 日時  2013年7月31日(水) 午後6時〜7時25分
 会場  S102教室(S棟1階)

 講演者・講演内容
    長山泰秀氏 「ミッションの再定義―政策の動向」(仮)
    中島裕昭氏 「本学におけるミッションの再定義の状況」

 ※納涼会は、7時30分より組合事務室です。

「3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する映画会」開催のお知らせ

2013年1月30日(水)に「3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する映画会」
を開催いたします。
第一部(16時上映開始)では、北海道朝鮮初中高級学校での日常を描
いた「ウリハッキョ」を上映します。
続く第二部(18時40分上映開始)では、震災で校舎が全壊した東北朝鮮
初中高級学校の2011年3月15日〜20日までの記録である「東日本大震災
東北朝鮮学校の記録」と、福島朝鮮学校の除線作業を合同授業について
のショートフィルムを併せて上映いたします。

どなたでも参加いただけます。一部、二部のみの参加も歓迎いたします。
また、当日ワンコイン義捐金カンパ(一口500円)も受け付けます。
(集まったカンパは復興義捐金として東北朝鮮初中高級学校と福島朝鮮
初中高級学校に届けます)
事前申し込みは不要です。
みなさまお誘い合せの上、ご参加ください。


              記

「3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する映画会」

日時 2013年1月30日(水)
    第一部 「ウリハッキョ」 15時50分開場、16時上映開始
    第二部 「東日本大震災東北朝鮮学校の記録」ほか
          18時30分開場、18時40分上映開始
会場 北講義棟(N棟) 4階 N411教室

主催:東京学芸大学有志で3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する
映画会開催の賛同人
後援:東京学芸大学教職員組合

11月28日 第2回シンポジウム「失われた賃金をどう取り戻すか パート2」開催のお知らせ

組合では賃金の問題に関して十分な理解を深めるべく、月一回の連続
シンポジウム「いま大学に求められている選択は何か?」を企画し、
去る10月31日に第1回「失われた賃金をどう取り戻すか」を開催いたしました。
第2回シンポジウムは、11月28日(水)18:30〜、附属高等学校にて開催いたします。

附属学校の先生方の抱えている問題を中心に議論を深めたいと思います。
この間の不利益の実例などを出し合い、今後の方針も議論いたします。
みなさまぜひともご参集ください。

              記

第2回シンポジウム「失われた賃金をどう取り戻すか パート2」

日時 2012年11月28日(水) 18:30〜
    (軽食を準備いたします)
場所 附属高等学校 会議室

なお、第3回以降のシンポジウムは以下のように予定しております。

第3回 他の大学の取り組み紹介
 日時 2012年12月14日(金)18:00〜
 場所 小金井キャンパス南講義棟(S棟) S103教室
 講師 西崎緑氏(福岡教育大学教職員組合 副委員長)
 福岡教育大学教職員組合の西崎副委員長を講師に迎え、法的手段に訴える際の
 具体的な取り組みについてお話を伺います。

第4回 3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する映画会(後援)
 日時 2013年1月30日(水) 吃堯15:50〜、局堯18:30〜 
 場所 小金井キャンパス北講義棟(N棟) N411教室
 東京学芸大学教職員組合にふさわしい復興支援として後援いたします。

みなさまの多数のご参加をお待ち申しあげております。

10月31日 第一回シンポジウム「失われた賃金をどう取り戻すか」開催のお知らせ

多くの教職員や組合の強い反対にも関わらずに7月に大幅賃下げが強行され、3か月が
経過しました。私たちへの生活の影響がいろいろなところで出てきていると思います。
失われた賃金を少しでも取り戻す取り組みが求められています。

組合ではこの賃金の問題に関して十分な理解を深めるべく、月一回の連続シンポジウム
「いま大学に求められている選択は何か?」を企画しております。第一回シンポジウムは、
「失われた賃金をどう取り戻すか」と題し、10月31日(水)の18時30分からC102教室にて
開催いたします。みなさまぜひともご参集ください。

              記

「第一回シンポジウム 失われた賃金をどう取り戻すか」

日時 2012年10月31日(水) 18:30〜
    (おにぎり等軽食を準備いたします)
場所 中央講義棟(C棟) 1階 C102教室
賃下げの背景や周囲の動向など、この間に起こったことを総括します。
あわせて不利益の実例を出し合い、今後の方向も議論したいと思います。

事前申込は不要です。どなたでもご参加いただけます。
ぜひ、みなさまのご意見をお聞かせ下さい。

なお、第二回以降のシンポジウムに関しては、下記のように予定しております。
第二回 失われた賃金をどう取り戻すか パート2
 日時 2012年11月28日(水) 18:30〜 場所 附属高等学校
 附属学校の先生方の問題を中心に、議論を深めたいと思います。
第三回 他の大学の取り組み紹介(予定)
 日時 2012年12月下旬 場所 未定(小金井キャンパス内)
 法的手段に訴える組合の方を招いて話を伺う予定です。
第四回 3.11後の東北朝鮮学校の復興を支援する映画会(後援)
 日時 2013年1月30日(水)時間未定 場所 未定(小金井キャンパス内)
 東京学芸大学教職員組合にふさわしい復興支援として後援いたします。

詳細が決定しましたら、改めてお知らせいたします。みなさまのご参加をお待ち申しあげます。

「7.18 公開集会  NO! 賃下げ」開催のお知らせ

大幅賃下げが7月に強行実施されました。
削減額が個別に通知され、改めて賃下げの深刻さが実感されます。
組合では、不当な賃下げに抗議するとともに、
元来支払われるべき正規の給与を支払うことを強く求めていきます。
夏休み前の節目として、公開集会を企画しました。ぜひご参集ください。

        記

「7.18 公開集会 NO! 賃下げ」

日時 2012年7月18日(水) 12時〜12時50分
   (おにぎり等軽食を準備します)
場所 教職員ラウンジ(第一むさしのホール1階)
どなたでもご参加いただけます。ぜひともみなさまのご意見をお聞かせ下さい。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事