気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの
傑作『奇術師』を、「メメント」「ダークナイト」のクリストファー・ノー
ラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンス。マ
ジックに人生の全てを捧げる2人の天才マジシャンが、壮絶な確
執を繰り広げた末に行き着く驚愕の顛末を幻想的かつトリッキー
に描き出す。主演は「X-MEN」シリーズのヒュー・ジャックマンと
「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。

19世紀末のロンドン。華麗かつ洗練されたパフォーマンスで魅せ
る“グレート・ダントン”ことロバート・アンジャーと、天才的なトリッ
クメイカー“ザ・プロフェッサー”ことアルフレッド・ボーデン。2人の
マジシャンは、修業時代から互いを認め合いマジックの腕を競い
合っていた。しかし、アンジャーの妻が脱出マジックに失敗して命
を落とすと、その原因がボーデンにあったことから、アンジャーは
彼への復讐に取り憑かれていく…。
イメージ 2
コダワリ監督クリストファー・ノーランの演出だけあって凝りに凝
った内容なんですが、観終わった後に、何か“水と油”のような違
和感が感じられる作品でした。その理由を、色々と考えてみると、
やはり「キャスティングと人物設定が逆ではなかったのか…?」
という思いからです。

方やセンス溢れる、華麗なマジシャンで、実は貴族の身分を持つ
アンジャーと、地道な生活・手堅い家族を持ち、教授と呼ばれるボ
ーデン。その才能とトリックに嫉妬するのはボーデンの方が物語
はシックリとくるような気がするのですが…。妻を殺されたと思い
込み、相手のトリックに執着するヒュー・ジャックマンが どうも様
にならなかったというのが本音です。
イメージ 3
嫉妬に悶え苦しむ善良な男の役はクリスチャン・ベイルで、嫉妬
される程 “秘密のネタ”を持つ天才マジシャンこそ、ヒュー・ジャ
ックマンが適役ではなかったでしょうか? その引っ張ったネタ
が“双子”では、最初からバレバレじゃないですか^^; ただ最後
の水槽シーンは「エイリアン」か「マトリックス」を彷彿とさせられ、
なかなか不気味で良かったです^^

「プレステージ」(2006年)
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
製作 クリストファー・ノーラン
原作 クリストファー・プリースト 『奇術師』 (ハヤカワ文庫)
出演 ヒュー・ジャックマン  (ロバート・アンジャー)
    クリスチャン・ベイル  (アルフレッド・ボーデン)
    マイケル・ケイン     (カッター)
    スカーレット・ヨハンソン(オリヴィア)
    パイパー・ぺラーボ   (ジュリア・マッカロー)
    レベッカ・ホール     (サラ)    
    アンディ・サーキス   (アリー)
    デヴィッド・ボウイ    (ニコラ・テスラ)
イメージ 4

閉じる コメント(34)

kuuさん、私は逆のキャスティングが絶対にお勧めです。ただし、少し役の背景をいじらなきゃなりませんが…

2009/5/26(火) 午後 6:36 やっくん

Cartoucheさん、私はクリストファー・ノーランの作品好きなんですよ♪「ターミネーター4」も楽しみです!

2009/5/26(火) 午後 6:38 やっくん

かぼちゃさん、お返しありがとうございます。凄い対決でしたね♪

2009/5/26(火) 午後 6:39 やっくん

choroさん、マジックは結構昔から人気があったんでしょうねぇ〜!今ほどネタもバレてなかったろうし…

2009/5/26(火) 午後 6:41 やっくん

恋さん、執念、嫉妬、生き様、信念、いろいろなものが詰まった華麗なる対決でした♪

2009/5/26(火) 午後 6:43 やっくん

顔アイコン

ペンギンさん、クリスチャンとベイルの関係の深さから、希望のボーデン役ゲットということだったのでしょうか?まあ「ダークナイト」での悩めるヒーローを見ると、なお更逆の方が良かったような…

2009/5/26(火) 午後 6:47 やっくん

顔アイコン

もくれんさん、いい男2人の対決は、刺激的でした…^^

2009/5/26(火) 午後 6:48 やっくん

顔アイコン

minaさん、やはりアンジャーの妻が溺死した事件から、全てボタンが掛け違ったんでしょう…

2009/5/26(火) 午後 6:49 やっくん

顔アイコン

くみょんさん、ねっ!いいアイディアでしょう?

2009/5/26(火) 午後 6:50 やっくん

顔アイコン

くるみさん、そうそう!スカちゃんの扱いが寂しい!!!もっと出して欲しかったねぇ〜♪

2009/5/26(火) 午後 6:51 やっくん

なるほど!衣装の暗さもあって、二人の見分けがつきにくかったんですよね〜確か。今見たら逆パターンっていうのも面白そうだね〜
こちらからもトラバさせてください。

2009/5/26(火) 午後 9:15 mrt

ラストの最大のトリックには、非現実的でえ〜っとなりましたが、映画としては面白かったです。二人の壮絶なバトルには目を見張りました。

2009/5/27(水) 午後 1:59 nobuko

ご都合主義の展開が気になりましたが…エンターテイメントとしては楽しめたと思います。時代背景が19世紀ということで、良くも悪くも何か陰のある時代…そんな雰囲気がこの作品にあっていましたね。
こちらからもTBさせてくださいね。

2009/5/27(水) 午後 7:54 マミ

mrtさん、逆パターンは、私のお勧めです。今度試してみてねぇ〜!?

2009/5/27(水) 午後 9:47 やっくん

アスランさん、ラストのネタばらしは、方やSFで、方や双子って、これアリ!?

2009/5/27(水) 午後 9:52 やっくん

マミさん、まあ時代が19世紀で、内容がファンタジーですからね…
「パフューム ある人殺しの物語」みたいなもんでしょう〜^^

2009/5/27(水) 午後 9:55 やっくん

本当ですね。逆パターンはありかもですね。
映画を観ているときは考えもしなかったです。
ヒューって多才な人ですよね〜
ヒューもベールも魅せてくれて楽しめました。
TB返しさせてくださいね。

2009/5/30(土) 午前 9:33 [ ake*omy*ujo*3 ]

明星さん、ヒュー・ジャックマンの多彩ぶりには脱帽です!
最近では、ケヴィン・スペイシーに匹敵するキャラだと思う…^^

2009/5/31(日) 午後 11:44 やっくん

確かに・・・憎悪に満ちた男にしては、いい男過ぎかも・・・。
唯一、愛してくれた妻を奪われ、マジックなしでは生きていけない不細工な男のほうが、リアルで良いかも・・。
結局は影武者という部分も意外性のない結末でしたね。。

2009/6/21(日) 午後 8:56 sei

seiさん、それはありましたね…^^; 特にアンジャーの方は不細工でないと何か締まりません!

2009/6/21(日) 午後 10:57 やっくん

開く トラックバック(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事