ここから本文です
Yellow Winds blog
私たちにできること…って

書庫全体表示

2019 J2 第22節 徳島

徳島アウェイに行ってきました。
広島呉への復路の寄り道でww
寄り道にはあまりに遠回りですが、行った甲斐がありました!

イメージ 1
開始前の様子

天気予報は、それほど激しい降りではなかったので油断したのがいけなかった。
完全雨対策からちょっと省いてしまったのが敗因です。
イメージ 2
前半途中

この日は#徳島県民デー
飯泉嘉門 徳島県知事 熱のこもったスピーチで、好調の徳島J1への後押しが凄く感じられました。
ところで試合ですが、
この試合を支配していたのは、ホームの徳島ですね。

前半オルンガがクロスバーをたたいたようでしたが、遠くてわからず(笑)。
圧倒されまくりでした。
もう、このままスコアレスドローだったり?を考えながら早く土砂降りから逃れたい気持ちを抑えて後半を迎えます。
イメージ 3
ハーフタイム花火ショー

CKを複数逃れていたのにその後、ワンツーから抜け出されて、名手航輔も及ばず失点。
瀬川もがむしゃらに、必死にゴールを狙い、大谷もベテランの味で柏に流れを呼び込もうとしてました。
逆ジャッジ?のCKを得て、鎌田のゴール、そして終了間際の瀬川の勝ち越し…。
イメージ 4

イメージ 5

これだから、応援はやめられないよね〜。
アウェイで、土砂降り、ホテルへの帰路も気持ちが上がりました〜。
早く着替えたい、お風呂に入りたい、そして一杯やりたいが後押しして帰りのテンポも上がりました♪

雨の中での激戦で徳島は逆転負けを喫した。前半開始からペースを握ったが、得点を奪えずに試合を折り返す。流れを変えるために、前節と同様に渡井を後半開始から投入すると、後半16分にその渡井の得点で先制に成功し、良い流れで終盤を迎える。しかし、同41分にCKの流れから鎌田にゴールを許すと、終了間際にもCKから失点。クリスティアーノが正確なボールを供給するセットプレーに屈する。試合全体としては主導権を握っていただけに、悔やまれる結果となった。


一方、上位対決では…
山形は0-1のまま終了のホイッスルを聞き、3戦未勝利(1分2敗)。2連勝を飾った京都に首位の座を明け渡した。

そして
松本山雅FCは16日、モンテディオ山形からFW阪野豊史(29)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『50』をつける。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事