ここから本文です
Yellow Winds blog
私たちにできること…って

書庫全体表示

呉から松山に渡って宿泊した道後温泉のホテル
2008年 春 ホテル パティオ・ドウゴはワンランク上の上質なホテルへと生まれ変わりました
と、HPでは紹介しています。
「道後温泉本館」目の前ヨーロピアンホテル
ホテル パティオ・ドウゴでは、シモンズベッドを導入し質の良い睡眠と、爽快な目覚めを追求しております。また、ホテルの目の前には「夏目漱石」もこよなく愛した道後温泉本館が! 道後温泉駅からも程近く、抜群のロケーション!!ホテルとしては珍しく 浴衣・雪駄での外出がOK!!
浴衣に着替え、タオルを肩に街を歩けば、気分はまさに明治の文豪。

ヨーロピアンホテルは言い過ぎかもしれないが、この紹介はかなり言い得ている。

イメージ 15
道後温泉のチケットがセットされたプランだったので、浴衣・雪駄が用意されており、目の前の温泉へGO!してきました。

イメージ 1
道路からエントランスを
イメージ 2
エントランス
イメージ 3
フロント周り
イメージ 4
5FのEVホール
イメージ 5
ベッド周り
確かにゆったりとしたサイズで、ゆっくり寝られました。
イメージ 6
部屋から玄関方
温泉地にあるビジネスユースにも使えるホテルでしょうかね。
私のようなシングルユーザーには持って来いでした。
イメージ 13
ホテルのブリッジから夜の道後
イメージ 14


フロントマンも丁寧な応対で好感が持てます。
また、ホテル内にすし丸道後店がある。
ちょっと一杯の夕食や朝食にも利用できる。
朝食和食定食 800円(税別)なら利用するべきだったかな…と後悔。
朝食会場入り口横に置いてあるのモーニングコーヒーは、フリーです。
と、雑感です。
質感も高く、温泉街の雰囲気を離れて静かな一夜を過ごせます。
おすすめできるホテルかと。

イメージ 7
夕闇の道後温泉(工事中で仮設屋根が掛かっている)
イメージ 10
ホテルの目の前が温泉入り口
イメージ 11
雪駄に浴衣で散策です
イメージ 12
道後温泉の外湯 飛鳥の湯と椿の湯
イメージ 8
プロジェクションマッピングの演出

イメージ 9
朝の様子

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事