気まぐれ Walker

ヤバイ!!Yahoo!ブログから人がどんどん居なくなってる!?手持ちの記事をお盆までに全部アップしなきゃ!

全体表示

[ リスト ]

「百円の恋」(2014年)

イメージ 4

今や日本を代表する実力派女優の一人となった、安藤サ
が、渾身の体当たり演技で 各方面から絶賛された闘
う女の人生再生ドラマ。 山口県周南映画祭で創設された
脚本賞“松田優作賞”の第1回グランプリに輝いた足立紳
のオリジナル脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督
映画化。自堕落な生活を送るダメダメな三十路女が ボク
シングに覚め次第に肉体とともに心もシェイプしてい
く姿を描く。

実家にひきこもり、自堕落な毎日を送る32歳の一子。ある
日、離婚して子連れで出戻ってきた妹と衝突して家を飛び
出し、一人暮らしをするハメに。仕方なく、100円ショップで
深夜のバイトを始めた一子は、そこで同じように社会から
こぼれ落ちた不器用な人間たちと出会ていく。そんな中、
近所のボクシングジムでストイックに練習を続ける引退間
近の中年ボクサー狩野と付き合い始めた一子は、やがて
自身もボクシングのトレーニングを始めるようになり…。

イメージ 1

こちらは、2015年度日本アカデミー賞主演女優賞を、安藤
サクラが受賞した作品。 前年度受賞の宮沢りえ「紙の月」
とは対照的でしたね。 山口のローカル映画祭で認められ
た脚本を、オール山口ロケで撮った低予算映画。 なのに、
だから、 主演の安藤サクラの鬼気迫る演技が断然、 存在
感とインパクトを観客に与えてくれます まあ、数々の賞
レース(キネマ旬報、ブルーリボン、毎日映画コンクール)
輝いたのもうなずけますね。

共演も、一子の同類・パートナーの落ちぶれボクサーを演
じた新井浩文、コンビニで期限切れの弁当をあさる婆さん
役の根岸季衣の2人を除けば…ほとんど知らない人た
ちばかりです。でも、映画にはパワーがあるんですよね
元々、安藤サクラはあの独特な目つきが個性派女優の片
鱗を感じさせていましたが、この映画で完全に 一皮も、
皮もむけましたね メジャー系の大作品もいいけど、こ
いう作品こそが日本映画の醍醐味ですね

イメージ 2


「百円の恋」(2014年)
監督 武 正晴
製作 加藤和夫、佐藤 現、平林雄二、狩野善則 他
脚本 足立 紳
撮影 西村博光
音楽 クリープハイプ 『百八円の恋』
出演 安藤サクラ (斎藤一子)
    新井浩文  (狩野祐二)
    伊藤洋三郎 (斎藤孝夫)
    稲川実代子 (斎藤佳子)
    早織     (斎藤二三子)
    坂田 聡   (野間 明)
    宇野祥平  (岡野 淳)
    重松 収   (青木ジム会長)
    根岸季衣  (池内敏子)

イメージ 3

閉じる コメント(14)

気になる作品です♪

2016/9/19(月) 午後 10:26 モンタナ

顔アイコン

安藤サクラの凄さを知らされた作品でした。
あのたるんだ表情、身体から、あれだけのひきしまった表情、身体への変容は見事でしたね。
TBさせてください。

2016/9/20(火) 午前 0:08 [ あきりん ]

顔アイコン

ブログへのコメントありがとうございました。

安藤サクラさんの主演映画を観たのはこれが初めてでしたが、ふてぶてしさや可愛らしさ、力強さなど、さまざまな面を見せてくれていて、とても魅力的な女優さんだと思いました。

観ていて熱くなる映画でしたね。

2016/9/20(火) 午前 0:16 [ 映★画太郎 ]

顔アイコン

これは凄く面白かった。というか安藤サクラはこの作品と、「0.5ミリ」が凄いですね。
こちらからもTBお願いします。

2016/9/20(火) 午後 1:38 atts1964

主演女優賞は妥当です(笑)TBお願いします。

2016/9/20(火) 午後 7:20 [ リュー( ryu) ]

顔アイコン

安藤サクラさんも新井浩文さんも、体を相当絞ってこの作品に
臨んでいるようでした。
同じ年に公開された”0.5ミリ”より良かったと思います。
主役でも脇役でも、存在感ある演技が光ります。

2016/9/21(水) 午後 9:46 [ k&k ]

> モンタナさん、良かったですよ♪

2016/9/21(水) 午後 10:46 やっくん

顔アイコン

> あきりんさん
低予算映画で、撮影期間もそんなに長くなかったと聞いています。
短時間であのたるんだボディから、引き締まった体にするのはさすがです。
そう、それに目つき、表情、仕草といい、完全に化けましたね♪

2016/9/21(水) 午後 10:48 やっくん

顔アイコン

> 映★画太郎さん、いらっしゃいませ♪
安藤サクラは、私は「愛のむきだし」が、最初でしたね。
まあ、あの映画は満島ひかり、西島隆弘、皆凄かった!
これからの日本映画を背負って立つ女優の一人です。

2016/9/21(水) 午後 10:52 やっくん

> atts1964さん
「0.5ミリ」はやはりいいのですね♪
観なきゃだな…('ω')ノ

2016/9/21(水) 午後 10:53 やっくん

> リュー(ryu)さん、いらっしゃいませ♪
それは主演女優賞、文句ナシですよ(^^)v

2016/9/21(水) 午後 10:54 やっくん

顔アイコン

> k&kさん
安藤サクラもそうですが、女優ならば満島ひかり、真木よう子。
男性俳優ならば、新井浩文、青木崇高、大倉孝二、鈴木浩介…
阿部サダヲ、生瀬勝久、八島智人だともう主演クラスですか?

2016/9/21(水) 午後 11:00 やっくん

アバター

安藤サクラのボクシングシーンが壮絶でした。
新井浩文もいつも個性的な役を完璧にこなしますね♪。

2016/9/25(日) 午前 0:56 ffa**77

> ふぁろうさん
安藤サクラ、素晴らしかったですね♪
そして、新井浩文もいい味出してた!
こういう日本映画は好きだなぁ〜(^^)/

2016/9/26(月) 午後 11:50 やっくん

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事