過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

一般参賀 2018。



平成が終わる前に、1度は行ってみたいと思っていたお正月の皇居











イメージ 1


皇居前広場で、簡単な荷物検査

警備員ではなく、全て警察官が行ていました。







イメージ 2
たくさんの警備車両群。






イメージ 3
こちらはお偉いさん達が集う警備本部。

制服ではないスーツの人々は、宮内庁関係者かSPの関係者か。






イメージ 4
最初の二重橋を渡ります。
奥の橋にも、たくさんの人々。


270年間 徳川将軍がいた、旧江戸城の城郭の造りはたいしたものです。
まさに城塞。


今年は明治維新から、ちょうど150年目なのだそう。











イメージ 5





イメージ 6
微動だにしない皇宮警察。

皇居内は皇宮警察の管轄で、昔は旧陸軍の近衛兵が警備していたのだそう。








イメージ 7
皇居内はさすがに広いもので、
先ほどの荷物検査から何だかんだで一駅分は歩いてるかも。








イメージ 8
そしてまた、奥にあった二重橋を渡ります。

皇居前広場の人々と、丸の内のビル群が見えます。









イメージ 9
そして宮殿前に到着


初めて知った、
東京のど真ん中は、空がとても広い。









イメージ 10
宮殿正面でしばし待ちます。







イメージ 11
スマホ写真では小さく写ってますが、
皇室ご一家のお出まし

新年のご挨拶と、世界平和の願いをおっしゃった。




日本の天皇家は、世界最古のロイヤルファミリーなんだそうで、
他国の王家とはそれはもう比較にならない古さなんだとか。
神話時代につながるのでしょう。


そして他国の王家と大きな違いとしても、
ラストネームにあたる名字が天皇家にはない。


世界の中でも数少ない先進国に入る日本には、
いにしえからの不思議がまだまだいっぱいあるんですね。
















全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事