過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大阪国技館跡・城東区

イメージ 1
かって城東区には国技館があった!
イメージ 2 
大阪の城東区で寝屋川に架かる新喜多大橋の
近くの東側の壁面アートギャラリーの中に
かって城東区には国技館があった
と書かれた壁画を見ました
浪速区にも国技館跡が有ったよね
大阪に国技館が二つも有ったのかな
この壁画は真実なのか・・・
壁画の左下の地図を頼りに探しました
\¤\᡼\¸ 2
大阪には、おもろいもんがいっぱい有るんやで〜
イメージ 3
壁画の地図を頼りに大阪国技館跡を
探すもなかなか見つからず
無理かとあきらめ掛けたその時
城北川沿いに、なにやら案内板らしき物が見えました
大阪国技館跡と元相撲茶屋
大阪市城東区古市2丁目
イメージ 4
大阪国技館
大阪国技館は、敷地6千坪、建坪3千坪、鉄筋コンクリート4階建ドーム式、
収容人員25,000人の国内屈指の屋内スポーツ施設で昭和12年3月に竣工しました。
同年6月9日のこけら落としの大阪準本場所は、連日「満員御礼」の垂れ幕が下がり、
梅田駅と難波駅から市バスが臨時運行したそうです。
 国技館の前には、2階が力士の宿舎になっていた相撲茶屋が建ち並んでいました。
昭和16年の太平洋戦争の勃発で、
わずか4年間7回の準本場所の開催だけで休館を余儀なくされ、
昭和26年ごろには解体されてしまいました。
 現在、国技館跡地は住宅団地となり、
わずかに残っていた大阪国技館みも現在はなくなっています。
イメージ 5
青い丸が大阪国技館が有った所です
赤い所が相撲茶屋などが建ち並んでいました
 
浪速区の大阪国技館は、大正8年9月12日、
オープンした。建坪500坪、収容人員10,000人
1925年の本場所を最後に、大阪相撲は相撲興行は
中断して1928年には映画館の松映として再出発をしてます
城東区の大阪国技館は昭和12年3月に竣工して
同年6月9日のこけら落としの大阪準本場所で
4階建ての洋風ドーム建築で建坪3,000坪、収容人員25,000人
浪速区の大阪国技館どころか、
当時の両国国技館よりも大きい施設でした
オープン間もない1941年には戦局の悪化から相撲興行が中断。結果的に4年で7回の準本場所を開催しただけでした
大阪大国技館とも呼ばれてて
大阪にもこんなに大きな建物が有ったんですね

この記事に

開く コメント(13)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事