気まぐれ Walker

「慶鳥」「チンタンタン」の記事にコメント有り難うございます。引き続き「焼肉新羅」にもコメントよろしくお願いしますm(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

「天空の蜂」(2015年)

イメージ 1

人気作家・東野圭吾が1995年に発表した 同名ベストセラー
「トリック」「SPEC」シリーズの堤幸彦監督が映画化したサ
スペンス アクション大作。 最新鋭の巨大ヘリコプターを乗っ
取り、原子力発電所の上空でホバリングさせ、日本国民全
てを人質に取ったテロリストと、その阻止に奔走する人々の
防をスリリングに描く。主演は江口洋介と、本木雅弘。共
には仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明。

1995年8月8日。その日、完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビ
B”の自衛隊への引き渡しの日を迎え、開発者の湯原は妻
子とともに式典に参加していると突然、ビッグBが息子を乗
せたまま勝手に動き出し、原子力発電所の上でホバリング
を始めた。 ビッグBは“天空の蜂”と名乗るテロリストによ
てハイジャックされてしまったのだ。 犯人は 政府に対し “日
本全土の原発破棄”を要求し従わなければビッグBを原
子炉に墜落させると宣言する。

イメージ 2

人気作家・東野圭吾の原作。でも、結構古い作品なので読
んでいないのが本当に残念です。1995年の阪神 淡路震災
から原発問題、そして 原作には無かったんだろう2011年の
東日本大震災に繋がるエンディングと、今の日本に現存す
る問題点を描いているのはお見事でした。 ただ、仲間由紀
恵演じる赤嶺淳子の生い立ちや、何故三島と恋仲になっ
たのかなどがもっと丁寧に描かれていたら、という残念なポ
イントもありました。 原作には、あるのかもしれないな

主演を張る二人については、「おくりびと」 完全に 一皮む
けた感のある本木雅弘は素晴らしいですね 顏のアップ、
目のアップでの 血走った感じなど、狂気をはらんだ演技は、
さすがでした。 それに対しての、江口洋介はちょっと大げさ
ったかな〜 主役だから しょうがない部分はあるんだろ
うけど…演技が軽く見えてしまうのかな。映画とテレビドラ
マの違い、二人が普段活躍しているフィールドの違いが 浮
き彫りになった結果でしょうか。

イメージ 3


「天空の蜂」(2015年)
監督 堤 幸彦
製作 大角 正、木下直哉、古川公平、坂本 健、宮本直人
原作 東野圭吾 『天空の蜂』 (講談社文庫)
脚本 楠野一郎
撮影 唐沢 悟
出演 江口洋介  (湯原一彰)
    綾野 剛   (雑賀 勲)
    仲間由紀恵 (赤嶺淳子)
    光石 研   (消防課長)
    佐藤二朗  (刑事課長)
    柄本 明   (室伏周吉)
    國村 隼   (中塚一実)
    竹中直人  (警察庁長官)
    石橋蓮司  (炉燃理事長)
    本木雅弘  (三島幸一)

イメージ 4

閉じる コメント(20)

これは観ました、テレビで。
面白かったです♪
ポチ☆

2017/1/22(日) 午後 10:39 モンタナ 返信する

顔アイコン

公開時に劇場鑑賞していますが…とてもハラハラドキドキしたのを覚えております^^;
本木さんは「ファンシーダンス」から観ておりますが、最近良いですよね。
「日本の一番長い日」の明治天皇、最近観た「永い言い訳」のダメ夫もよかったです。
江口洋介さんは、軽妙な演技の方が向いてるかも💦
仲間さんの役、映画の時間枠では掘り下げられなかったかと…(>_<)
でも、、面白かったわ〜綾野君もよかったし(笑)
TB下さり、ありがとうございました。お返しさせて下さいね<m(__)m>

2017/1/22(日) 午後 11:03 ふぇい 返信する

顔アイコン

あの福島原発事故のずっと前に、原発はもしかすれば危険なものなのかもしれない、蜂に刺されるまで気付かなくてもいいのか、と、問題提起をしていた東野圭吾に感心しました。
TBさせてください。

2017/1/22(日) 午後 11:15 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

どちらかといえば原作推しですが、映画には映画の良さがあったと思います。3・11のことも描けていますし。TBさせていただきます。

2017/1/23(月) 午前 6:28 KOR 返信する

けっこう原作ながめの話なんですよね、若干省略されてるとこあるなぁとはおもいました。でもちゃんと2011年につばげてるとこは言いたいことはそこだよね。って思いますよね。うんうん。
ぜひ原作読んでみてください。私、東野作品の中でも好きな小説です

2017/1/23(月) 午前 9:26 恋愛映画 返信する

原作読んでから、気になってDVDかりてみました♪
95年の時代に、原発は危険という視点で描かれた東野さんは
すごいなと思いました。
スーパーで食糧を買いあさる人々など、まさにあの頃を思い出します。
本木雅弘もさすがだな、、なんて感心する演技でしたね。

2017/1/23(月) 午後 4:48 mE 返信する

顔アイコン

本当に予言的な作品でしたね。ラストカットはサービスでしょうが、しっかり現在に繋げていたと思います。
しかし原発再稼働をすると、災害もそうですが、テロも怖いですよね。
こちらからもTBお願いします。

2017/1/23(月) 午後 5:26 atts1964 返信する

アバター

たしかに私も残念ポイントが少しありましたが、全体的には及第点以上だったかなと思います。
それにしてもこれを1995年に書いてるんですね。東野圭吾おそるべし!

2017/1/23(月) 午後 9:54 こころパパ 返信する

> モンタナさん
面白かったですね♪東野圭吾の原作もこれから読みます!

2017/1/24(火) 午後 10:58 やっくん 返信する

顔アイコン

> ふぇいさん
江口洋介は、やはりテレビドラマの印象が強いですよね♪
『ひとつ屋根の下』『救命病棟24時』、そして『愛という名のもとに』
映画では、そんなに印象に残る作品は無かったかな…?
本木雅弘は、逆に映画の印象が強いですよね。
『ファンシイダンス』『シコふんじゃった。』、そして『おくりびと』
やっぱり本木雅弘に軍配かな?

2017/1/24(火) 午後 11:05 やっくん 返信する

顔アイコン

> あきりんさん、そうなんです!
原発の危険性をいち早く見抜いていた着眼点はさすがです。
でも、まさか地震そして、津波とは思わなかったでしょうね…

2017/1/24(火) 午後 11:07 やっくん 返信する

顔アイコン

> KORさん
その原作を、さっそく図書館に予約しました!
今なら、順番待ちも無く、すぐに読めそうです。

2017/1/24(火) 午後 11:08 やっくん 返信する

> 恋愛映画さん、そうなんですってね♪
原作は約500ページの小説。映画も短くはなかったけど…
138分じゃあ、描き切れなかった内容もあるのでしょう。
しっかり読んで、確かめたいです(^_-)-☆

2017/1/24(火) 午後 11:10 やっくん 返信する

顔アイコン

> mEさん
あの時は、大変でしたよ!私が暮らしているのも、被災地でしたからね…。
電気、ガス、水道のライフライン。そして物資不足。GSは長蛇の列でした。
モッくんは、完全に一皮むけましたね♪

2017/1/24(火) 午後 11:12 やっくん 返信する

> atts1964さん
まあ、神戸の震災の時点では、被害者16,000人もの地震災害があるとは思わなかったでしょう。
それに最後に繋げるのは、ボーナスというか、完全なる観客サービスだったのでしょう。
テロに災害、それに戦争まで心配しなければならない世の中になるのが心配ですね…

2017/1/24(火) 午後 11:16 やっくん 返信する

> こころパパさん
やはり、原作の長さの割には映画が短かったからでしょうかね?
本来ならば、前後編の2部作で映画化だったでしょうか…(^^ゞ

2017/1/24(火) 午後 11:18 やっくん 返信する

顔アイコン

三島と雑賀の行動は良くないことですが、考えさせられます。
いとも簡単に巨大ヘリが奪われるとは驚きました。

TBさせて下さい。

2017/1/26(木) 午後 9:56 [ k&k ] 返信する

顔アイコン

> k&kさん
“いとも簡単に…”の部分は、原作を読んで確かめたいと思っています。
原発問題は深刻ですよ。政府の無責任ぶりには飽きれるばかりです。

2017/1/28(土) 午前 11:32 やっくん 返信する

江口洋介の演技は大袈裟な感じがしましたね。
役柄的にも、もっくんとの差が出た気がしました。

大変遅くなりましたが、TBお返しさせてくださいね☆

2017/2/6(月) 午後 0:14 なぎ 返信する

> なぎさん
今、ちょうど図書館で予約した原作を読み始めました!
また、読了したら…読書ブログもアップしますね(^_-)-☆
モッくん、いい役者に成りましたね♪

2017/2/6(月) 午後 8:45 やっくん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事