ここから本文です
Yellow Winds blog
私たちにできること…って

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

道後温泉宿泊の朝、地元の朝食やさんをgoogleで探す。
JR松山駅にうどん屋さんがあるのを頼りに、市電から駅方向へ…。
む?どこだ?とエキナカのほうへ行くと、改札手前にじゃこ天とうどん屋さんのお店が。
ここでした。
メニューをみていると、「モーニングはじめました」っていうので注文。
イメージ 1
かけうどんと、ふりかけご飯だそうで、シンプルだけど美味い。400円なり。
ふりかけは自分チョイスでふりかける。
駅そば、駅うどんの類のようではあるけれど、しっかり麺で、優しいお出汁のうどんです。

イメージ 2
のぼりが逆ですみません
岡安蒲鉾実演中!
実際、そこで作ってます。

じゃこてんうどんと迷った挙句だったんです、しらす丼も…(正直)

道後温泉の風呂上りに、訪店しました。
イメージ 2
椿の湯を曲がった小路にあります。

日本料理というか郷土料理・海鮮料理 鯛めしが売りでしょうか。
鯛めし膳も惹かれたのですが、お酒を飲んでさらにご飯は…。

雪駄に浴衣、そして風呂上りの生ビールww
イメージ 1

単品の料理をいただきました。
イメージ 3
伊達真鯛葉わさび和え
イメージ 4
じゃこ天のあぶり焼き?
イメージ 5
刺身に地酒の辛口

魚のメニューに「伊達」があるのはなぜ?
って聞いてみると、仙台の伊達家からこの地へお殿様で来た方が居たそうな。
伊達 秀宗(だて ひでむね)は、伊予宇和島藩の初代藩主。初代仙台藩主伊達政宗の長男。
wikipedia
さすが、板長さん。勉強になります。

もうちょっと飲んでつまみたかったけど…この辺で。
美味しくいただきました。
ランチではなくこの時間帯だからかゆったり、過ごせました。



呉から松山に渡って宿泊した道後温泉のホテル
2008年 春 ホテル パティオ・ドウゴはワンランク上の上質なホテルへと生まれ変わりました
と、HPでは紹介しています。
「道後温泉本館」目の前ヨーロピアンホテル
ホテル パティオ・ドウゴでは、シモンズベッドを導入し質の良い睡眠と、爽快な目覚めを追求しております。また、ホテルの目の前には「夏目漱石」もこよなく愛した道後温泉本館が! 道後温泉駅からも程近く、抜群のロケーション!!ホテルとしては珍しく 浴衣・雪駄での外出がOK!!
浴衣に着替え、タオルを肩に街を歩けば、気分はまさに明治の文豪。

ヨーロピアンホテルは言い過ぎかもしれないが、この紹介はかなり言い得ている。

イメージ 15
道後温泉のチケットがセットされたプランだったので、浴衣・雪駄が用意されており、目の前の温泉へGO!してきました。

イメージ 1
道路からエントランスを
イメージ 2
エントランス
イメージ 3
フロント周り
イメージ 4
5FのEVホール
イメージ 5
ベッド周り
確かにゆったりとしたサイズで、ゆっくり寝られました。
イメージ 6
部屋から玄関方
温泉地にあるビジネスユースにも使えるホテルでしょうかね。
私のようなシングルユーザーには持って来いでした。
イメージ 13
ホテルのブリッジから夜の道後
イメージ 14


フロントマンも丁寧な応対で好感が持てます。
また、ホテル内にすし丸道後店がある。
ちょっと一杯の夕食や朝食にも利用できる。
朝食和食定食 800円(税別)なら利用するべきだったかな…と後悔。
朝食会場入り口横に置いてあるのモーニングコーヒーは、フリーです。
と、雑感です。
質感も高く、温泉街の雰囲気を離れて静かな一夜を過ごせます。
おすすめできるホテルかと。

イメージ 7
夕闇の道後温泉(工事中で仮設屋根が掛かっている)
イメージ 10
ホテルの目の前が温泉入り口
イメージ 11
雪駄に浴衣で散策です
イメージ 12
道後温泉の外湯 飛鳥の湯と椿の湯
イメージ 8
プロジェクションマッピングの演出

イメージ 9
朝の様子

2019 J2 第22節 徳島

徳島アウェイに行ってきました。
広島呉への復路の寄り道でww
寄り道にはあまりに遠回りですが、行った甲斐がありました!

イメージ 1
開始前の様子

天気予報は、それほど激しい降りではなかったので油断したのがいけなかった。
完全雨対策からちょっと省いてしまったのが敗因です。
イメージ 2
前半途中

この日は#徳島県民デー
飯泉嘉門 徳島県知事 熱のこもったスピーチで、好調の徳島J1への後押しが凄く感じられました。
ところで試合ですが、
この試合を支配していたのは、ホームの徳島ですね。

前半オルンガがクロスバーをたたいたようでしたが、遠くてわからず(笑)。
圧倒されまくりでした。
もう、このままスコアレスドローだったり?を考えながら早く土砂降りから逃れたい気持ちを抑えて後半を迎えます。
イメージ 3
ハーフタイム花火ショー

CKを複数逃れていたのにその後、ワンツーから抜け出されて、名手航輔も及ばず失点。
瀬川もがむしゃらに、必死にゴールを狙い、大谷もベテランの味で柏に流れを呼び込もうとしてました。
逆ジャッジ?のCKを得て、鎌田のゴール、そして終了間際の瀬川の勝ち越し…。
イメージ 4

イメージ 5

これだから、応援はやめられないよね〜。
アウェイで、土砂降り、ホテルへの帰路も気持ちが上がりました〜。
早く着替えたい、お風呂に入りたい、そして一杯やりたいが後押しして帰りのテンポも上がりました♪

雨の中での激戦で徳島は逆転負けを喫した。前半開始からペースを握ったが、得点を奪えずに試合を折り返す。流れを変えるために、前節と同様に渡井を後半開始から投入すると、後半16分にその渡井の得点で先制に成功し、良い流れで終盤を迎える。しかし、同41分にCKの流れから鎌田にゴールを許すと、終了間際にもCKから失点。クリスティアーノが正確なボールを供給するセットプレーに屈する。試合全体としては主導権を握っていただけに、悔やまれる結果となった。


一方、上位対決では…
山形は0-1のまま終了のホイッスルを聞き、3戦未勝利(1分2敗)。2連勝を飾った京都に首位の座を明け渡した。

そして
松本山雅FCは16日、モンテディオ山形からFW阪野豊史(29)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『50』をつける。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事