気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督
が、インドを舞台に撮り上げたバイタリティに満ちあふれた
社会派エンタテインメント大河ラブ・ロマンス。原作はヴィカ
ス・スワラップの『ぼくと1ルピーの神様』。日本でもお馴染
みのクイズ番組で史上最高額まであと1問と迫ったスラム
育ちの青年の波瀾万丈の生い立ちを躍動感いっぱいに描
く。世界中で数々の映画賞を獲得し、ついにアカデミー賞で
作品賞を含む最多8部門を受賞する快挙を成し遂げた!

インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ム
ンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、つ
いにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り一問までやっ
て来た。ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にし
ようとしたジャマールは、イカサマの容疑で、警察に逮捕さ
れてしまう。八百長を疑う警察は、執拗な尋問と拷問を繰り
返す。ジャマールは自らの過酷な人生を語り始める…。
イメージ 2
今頃になっての感は否めませんが、 2008年度のアカデミ
ー作品・監督・撮影・編集・脚色など8部門を独占受賞。そ
の他、英国アカデミー、ゴールデングローブ、放送映画批
評家協会賞など、全世界で数々の賞を受賞しています。し
かし、このタイプの映画が、オスカーを受賞する時代がきた
んですねぇ!? 舞台は、インドの貧民(スラム)街だし、出
演している俳優もほとんどがインド人ですよね…時代は変
わったんだなぁ!

それもこれも、名監督ダニー・ボイルの為せる業か…?確
かに、オープニングからの回想シーンと現在進行形との交
差させ方や、貧しいながらも強く逞しく生きる若者達の疾走
感など、演出の妙味が垣間見られますが、オスカー8部門
までの映画かと言えば、若干微妙な感じもしない訳ではな
い…。 “クイズで全問正解すれば、ヤクザの親分の女を取
っても、無罪放免なのか?”
イメージ 3
でも、最後の全員で音楽(これもオスカー受賞曲“Jai Ho”)
に合わせて踊りだすエンディングは、インド映画(「踊るマハ
ラジャ」みたいな…)っぽくて、なかなかいいんじゃない〜^^

「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)
監督 ダニー・ボイル
製作 クリスチャン・コルソン
脚本 サイモン・ボーフォイ
原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』
音楽 A・R・ラフマーン
出演 デヴ・パテル        (ジャマール・マリク)
    フリーダ・ピント       (ラティカ)
    マドゥル・ミッタル      (サリーム・マリク)
    アーユッシュ・ケーデカー(ジャマール・マリク:幼少期)
    ルビーナ・アリ        (ラティカ:幼少期)
    アズルディン・イスマイル (サリーム・マリク:幼少期)
    イルファン・カーン     (警部)
    アニエル・カプール    (プレーム・クマール)
イメージ 4

閉じる コメント(42)

mEさん、そうそう!思ってたのとは、ちょっと違ってた^^;
まあ、ある種の“おとぎ話”サクセスストーリ−でしたね♪

2010/7/27(火) 午後 8:38 やっくん

cartoucheさん、そうでしたね♪
社会派だけでなく、エンタメ、ミュージカルなど色々な要素を評価されてのオスカーでしょうか?

2010/7/27(火) 午後 8:40 やっくん

syowさん、貧困や、階級社会、蔓延る犯罪など、負の部分が多いも現実なんでしょうね…

2010/7/27(火) 午後 8:42 やっくん

フェイさん、
『二兎を追う者が、二兎とも得る』的なエンディングでしたが、ここまでの苦労を考えると、
それもアリかな…という気はしますね^^ 最後のダンスは抜群にセンスいいです♪

2010/7/27(火) 午後 8:46 やっくん

もっさん、中国に負けない人口、日本に似ている勤勉さ、インド恐るべしです…^^

2010/7/27(火) 午後 8:48 やっくん

ポニーさん、“ファイナル・アンサー?”
あのインド版みのもんたも、いやらしかったですが、クイズありきの映画でホッとした!?

2010/7/27(火) 午後 8:50 やっくん

たくさんの賞を撮った作品でしたが、それに見合う、色々な要素がつまった作品でしたね。重苦しいないようなはずなのに、なぜだかワクワクしていました!
こちらからも、TBさせてくださいね。

2010/7/27(火) 午後 11:31 マミ

ラストのダンスは、私も、好きです!
見た後が、明るくなって、高揚感がありますよね〜(^^)

2010/7/29(木) 午後 5:08 kuu

アバター

エンタメ性がありながら社会問題もちゃんとおさえてましたね。
そそ、ラストのダンスはもろインド映画の雰囲気でしたよね。
TBお返しさせてもらいますね。

2010/7/29(木) 午後 7:56 くみょん

マミさん、新興国インドの勢いとパワーを感じさせてくれる作品ではありましたね!
アカデミー主要8部門受賞には、正直ビックリしましたが…^^

2010/7/29(木) 午後 9:24 やっくん

kuuさん、ラストのマハラジャ・ダンスで、それまでの悪いものや、悲惨な過去がスッキリと洗い流された感じがします^^

2010/7/29(木) 午後 9:26 やっくん

くみょんさん、メインは社会問題?恋愛?それとも“ファイナル・アンサー?”

2010/7/29(木) 午後 9:27 やっくん

アバター

私は先に原作を読んでとてもよく出来た話だと感心したのですが、映画は思ったよりエンタメ色が強くて、確かにオスカー向きなのかどうかは疑問だったような気が・・・^^;
でもインドの情熱と前向きな勢いには圧倒されましたね!

2010/7/29(木) 午後 10:21 choro

こういう作品が作品賞を受賞するというのも新鮮でいいです^^
3つの要素を絡ませた構成はお見事でしたよね〜
ラストの群舞も躍動感たっぷりで良かったです(^ー^)
こちらからもトラバさせてくださいね♪遅くなってごめんなさい〜

2010/7/30(金) 午後 11:49 じゅり

choroさん、確かにエンタメ要素はありましたね…恋愛部分がクローズアップされてたり…
話の辻褄や、オスカー最多受賞には首を傾げる部分もありましたが、作品の勢いはあったな!

2010/8/1(日) 午前 7:44 やっくん

じゅりさん、ただ、画期的な受賞だったことは、やはり否めないですよね!
ボリウッドにアカデミーねぇ〜!スゴイ時代になったもんです♪

2010/8/1(日) 午前 7:46 やっくん

インドのスラム街の実態をエンタメ性を絡め見せてくれて、新鮮でした。
オスカーも堅いというイメージを払拭したいのかも。
TBさせてくださいね。遅くなってごめんなさい。

2010/8/1(日) 午前 10:57 pu-ko

pu-koさん、事前レースでは、大本命だったですよね!?
ハリウッドでの噂でも最有力とされていた時点で、決まりだったのでしょう^^
完全に、イメージは払拭されたと言っても過言ではないでしょう!

2010/8/1(日) 午前 11:33 やっくん

アバター

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ハードな内容の割には大ハッピーエンドでしたね〜。
シビアなないようだからこそ、最後でフィクションにしちゃったところが良かった気がします!
TBお返しさせてくださいね。

2010/10/3(日) 午後 8:37 木蓮

最後は、歌って踊れば、何でもハッピー♪
これも、インドっぽくっていいんじゃない〜^^

2010/10/3(日) 午後 10:52 やっくん

開く トラックバック(17)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事