気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「サハラ 死の砂漠を脱出せよ「インターステラー」
ー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を体
たりで熱演し絶賛されたヒーマンドラマ。 エイズに
る偏見が まだ強かた80年代のアメリカを舞台に
や製薬会社に反旗を翻し、 エイズ患者のために孤軍
闘の戦いを繰り広げたカウボーイ、ロン・ウッドルーフ
戦いの軌跡を描く。 主演のマシュー・マコノヒー、助演
ジャレッド・レトーが、ダブルでオスカーを受賞した。

1985年 テキサス州ダラス。酒と女に明け暮れ放蕩三昧
の日々を送るマチョなロデオ・カウボーイ、ロン・ウ
ルーフ。ある日、体調を崩した彼は、突然医者からHIVの
陽性で 余命30日と宣告される。エイズは同性愛者の
気と信じていたロンにとって、それはあまりにも受け入れ
がたい事実だった。それでも生きるため エイズについて
猛勉強したロンは 国内未承認の治療薬をメキシコで手
に入れ、エイズ患者のための“ダラス・バイヤーズクラブ”
を立ち上げる…。

イメージ 2

これは壮絶な作品でしたね 世界で最もセクシーな男
に選ばれたこともあり、過去にはペネロペ・クルスとも交
していたマシュー・マコノヒーが21㎏減量をして、実在
したロン・ウッドを演じています もう、その迫力たるや
素晴らしく、例えるならば「フィラデルフィア」+「ミルク」
もちろん、トム・ハンクスもショーン・ペンも歴代オスカー
受賞者なので、マシーが賞を逃すという選択肢は無か
ったということがうなずけます

また 助演のジャレッド・レトーも素晴らしいです。元々は
もイケメン。 「チャプター27」では犯人マーク・チャップ
役を演じるため30㎏増量逆にこの作品では14㎏
の減量と…まさに デ・ニーロ・アプローチの典型です
この2人なら オスカーの受賞は当然 それどころか作
品賞を受賞できなかったことが不思議なくらいです。 今
話題のTPPでも障壁となっていたアメリカの製薬会社が
いかに悪どいかが、よく分かります

イメージ 3


「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)
監督 ジャン=マルク・ヴァレ
製作 ロビー・ブレナー、レイチェル・ウィンター
脚本 クレイグ・ボーデン、メリッサ・ウォーラック
撮影 イヴ・ベランジェ
編集 ジャン=マルク・ヴァレ、マーティン・ペンサ
出演 マシュー・マコノヒー  (ロン・ウッドルーフ)
    ジャレッド・レトー    (レイヨン)
    ジェニファー・ガーナー (イヴ・サックス)
    デニス・オヘア      (セヴァード)
    スティーヴ・ザーン    (タッカー)
    ダラス・ロバーツ     (デヴィッド・ウェイン)
    マイケル・オニール   (リチャード・バークレー)
    グリフィン・ダン     (ヴァス)
    ジェーン・マクニール   (フランシーヌ・サスキンド)

イメージ 4

アカデミー主演男優賞受賞作品の歴史(近年)
☆2002年(75回)エイドリアン・ブロディ 『戦場のピアニスト』
☆2003年(76回)ショーン・ペン 『ミスティック・リバー』
★2004年(77回)ジェイミー・フォックス 『Ray/レイ』
★2005年(78回)フィリップ・シーモア・ホフマン 『カポーティ』
  2006年(79回)フォレスト・ウィテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』
★2007年(80回)ダニエル・デイ=ルイス 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
★2008年(81回)ショーン・ペン 『ミルク』
  2009年(82回)ジェフ・ブリッジス 『クレイジー・ハート』
  2012年(85回)ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』
  2014年(87回)エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』
☆は鑑賞済み、★はブログアップ済み、無印は未見。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんばんは!

凄い生き様でしたね。
アカデミー賞受賞も納得のマシュー・マコノヒーの演技
でした。
個人的には、”カッコーの巣の上で”のマクマーフィを
思い出しました。

2015/10/26(月) 午後 10:47 [ k&k ]

21キロの減量って・・・ほんとにすごいですよね。
マシューにみえなかったですもん、なりきってました。
日本でもハリウッドでも俳優さんたちのこの体型を変える
根性・・・すごいとおもう。

2015/10/27(火) 午前 9:43 恋愛映画

21k減のマシューもみてみたいけど、
ストーリーも気になります☆☆

2015/10/27(火) 午後 0:53 mE

> k&kさん、こんばんは。
マシュー・マコノヒーの演技は、凄かったですねぇ〜!
“カッコーの巣の上で”のマクマーフィですか…?
マシューも2度3度とオスカー受賞なりますかね(^^ゞ

2015/10/27(火) 午後 8:16 やっくん

> 恋愛映画さん
マシューも、ジャレッドも、二人そろっての役作りですからねぇ〜(@_@。
こういうのをデ・ニーロ・アプローチって言うらしいですよ!
日本でも松田優作、北村一輝、最近では、鈴木亮平がやっています。

2015/10/27(火) 午後 8:21 やっくん

顔アイコン

> mEさん
ストーリーも、ぶっ飛んでて、なかなかいいですよ〜

2015/10/27(火) 午後 8:22 やっくん

顔アイコン

今はHIVを封じ込む薬が結構効いているそうですが、この男の壮絶な生き様は引き込まれますね。マコノヒーの演技も秀逸でした。
TBお願いします。

2015/10/28(水) 午前 8:46 atts1964

アバター

マコノヒーもレトも圧巻の演技でしたね〜
今度、マコノヒーは謙さんと共演ですね。楽しみです♪
TBさせてくださいね。

2015/10/28(水) 午後 7:50 choro

マコノヒーが登場した瞬間に、これはすごいぞと思い、
観終わって男優賞も納得でした。
作品賞は獲れなくて残念だったけど…。

TBお返しさせてくださいね☆

2015/10/28(水) 午後 9:01 なぎ

> atts1964さん
余命30日と言われたのが、7年2275日生きた訳ですから…
本当に、製薬会社なんか“クソ食らえ”ですな〜!?

2015/10/29(木) 午後 9:13 やっくん

> choroさん
謙さんとマシューは、今度は富士の樹海を舞台にしたガス・ヴァン・サント監督ですか!
いったい、どんな作品なんだろう…?

2015/10/29(木) 午後 9:20 やっくん

> なぎさん
ホント!マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、一目見ただけでね…(^^ゞ
俳優の熱演!スタッフの努力!オスカーに相応しい作品でした\(^o^)/

2015/10/29(木) 午後 9:22 やっくん

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事