気まぐれ Walker

フカヒレ、胡椒餅、マンゴー、かき氷、豆花、魯肉飯、小籠包、タピオカ、フルーツ、海鮮…台湾グルメを召し上がれ♪

全体表示

[ リスト ]

「告白」(2010年)

イメージ 1
 
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセ
島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復
讐劇。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰
り広げる復讐の顛末が、事件に関わった登場人物たち
それぞれの視点から 緊張感あふれるタッチで綴られて
たか子、共演に岡田将生、木村佳乃。
 
とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、
ある告白を始める。 数ヵ月前、 シングルマザーの森口
学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死
した事件は、警察が断定した事故などではなく、この
ラスの生徒、 犯人Aと犯人Bによる殺人だたと。 そ
て、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではな
く、自分の手で処罰すると宣言するのだった…。
 
イメージ 2
 
この年2010年の邦画は“当たり年”でしたね。 伊坂幸
湊かなえ『告白。特に悪人「告白」は原作も、映
画も秀逸な出来映えでした ただしその作風は正反
悪人が人間の情や怨念を露わにさらけ出してい
るのに対し、「告白」は徹底的に感情を排除し、主人公
の女教師は冷徹なまでに“復讐”を実行していきます。
 
ある意味、悪人以上に人間の嫌な部分がさらけ出さ
れ、ゴールデンスランバー以上に世の中が怖くなる。
主演の松たか子にとっても女優人生でターニング・ポ
ントとなった作品でしょう。中島哲也監督の熱烈なオ
ァーに応えての出演だそうです。 岡田将生、木村佳
も嫌な役を熱演しましたね
 
イメージ 3
 
しかし、現代の教育現場の荒廃は凄まじいものがあり
ます。生意気なクソガキにモンスター・ペアレンツ。こ
れじゃあ教師は持たないよ…  映画を観終わった後
は決していいものではありませんが、この年の№.1
画であることは間違いなしです
 
 
「告白」(2010年)
監督 中島哲也
製作 島谷能成、百武弘二、吉田眞市 他
脚本 中島哲也
原作 湊かなえ 『告白』 (新潮文庫)
音楽 レディオヘッド 『Last Flowers』
出演 松たか子   (森口悠子)
    木村佳乃  (下村優子)
    岡田将生  (寺田良輝)
    西井幸人  (渡辺修哉)
    藤原 薫  (下村直樹)
    橋本 愛  (北原美月)
    山口馬木也(桜宮正義)
    芦田愛菜  (森口愛美)
 
イメージ 4

閉じる コメント(44)

ポニーさん、ホントそうですよねぇ〜!
『告白』『悪人』は読まないわけにはいかない、観ないわけにはいかない作品でしたね(^_-)-☆
同じく洋画派の僕としても…(^^ゞ

2011/11/27(日) 午後 5:25 やっくん 返信する

くるみさん、
原作も一気読みでしたが、映画も2時間を切るコンパクトサイズ!
当然、一気観でしたよねぇ〜♪(映画なんで当たり前か…^^ゞ)

2011/11/27(日) 午後 5:26 やっくん 返信する

松子も、パコも、結構好きだったので、これも楽しみにしたいたら、いままでの作品とは内容も映画の雰囲気も全然違ったので驚きました。これは話題になるのも納得の作品ですね。監督の次回作が楽しみです。TB,お返しさせて下さい☆

2011/11/27(日) 午後 9:12 A☆co 返信する

原作の悪意をどのように映像化するのか興味がありましたが、最初の教室のシーンからピタッとはまりましたね。

松さん、木村さんの演技力は定評がありましたが、岡田クンの演技に「へえ〜」と思いました。「悪人」でも本当に嫌な役柄をちゃんと演じていましたね。

湊さんの「贖罪」が1月からWOWOWでドラマ化されます。こちらも興味津々です。

2011/11/27(日) 午後 10:45 メロディ 返信する

キャスティングも素晴らしかったですね。
松さんがこの作品を観るまではあまり好きではなかったのですが、役柄と相反して、一気に高感度UPしました。
こちらからもTBさせてくださいね。

2011/11/28(月) 午前 0:02 マミ 返信する

原作の後味も良くなかったので、映画も観てないです〜
なんか、気持ち落ちそう (;¬_¬)
観るなら時期を選ばないと。

2011/11/28(月) 午後 1:23 月 返信する

A☆coさん、
これまでの作品とは系統が違いましたが、中島演出見事でしたね♪
色彩マジック、女優を鍛える腕も“超一流”の監督です…(^J^)

2011/11/29(火) 午後 5:41 やっくん 返信する

メロディ♡さん、
そうでした!教室での森口悠子の独白シーンからグイグイ惹き込まれました♪
中島演出に、女優・俳優陣もよく応えて演技しましたね〜(^_-)-☆

2011/11/29(火) 午後 5:44 やっくん 返信する

マミさん、そこが中島監督のスゴイところでしょう…
「嫌われ松子」で中谷美紀、「パコ」でアヤカ・ウィルソン、
そして、「告白」で松たか子が一皮むけました\(^o^)/

2011/11/29(火) 午後 5:46 やっくん 返信する

Tukiさんは、原作ダメでしたね…
無理強いはしませんが、映画はそこまでエグくはないかと(^^ゞ

2011/11/29(火) 午後 5:48 やっくん 返信する

アバター

松たか子の演技に背筋がゾクゾクしました〜。
映画&原作でとらば〜

2011/11/30(水) 午後 2:38 みんみん 返信する

原作のインパクトがすごかったので、映画は、どうかなと思ったら、映画も、なかなかの存在感でしたね〜。
芦田愛菜ちゃんが出てたのね〜。

2011/11/30(水) 午後 4:37 kuu 返信する

アバター

原作もですが、すごいインパクトの作品ですよね。
キャストも皆体当たり的な演技で頑張っていました。
しかし怖かったです。
遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

2011/12/2(金) 午後 7:19 choro 返信する

みんみんさん、トラバありがとうございます♪
遅まきながら、お返しに伺いますねぇ〜!

2011/12/2(金) 午後 8:23 やっくん 返信する

kuuさん、映画も原作もなかなかでしたねぇ〜!
「告白」といい、「悪人」といいクォリティ高いですね♪

2011/12/2(金) 午後 8:25 やっくん 返信する

choroさん、原作、脚本、監督、演技者と全てにクォリティが高い作品でした(^^)/
この“怖さ”を表現した松たか子の演技力も素晴らしかったですね(^_-)-☆

2011/12/2(金) 午後 8:26 やっくん 返信する

アバター

役者さんたちの演技がみんなよかったですよね。
感情を抑えた松さんや、嫌な母親の木村さんに、トンデモな教師の岡田君。
個人的に、歌って踊るシーンだけがちょっと気になってしまいましたが…(^o^;
こちらからもTBさせてくださいね^^

2011/12/6(火) 午前 10:50 チュウ 返信する

チュウさん、
松たか子、木村佳乃、岡田将生、それぞれにいい芝居でした!
歌って踊るのは、中島演出なんで、勘弁してくださいm(_ _)m

2011/12/7(水) 午前 0:21 やっくん 返信する

顔アイコン

原作未読ですがもっとタンタンとした感じだと聴いたようなきがします。
しかし、ここではエンターテイメント作品として見事に仕上がっていましたね。
「復讐」というキーワードに対して逆説的な発想で魅せる、魅せる。
勿論ストーリーを追っていっても凄い内容になっていますが。

岡田将生はこういうやれるようになって演技に幅が広がってきましたね。
頼もしい役者になってきてよいと思います。

2011/12/15(木) 午前 0:22 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人 返信する

顔アイコン

エルザさん、これもまた「悪人」に勝るとも劣らない作品でした!
こちらは通常の倫理では肯定できない“復讐”を見事に映像化してましたねぇ〜♪
今までは、ポップな映像表現で観客の度肝を抜いてきた中島哲也監督にヤラレました!
また、湊かなえさんの原作も素晴らしいです。彼女の作品は中毒症状になる(^^ゞ

2011/12/15(木) 午後 10:40 やっくん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事