気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
人気作家・朝井リョウのデビュー作のベストセラー連作短編集
を映画化した青春群像ドラマ。 バレー部のエース桐島が突然
退部したというニュースに騒然となる とある高校を舞台に、生
徒たちの間に動揺が拡がる中で 次第に浮き彫りになっていく
学園内の複雑な人間関係を “不在の桐島” に振り回される
物それぞれの視点から重層的に描き出していく。
 
金曜日の放課後。 バレー部ではキャプテンを務め、 成績も優
秀な学園の“スター”桐島が突然退部したらしいとの噂が校内
を駆け巡る。学内の注目の的・桐島を巡って バレー部の部員
もちろん、桐島の親友である菊池宏樹たち帰宅部のイケメ
ングループ、桐島の恋人で校内一の美人・梨沙率いる美女グ
ープにも動揺が拡がる。 さらに吹奏楽部の沢島亜矢や、映
部の前田涼也らにも影響が広がっていくと…。
 
イメージ 4
 
2012年度の日本アカデミー作品賞を受賞した本作。 その他に
も、報知映画賞、毎日映画コンクール、キネマ旬報ベストテン
などで、神木隆之介、東出昌大、橋本愛らが演技賞・新人賞
に輝いていますが…。 正直、皆さんはこの映画が言いたかっ
たこと分かりましたか  まあ、なんとなくは分からないでもな
のですが、 “どんなに恵まれた才能を持っていても、どんな
イケメン・美人でも悩みはある”的な…
 
でもココだけの話、成績優秀、容姿端麗、スポーツ万能の“桐
島”クンがバレー部を辞めたて、 それがなんなの という感
じは否めませんね 日本テレビ偏重の日アカの中でも、最近
ダントツにツマラナかったというのが本音です…。 この物語の
世界観を感じるには歳をとり過ぎたのか それとも原作小説
を読んで勉強した方がいいのかなぁ〜
 
イメージ 2
 
 
「桐島、部活やめるってよ」(2012年)
監督 吉田大八
製作 菅原直樹、弘中 謙、平井文宏、阿佐美弘恭
原作 朝井リョウ 『桐島、部活やめるってよ』 (集英社文庫)
脚本 喜安浩平、吉田大八
撮影 近藤龍人
音楽 高橋 愛 『陽はまた昇る』
主演 神木隆之介 (前田涼也:映画部)
    橋本 愛    (東原かすみ:バトミントン部)
    清水くるみ   (宮部実果:バドミントン部)
    大後寿々花 (沢島亜矢:吹奏楽部)
    東出昌大   (菊池宏樹)
    山本美月   (飯田梨紗)
    松岡茉優   (野崎沙奈)
    落合モトキ   (寺島竜汰)
    浅香航大   (友弘)
 
イメージ 3
 
日本アカデミー作品賞受賞作品の歴史(近年)
★2003年(27回)『壬生義士伝』 滝田洋二郎
★2004年(28回)『半落ち』 佐々部清
★2005年(29回)『ALWAYS 三丁目の夕日』 山崎 貴
★2006年(30回)『フラガール』 李 相日
★2007年(31回)『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』 松岡錠司
★2008年(32回)『おくりびと』 滝田洋二郎
  2009年(33回)『沈まぬ太陽』 若松節朗
★2010年(34回)『告白』 中島哲也 
★2013年(37回)『舟を編む』 石井裕也
☆は鑑賞済み、★はブログアップ済み、無印は未見。

閉じる コメント(10)

この映画は昨年のヨコハマ映画祭で見ました〜^^v
ヨコハマ映画祭で見たって記事に書いただけでレビューはアップしなかったんですよ(°°;)"((;°°)

二度とない青春を過ごす様が描かれていたと思いますが・・・
ツボったのは、桐島って話に出てくるだけで実体が無かった事( 」´0`)」
タイトルなのに・・・どんな奴なのか想像しちゃいますよ〜
それが斬新な感じだったなぁ〜〜と。

2014/3/17(月) 午前 8:58 ふぇい

私も入り込めなかった一人です・・・w
正直レンタルしなくてよかったなって思いました。
独特な感じはよいんですけどね〜。
でも、神木君ハマってましたね♪♪

2014/3/17(月) 午後 4:22 mE

この物語の世界観を感じるには歳をとり過ぎたか_
私も、それ、感じました・・・

でも、ある時間ある場所に話が戻り、いろんな視点で描かれるのは面白く、
高校生の頃に戻る気分で、もう一度見てみたい気もしています。
トラバさせてくださいね。

2014/3/17(月) 午後 10:39 [ maru ]

顔アイコン

やっくんが、つまらないと言い放ってしまったのも、ある意味
理解できますね。でも、原作とは結構違うみたいで、それはそれで
どうなのよ!?的な話もあったようにどっかで読んだ気がします。
・・・というものの原作はいまだ未読なのですが。

でも、推している人もいますから、なりにポイントポイントは
あるともいえるでしょうね。作品の構成とか、出演者の演技とか、
ミステリアスな展開とか、逆に?私は最後のゾンビシーンが
結構好きだったりしてね・・・(笑)TBお返しします。

2014/3/20(木) 午前 1:10 エルザの大聖堂への行列に並ぶ人

ふぇいさん、
桐島クンが最後まで出てこないのは悪くなかったんですが、
部活やめたって、それで!…いったい何?みたいな(~_~;)

この映画、それぞれに、いろいろな解釈があるようだけど、
どれを読んでも、ピンとこないんだよねぇ〜(^^ゞ

2014/3/20(木) 午後 10:43 やっくん

mEさん、そそっ!
CS放送でやってくれて、助かりました…(^^ゞ

2014/3/20(木) 午後 10:45 やっくん

maruさん、
正直小説も、映画も奇をてらったように感じました。
こういう手法も、結構他にもあるしねぇ〜!?

2014/3/20(木) 午後 10:46 やっくん

顔アイコン

エルザさん、“言い放って”しまいましたね…(>_<)
こういう、自分でいろいろな解釈ができる作品が好きな人もいますからね。
“作品の構成とか、ミステリアスな展開”もちょっと馴染めなかったなぁ〜!

私も、ジョージ・A・ロメロのゾンビ、スプラッター系のパロディ?オマージュ
は結構好きなポイントでしたよ(^^ゞ

2014/3/20(木) 午後 10:51 やっくん

アバター

原作もそうでしたが、ちょっと変わった世界観の話でしたね。
高校生の頃を思い出しましたが、意外と痛いところをついているのではとも思います。
ただ、好みは分かれる作品ですよね。
大変遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

2014/3/25(火) 午後 10:01 choro

choroさん、馴染めなかったです(^^ゞ
まあ、できるヤツは何でも出来て、できないヤツは何にも出来ない。
そんな不公平な世の中なのは間違いないですからね…
ただ、結局死ぬときまではチャラになっていると信じたいですがね。

2014/3/25(火) 午後 10:41 やっくん

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事