★ガンダム Unicorn

[ リスト | 詳細 ]

『ガンダム ユニコーン』がテーマです。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


久しぶりにお台場へ行って、

ダイバーシティのユニコーンガンダムも見てきました




イメージ 1





イメージ 2
等身大はカッコイイですね



ちなみにこちらは、以前のガンダム

イメージ 3




イメージ 5
ダイバーシティ内にある「ガンダムベース」



イメージ 4
OPENして1周年

アジア観光客の大量買いが多い印象でした。

ガンダムファンでせっかく来日したのなら、
ここでしか買えない限定商品は魅力的





イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8
商品の割引はありませんが、
全商品が陳列されてるのは圧巻ですね



イメージ 9
MSVシリーズは、箱絵に戦場の物語性があってさすが




イメージ 10
今も売れるのかと不思議なくらいのものまで。



イメージ 11



イメージ 12




イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15





イメージ 16
この帽子に、一番反応してしまいました













ユニコーンガンダム建設中 in お台場 ① 





.









イメージ 1


9月に入ってから、いよいよ完成も近いユニコーンガンダム









イメージ 2


たまたま搬入ゲートが開いたので全身を撮影

よく見ると、まだ足首から下が取り付けられてません。

これはコレで、なかなか見れない貴重な風景。







イメージ 3


今回は、顔がデストロイモードになってました

脇腹の位置にいる作業員

せっかくだから、メカニックマン風の作業着を支給して、
着てくれていればさらに盛り上がるはず







イメージ 4


こちらは、前回 撮影した時のユニコーンモードの顔。








イメージ 5


脚部にマーキング貼り中。

まさにガンプラと同じデカール貼り








イメージ 6


2017年 9月24日(日)に公開とのことで、

どんな発光と動きをするのか楽しみですね









イメージ 8











イメージ 7


青空に白い機体が映えます













イメージ 5






























.





 イメージ 1
8月も後半になると、けっこう出来上がっている ユニコーンガンダム


以前あったファーストガンダムと同じ場所。









イメージ 2

作業中が見られる光景も、完成前の今ならではかも。



ユニコーンガンダムを立像にまでするゴリ押しって、面白い作品だったけど そんなに人気があったの??

って思ってしまいましたが、 目の前で見るとカッコイイです




イメージ 3

人との対比で大きさがわかりやすい

まさに整備するメカニックマン








イメージ 4

背面がカッコイイです











こちらが以前あったガンダム立像


イメージ 5


ガンダム40周年には、動く仕様で復活するらしいので、とても楽しみですね










.
 
 
 
 
六本木ヒルズのTOHOシネマで開催された
『ガンダムUC EP6』コメンタリー上映会に行きました
 
 
 
 
古橋一浩(監督)、
福井晴敏(ストーリー)、
むとうやすゆき(脚本)、
小倉信也(設定考証)、
小形尚弘(プロデューサー)
が来場し、
ep6の上映を観賞しながら解説を聴くというもの。
 
 
 
 
 
シナンジュを後ろからビームサーベルで斬りかかる
ジェガンのパイロットの名前は、ガンダムのゲームに登場するキャラクターで、
ちゃんとこの年代まで生きているであろう人物を考えた。
脱出ポッドを拾ったジェガンのパイロットも同様にゲームのキャラクターから。
2人とも台詞さえ無いがそこまで考えたそうです。
 
脱出ポッドがピンク色なのは、宇宙空間でも見つけられやすいから、
色彩の人が言ってたそうです。
 
 
 
 
 
『逆シャア』のシーンを使用する際には、
富野監督が「ダメ。」と最初は言われましたが、
「好きにすれば。」と言ってくれました。
 
 
 
 
濃い話しはそんなにありませんでしたが、
小話がたくさんあってなかなか面白いイベントでした
 
 
 
福井氏は、アンジェロ役の声を、
絶妙で素晴らしいととても褒めていました。
 
 
 
来年はガンダム35周年でもあるし、ep7は楽しみにしていて下さい、
とのことでした
 
ほんと楽しみですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

デルタプラス Box Art

イメージ 1
MG 
「DELTA PLUS」
 
 
 
2011年発売
 
 
定価¥4,725
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
百式+Z系の可変技術を組み合わせた
量産機として設計された試作機。
 
 
 
デザインはカトキハジメ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
HGUC
 
 
 
 
 
2010年発売
 
 
 
 
定価¥2,310
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネェル・アーガマ格納庫のMSたち。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事