気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
戦後日本を代表する芸術家、岡本太郎の生誕100年を記念
して彼の波乱万丈の人生を描いたたドラマ「TAROの塔」を
ドラマ化。岡本太郎役には、劇団『大人計画』主宰の俳優で、
脚本・演出家でもある松尾スズキを抜擢。 製作会見で松尾
は 「『芸術とは心地よくあってはならない』という太郎さんの
考えを反映させ、役に取り組んだ」と話した。
 
昭和42年、「大阪万博」の開催を控え「人類の進歩と調和」
というテーマを具現化するプロデューサーとして、岡本太郎
に白羽の矢が立つ。アバンギャルドの旗手として時代の先
端を走る太郎にとって、 『万博』という国家プロジェクトは無
のことであった。就任を迷う太郎の脳裏に、母・かの子の
憶がよみがえる…。
 
イメージ 2
 
このドラマ楽しみにしてたんですよねぇ〜 まず、岡本太
郎の人生そのものに興味があったし、 また、東京青山こど
もの城のモニュメント『こどもの樹』や、浦安運動公園にあ
『躍動の門』、渋谷マークシティの『明日の神話』など、結構、
岡本作品は印象的ですからね…。その中でも、群を抜いて
いるのが、やはり『太陽の塔』でしょう。
 
『太陽の塔』は、ご存知1970年に大阪吹田市で開催され
日本万国博覧会のシンボル・モニュメントです。この万博
1963年に開催された東京オリンピックによって、 日本の
後は復興したと言っても過言ではないのでしょうから……。
れに何より、この松尾スズキの岡本太郎がソックリでし
 
イメージ 3
      [太陽の塔]
 
松尾だけでく、 母・かの子役の寺島しのぶ、養女(事実上
の妻)敏子役の常盤貴子など演じる俳優人も魅力的です。
ただ、震災の影響で第3回放送がブッ飛んでしまい、先週
の放送を見逃したんですが、BSで再放送がありました
明日は、いよいよ最終回です

NHK土曜ドラマ「TAROの塔」(2011年2月26日〜4月2日)
脚本 大森寿美男
製作 訓覇 圭、出光有三、北村信彦
演出 梛川善郎、福井充広
音楽 美輪明宏 『水に流して』
出演 松尾スズキ  (岡本太郎:壮年期)
    常盤貴子   (岡本敏子)
    寺島しのぶ  (岡本かの子)
    田辺誠一   (岡本一平)
    濱田 岳    (岡本太郎:青年期)
    成宮寛貴   (堀口茂治)
    カンニング竹山(小松左京)
    山崎 一    (藤川昇一)
    正名僕蔵   (栗原智也)
    平田 満    (大貫寅吉)
    余貴美子   (大貫アイ)
    小日向文世  (丹下健三)
    西田敏行   (坂崎康造)
 
イメージ 4
      [明日の神話]

閉じる コメント(4)

顔アイコン

おんにちわ、TBありがとうございました。
すごいドラマでしたよね。
キャスティングも最高でした。
たくさんの人に見て欲しいドラマです。また再放送しないかなぁ・・

2011/4/3(日) 午前 9:41 [ きこり ]

きこりさん、コメント&TBありがとうございます♪
本当に素晴らしドラマでした!震災で中断はしましたが、
3話、4話を見逃さないで良かった^^

2011/4/3(日) 午後 10:36 やっくん

顔アイコン

松尾スズキのそっくりぶりに期待していましたが、
いやー、素晴らしいドラマでした。期待以上でした。
何が素晴らしいって、岡本太郎の活躍には
岡本敏子の尽力が欠かせなかったわけですが、
そこをしっかり描いていたところ。
そして、戦後史の一ページとして岡本太郎を位置づけていたところ。
NHKはこれだけしっかりしたドラマを作れるんだから、
日曜8時もしっかりしてほしい(笑)。

2011/4/29(金) 午後 2:59 [ 鉄平ちゃん ]

鉄平ちゃん、松尾スズキの岡本太郎、常盤貴子の岡本敏子、寺島しのぶの岡本かの子!
美術界のアバンギャルド、芸術界の革命児、生誕100年を記念すべき作品になりました(^^)/

2011/4/30(土) 午後 9:24 やっくん

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事