全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
 
 
 
イメージ 1
 
2月1日に、幕張で行われた特別企画
 
『逆シャア』がスクリーンで観れる数少ないチャンスだからこそ行ってきました
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
公開当時は、良く理解できませんでしたが、
大人になってあらためて観ると、凄い作品なんだなと思います。
 
監督の富野おやじ自身が、シャアでありアムロなんでしょうな
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
上映後のトークで登場したUC原作の福井氏は、
明らかに以前よりも太ったおっさんになってました
覚えてるトークを抜粋してみます。
 
 
 
福井氏: 「観た当時は、大学生でしたが衝撃的な印象でしたね。 
あの終わり方かっ!?、って。
   エンドロールが出た時は身を乗り出しましたよ。
 
 
通しで2,3回くらいしか観てませんが、全部の台詞を覚えてるくらい好きですね。
台詞に無駄が無くてメロディのようですよね。
 
 
伏線が絡み合ってるから理解が難しかったけど、
小説の「ベルトーチカ・チルドレン」を読んだらようやく解りました。
 
 
 
凄いと思ったのは、『イデオン』と『逆襲のシャア』ですね。
『ガンダム』の続編は、『イデオン』じゃないかと思いますね。
 
サイコフレームを突き詰めていくと、意思の力というイデの力になる、みたいな。
そっちに行きますね。
 
 
 
このイベントに、富野監督を呼んだんですけど、
今夜新宿でイデオンナイトがあるからって断られました。
おれも知ってれば、そっちに行ってましたけど。
 
 
わりと業界の人は、けっこう『イデオン』見てた人多いんですよ。
 
 
実物大ガンダムは見たから、実物大のイデオンも見たいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2006年のUCの企画当時は、もっと軽い感じの短編もので、
ZZ』と『逆シャア』の中間の話しを考えてました。
 
『ZZ』に登場するムーン・ムーンという
取り残されたコロニーに住む世界を何も知らない少年が主人公で、
拾ったユニコーンガンダムの頭部をMSに付けたら驚異的な能力を発揮する。
 
 
そしたら、なんか『ターンA』みたいだね、って言われて、
せっかくだからもっと世界を広げようよ、って。
 
 
それで『逆シャア』の3年後のUCの話しになったんです。
『逆シャア』が隙も無く綺麗に語りつくされて終わってたら出来ませんでしたね。
 
 
UCのエピソード6には、『逆シャア』のシーンが少し使われてます。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 プチ情報
 
 
 「ガンダムフロント東京」有料ゾーン内のミュージアムスペースにて、
 2013年2月1日(金)〜 4月1日まで、
企画展『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展』が開催。
 
 
 
 
国立科学博物館(東京都台東区上野公園)にて、
2013年2月25日(月)〜28日(木) 各夜、
GUNDAM LIVE ENTERTAINMENT
"機動戦士ガンダムUC FILM&NIGHT MUSEUM 
episode6世界最速上映会"が開催。
 
 




 
 
 
 
 
 
 
.

開く コメント(6)

FW GM スナイパー

 
 
 
 
イメージ 1
フィージョンワークスガンダム スタンダート第15弾
 
 
 
 
 
イメージ 3
RGM-79SP GM SNIPER II
 
カタログスペックでは、ガンダムを上回るMS、というのが凄いですな
 
直系の後継機がネモやジェガン。
 
 
 
 
 
イメージ 4
軽く傷塗装とデカールを追加してみました。
 
 
 
 
イメージ 5
第15弾の中では、ギラ・ドーガばかり売れていて、
GMスナⅡはかなり売れ残ってました。
 
 
ライフルの形&カラーと、持ち方がイマイチだったのかも??
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
イメージ 6
RGM-79SP GM SNIPER II
 
フュージョンワークスアルティメット・オペレーション・シリーズのGMスナⅡ。
 
 
 
 
 
イメージ 7
軽く傷塗装とデカールを追加してみました。
 
狙撃用ライフルの形はこちらの方が良い形してます
 
 
 
 
イメージ 8
狙撃用ライフルを両手に。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
2つのシリーズのGMスナⅡのコラボ撮影
 
 
緑のネモ方が新型だけど、ブルーのGMスナⅡの方が個人的に色は好きかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(8)

 
 
 
イメージ 1
MSV
RGC-80 GM CANNON
 
 
1/144スケール
 
 
 
1983年発売
 
定価¥400
 
 
 
 
 
 
北米戦線を描いたシーンの箱絵
 特徴ある後頭部と背面も良く描かれてます。
 
 
GMキャノンは48機が生産され、14機が宇宙へ、
その他はアフリカ戦線や北米戦線に配備。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
大河原氏がデザインしたGMキャノン 空間突撃仕様
 
 
 
 
 
 
「機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル」に登場したGMキャノン。
 
 
 
 
 
 
 
大河原氏デザインのMSV-R。
なんだか面白いけど、パイロットだったら搭乗したくは無い感じがナイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
旧キット
 
1/144スケール
 
 
1985年発売。
 
定価¥400
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
『機動戦士Zガンダム』に登場。
 
 
 
 
 
後方にGMスナイパーもいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
HGUC
RGC-83 GM CANNON II
 
 
2011年発売。
 
定価¥1,470
 
 
 
 
 
 
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場。
ビームキャノンとフルアーマー・システムの採用が特徴。
 
 
 
 
 
 
アーガマから発進するGMキャノンⅡ。
劇場版『ZガンダムⅢ』に登場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

開く コメント(12)

ジャブロー降下作戦 

 
 
 
 
イメージ 1
 
ジャブロー攻撃へ向かうジオン部隊。
哀戦士を聴きながら見たいものです♪
 
 
 
 
 
 
ガウが12機見えます。
一年戦争では、ガウは約40機ほど生産されたそうなので、
12機もジャブロー攻撃に参加しているのはかなりな大部隊ですね
 
オデッサの敗北を挽回できるかジオン軍!?
 
 
 
 
 
 
降下するグフ。
シールドは持っていません。
しかも左手にヒートロッドとはかなり珍しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャイアントバズを持ったグフってのもカッコ良いもんです
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

開く コメント(17)

νガンダム Box Art。

 
 
 
歴代のνガンダムの箱絵を、全部ではありませんが
集めてみました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
MG
RX-93 ν-Gundam Ver.Ka
 
 
 
2012年発売
 
定価¥7,350
 
 
 
 
 
 
「GUNDAM EVOLVE 5」に登場したνガンダムを、
カトキ氏が発展させたデザイン。
ユニコーンのようなサイコフレームの輝きが特徴ですね
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
こちらが「GUNDAM EVOLVE 5」のνガンダム。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
MG
RX-93 ν-Gundam 
 
 
2000年発売
 
定価¥5,000
 
 
 
 
 
 
初MGキット化のνガンダム
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
フェイスの3本スリットが特徴ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
MG
RX-93 ν-Gundam 
メタリックコーティングVer.
 
 
 
 
2008年発売
 
定価¥8,925
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
HGUC
RX-93 ν-Gundam 
 
 
 
 
2008年発売
 
定価¥2,500
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
HGUC
RX-93 ν-Gundam 
メタリックコーティングVer.
 
 
 
2008年発売
 
定価¥5,200
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
HGUC
RX-93 ν-Gundam Ver.GFT
 
 
 
 
2012年発売
 
定価¥2,600
 
 
 
 
お台場のガンダムフロントで発売されているνガンダム
通常版とは、デカールが違うくらいでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
HGUC
RX-93 ν-Gundam 
(ヘビー・ウエポン・システム装備型)
 
 
 
2009年発売
 
定価¥2,900
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
旧キット
RX-93 ν-Gundam 
 
 
1/144スケール
 
 
 
1987年発売
 
定価¥840
 
 
 
 
 
ファンネル無しのキット。
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
旧キット
RX-93 ν-Gundam 
(フィンファンネル装備型)
 
 
1/144スケール
 
 
 
1988年発売
 
定価¥1,050
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
アナハイムで整備中のνガンダム。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 旧キット
RX-93 ν-Gundam 
(フィンファンネル装備型)
 
 
1/100スケール
 
 
 
1988年発売
 
定価¥2,625
 
 
 
 
 
 
高荷氏による迫力ある箱絵が、メーカーの意気込みを感じさせますね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事