気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチ
オ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネ
スト・“チェ”・ゲバラの人物像と その半生に迫る伝記ドラ
マ2部作の前編。 本作ではゲバラがフィデル・カストロと
出会い、キューバ革命闘士として躍進するまでを描く。ま
た、入念な役作りのもと、ゲバラを熱演した ベニチオ・デ
ル・トロは、カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した。

1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医師エルネス
ト・ゲバラ。 南米大陸の旅を続ける彼はラテン・アメリカ
の貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。 そん
なゲバラはある日、 独裁政権に牛耳られた祖国キュー
バで 平等社会の実現を目指す反体制派のフィデル・カ
ストロと出会い意気投合する。 そして、政府軍に反攻す
る彼らの作戦への参加を決意するゲバラだったが…。
イメージ 2
この作品、「28歳の革命」と 次作の「39歳 別れの手紙」
の2部作。まさにベニチオ・デル・トロのライフワークとい
うか渾身の作品ですね! ただ、1967年生まれの彼は、
「39歳 別れの手紙」の撮影時は40歳くらいなので、ほぼ
実年齢通りだったですが、「28歳」はちょっと無理があっ
たかな^^; 「トラフィック」で オスカーを受賞した頃だった
ら30代前半だったからまだ良かったかも…?

しかし、“チェ・ゲバラ” は未だに革命の『ヒーロー』です
よねぇ〜! カストロがその後権力の座に就いて、 最近
では“老い”のニュースが見受けられるのとは対照的に、
生涯を『革命』に捧げた、まさにラテン・アメリカ各国にと
っての【救世主】のまま、 私たちの心に“永遠に”行き続
けているようです。
イメージ 3
革命を達成した後の、NYでのインタビュー、 国連での
演説がカットインする構成は、さすがソダバーグ監督!
という演出でしたね〜^^ ベニチオの“咳き込む”演技も、
“素顔”のゲバラを見られたような気がして…個人的に
は良かったです♪

「チェ 28歳の革命」(2008年)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ
製作 ローラ・ビックフォード、ベニチオ・デル・トロ
脚本 ピーター・バックマン
音楽 アルベルト・イグレシアス
出演 ベニチオ・デル・トロ      (エルネスト・チェ・ゲバラ)
    デミアン・ビチル        (フィデル・カストロ)
    サンティアゴ・カブレラ    (カミロ・シエンフエゴス)
    エルビラ・ミンゲス       (セシリア・サンチェス)
    ジュリア・オーモンド      (リサ・ハワード)
    カタリーナ・サンディノ・モレノ(アレイダ・マルチ)
    ユル・ヴァスケス        (アレハンドロ・ラミレス)
    ウラジミール・クルス     (ラミロ・ヴァルデス)
    ロベルト・サンタナ       (フアン・アルメイダ)
    ロドリゴ・サントロ        (ラウル・カストロ)
イメージ 4

閉じる コメント(30)

フェイさん、デル・トロの“チェ”良かったですよね^^
私も、もちろん後編も観ています!日本いうと龍馬か…
お互い、若くして、道半ばで、死んでるしねぇ〜!?

2010/9/4(土) 午後 1:54 やっくん

syowさん、私も5月頃だったかな?
撮ってあったものを、ようやく8月に観ることができました^^;

2010/9/4(土) 午後 1:55 やっくん

ちいずさん、観てる? そして、まだ書いてない?
それは、いけません…早速、書きましょう^^

2010/9/4(土) 午後 1:56 やっくん

くるみさん、そうですねぇ〜!
私も、間髪入れず、前後編を連続で観ることができました^^

2010/9/4(土) 午後 1:58 やっくん

もっさん、次も観ました^^

2010/9/4(土) 午後 2:00 やっくん

cartoucheさん、確かに歴史を知らないと分かり難い部分はありましたね…
でも、細かいことは抜きで、“伝説を”楽しみましょう^^

2010/9/4(土) 午後 2:02 やっくん

PONYさん、まあ最後は、勝利終わりますからね…盛り上がりました!

2010/9/4(土) 午後 2:03 やっくん

マミさん、やはり“一生に一度のハマり役”みたいなのって、ありますよねぇ〜!
デル・トロ=ゲバラ、モーガン・フリーマン=マンデラ大統領、F・S・ホフマン=T・カポーティ

2010/9/4(土) 午後 2:06 やっくん

choroさん、写真で見ても格好いいもんねぇ〜♪
それは、日本の龍馬も同じ!?福山雅治だけんね…(^_-)-☆

2010/9/4(土) 午後 2:07 やっくん

minaさん、後半の39歳は、まさにぴったりハマってましたね^^

2010/9/4(土) 午後 2:08 やっくん

アバター

ソダーバーグはいろんなタイプの作品を作ってるけど、これは力が入っている感じでしたね。
TBお返しさせてもらいますね。

2010/9/5(日) 午前 8:46 くみょん

くみょんさん、「オーシャンズ」みたいな娯楽作品も悪くはないんだけど、
やはり「チェ」2部作、「トラフィック」は秀逸でしたね♪

2010/9/7(火) 午前 3:59 やっくん

なかなか格好いいと思ってた私はすっかり騙されてたんですね〜そか、評判悪かったのは年齢的なことだったのね(笑)
それにしても・・・すごいカリスマでした。
こちらからもトラバさせてください。

2010/9/10(金) 午後 1:02 mrt

そうですね。28歳にはみえないですよね。
ソダーバーグは苦手なんですけど・・これはゲバラ作品色々みてたので、絶対みたいと思ってました。これはゲバラについて予備知識ないとヘ?という感じかもしれないです。TBお返ししますね

2010/9/11(土) 午後 3:15 LAGUNA

mrtさん、いやいや、相当ダイエットして役作りしたようですから、大したものです!
評判もそんなに悪くはないんじゃないのかなぁ〜!?

2010/9/11(土) 午後 8:10 やっくん

らぐなさん、ソダーバーグは苦手ですか…^^;
でも、これはなかなかの力作ではありましたよねぇ〜!?

2010/9/11(土) 午後 8:12 やっくん

ゲバラについてはちゃんとしたものを観たい、と常々思っておりました。これはとても丁寧に描かれているとかで、観れてホントによかったです。トラバさせて下さいませ。

2010/9/17(金) 午前 0:03 恋

恋さん、これで“ゲバラ”の真実というか、現実はだいぶ分かったような気がします。
『モーターサイクル』での青春、『28歳』の革命、そして『39歳』の別れ…。

2010/9/18(土) 午後 9:40 やっくん

アバター

革命ってこういうことなんだ!ってわからせてもらった気がします!
私心のない純粋な革命ですね。
ゲバラが若者のアイコンになるのもわかる気がします!
こちらもTBさせてくださいね。

2010/10/2(土) 午後 10:49 木蓮

今も世界の何所かで、このような戦争・戦闘が続いているのは悲しいことです…
自由、平等、そして信念のために、生涯を捧げたゲバラ!心に刻まれました♪

2010/10/2(土) 午後 11:24 やっくん

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事