STAR WARS

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]






イメージ 1
銀座の雪景色

2018年、今年初めて都心部でも けっこう降り続けた雪でした









イメージ 2
STAR WARSフィギュアの
スノーウォーカー(AT-ST)と、スカウトウォーカー(ST-ST)のコンビ。









イメージ 3
朝のお散歩。

やっぱり雪原が似合います














.
 
 
 
あのルーカスフィルムをディズニーが、3000億円以上で買収して傘下に
 
そして、劇場版6部作で打ち切ると公言していたのを撤回し、
新作エピソード7〜9が2015年から順次公開
 
という強烈な衝撃度のニュース
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
10月30日、米カリフォルニア州のウォルト・ディズニー本社で
文書に署名するアイガーCEO(左)とジョージ・ルーカス監督=ロイター・共同
 
 
 
 
ルーカスフィルムは株式を100%ルーカス自身が所有していたので、
誰からも文句を言われず好きなように『Star Wars』シリーズを製作。
スピンオフ作品やグッズ関係の収益等も全て獲得してきた
 
 
ディズニーはリニューアルした「スターツアーズ」
新アトラクション(日本では2013年5月OPEN予定)でも、
パーク来園者の増加もみこめるし
 
こりゃディズニー儲かりますな
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
イメージ 3
またこの冒頭が、あの曲と共に帰ってきますね
 
 
 
 現時点では、『スター・ウォーズ エピソード3』と、
『スター・ウォーズ エピソード4』の間のストーリーの
テレビシリーズが予定されているそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
2007年に『Star Wars』30周年を記念して、
ローズパレードに参加したトルーパーたち。
 
イメージ 5
ルーカスがこのパレードのために、
世界各国からSWファンのトルーパーたちをアメリカに招待。
 
 
イメージ 6
見えていませんが、この後ろのフロート上にはルーカス自身も登場。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特別映像「ジョージ・ルーカスとの対話」Part.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、世界的に有名だった日本の俳優、三船敏郎は
ジョージ・ルーカスから『スター・ウォーズ/エピソード4』の、
ダース・ベイダー役、又はオビ=ワン・ケノービ役のオファーがあったが断っている。
 
後に『スター・ウォーズ/エピソード6』(1983年)のダース・ヴェイダーの素顔の
アナキン・スカイウォーカー役をオファーされているが
これも辞退した、とのことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月16日から一般公開される前日の15日の夜に、
銀座のTOHOシネマズ日劇で行われた前夜祭に行きました
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
3D上映された『エピソードI /ファントム・メナス 』。
 
 
 
STAR WARS ファンの中でも、最も人気の無い作品ですが、
みんなで観れば面白い、っていうもんですね
 
 
 
 
 
イメージ 2
会場の外はすでに、メディアの他にもグッズ販売や
ファンの人たちで盛り上がってました
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
会場のTOHOシネマズ日劇。
大型スクリーンで観れるのが嬉しいかぎり
 
 
 
 
 
イメージ 4
ベイダー卿やトルーパーたちは欠かせませんね
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
ロビーにはライトセーバーが光る
この日のために持ってきてるんですね。
 
 
 
 
 
イメージ 7
館内が暗くなり、この冒頭が出るとみんなが大拍手
 
 
 
 
 
イメージ 8
ジョン・ウィリアムスの音楽と共にtタイトルが出ると、
会場内は大歓声
 
 
 
せっかくエピソードⅠを観たから、
全エピソードが3Dで劇場公開されるのなら観ようかな、と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
15日のTOHOシネマズ日劇のみ、観客全員に
復刻された公開当時のチラシ6枚セットがもらえました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

宇宙要塞とハロ。

 
イメージ 1
 
『スター・ウォーズ』 エピソードⅣとⅥで登場した初代デス・スターⅠとデス・スターⅡ。
 
 
世界で最も有名な宇宙要塞ですね。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
エピソードⅥで登場した建設中のデス・スターⅡ。
 
直径は160KM、乗員は200万人。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
宇宙要塞ハロ。
建設中。
 
 
 
なんか面白いのでネット検索で拾いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
 
『STAR WARS』に登場する
任務と命令に忠実な共和国軍の兵士たち。
 
 
 
 
クローン大戦では銀河各地で大活躍。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ジェダイ騎士に率いられ、
共和国軍の万能な兵士として戦場に送り込まれたトルーパー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
恐れを知らずに勇敢に戦います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
兵士としての優秀さと必要性が認められ、
さらに大量生産され多くのクローン軍団が編成。
銀河各地の戦場へ送り込まれていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
212突撃大隊のトルーパー。
 
左側には倒れた仲間を介抱するトルーパーも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
真ん中にいるのは212突撃大隊指揮官のコマンダー・コーディ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
スピーダーバイクに乗るトルーパー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
91偵察部隊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
41偵察部隊。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
ヨーダとコマンダー・グリー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
327大隊とコマンダー・ブライ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
ギャラクティック・マリーン部隊とコマンダー・バカラ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
オーダー66(ジェダイ抹殺命令)を受けるコマンダー・コーディ。
 
 
 
 
 
任務と命令に忠実だからこそ、
感情を持たずに淡々とジェダイ騎士を粛清していきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
ジェダイテンプルに、501大隊を率いて進撃する
ダークサイドに落ちたアナキン・スカイウォーカー。
 
 
 
 
 
 
ジェダイ騎士と共に共和国が滅亡し、
銀河帝国の幕明けがはじまる
 
 
 
 
 
 
共和国を守るためのクローン軍団が
銀河帝国を支える主力となったとさ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エピソードⅡ、Ⅲでたくさんのトルーパーが登場しますが、
クローン・トルーパーはCGで製作されたので、
実際には俳優が着用するための装甲服や武器などは製作されていないそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事