ここから本文です
Yellow Winds blog
私たちにできること…って

書庫グルメ・ホテル

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

宿泊は7月になりますが振り返りです。

スタンダードなビジネスホテルです。

 
チェックイン時刻前に訪問しましたが、荷物も預かってもらい、うず潮観光に向かいました。
お目当ては、ポカリスエットスタジアム(徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場)だったので、ここからだと20分かかりませんでした。

ここのいいところは、大浴場があるところ。
決して大浴場といえるかどうかは別として、ユニットバスではなく、体も洗えてゆったり湯に浸かれるところです。

残念ながら部屋の写真を撮り忘れるという失態をしてしまいました。

サッカー観戦で、帰ったところ、「おめでとうございます!」とアウェイサポを歓迎してくれる一言。嬉しいやら、地元チームにジャッジも味方し辛うじて勝ったんで恥ずかしいやら...。
それで、土砂降りにあったため、靴はグショグチョで古新聞を頂き、靴に突っ込んで乾かすことができました。ありがとうございます。

イメージ 1
自家製アジの干物が自慢の和朝食

朝食は和洋を選べますが、サラダバー、ドリンクはフリー。
しっかりと、ゆっくりと朝食をいただくことができました。


道後温泉宿泊の朝、地元の朝食やさんをgoogleで探す。
JR松山駅にうどん屋さんがあるのを頼りに、市電から駅方向へ…。
む?どこだ?とエキナカのほうへ行くと、改札手前にじゃこ天とうどん屋さんのお店が。
ここでした。
メニューをみていると、「モーニングはじめました」っていうので注文。
イメージ 1
かけうどんと、ふりかけご飯だそうで、シンプルだけど美味い。400円なり。
ふりかけは自分チョイスでふりかける。
駅そば、駅うどんの類のようではあるけれど、しっかり麺で、優しいお出汁のうどんです。

イメージ 2
のぼりが逆ですみません
岡安蒲鉾実演中!
実際、そこで作ってます。

じゃこてんうどんと迷った挙句だったんです、しらす丼も…(正直)

道後温泉の風呂上りに、訪店しました。
イメージ 2
椿の湯を曲がった小路にあります。

日本料理というか郷土料理・海鮮料理 鯛めしが売りでしょうか。
鯛めし膳も惹かれたのですが、お酒を飲んでさらにご飯は…。

雪駄に浴衣、そして風呂上りの生ビールww
イメージ 1

単品の料理をいただきました。
イメージ 3
伊達真鯛葉わさび和え
イメージ 4
じゃこ天のあぶり焼き?
イメージ 5
刺身に地酒の辛口

魚のメニューに「伊達」があるのはなぜ?
って聞いてみると、仙台の伊達家からこの地へお殿様で来た方が居たそうな。
伊達 秀宗(だて ひでむね)は、伊予宇和島藩の初代藩主。初代仙台藩主伊達政宗の長男。
wikipedia
さすが、板長さん。勉強になります。

もうちょっと飲んでつまみたかったけど…この辺で。
美味しくいただきました。
ランチではなくこの時間帯だからかゆったり、過ごせました。



呉から松山に渡って宿泊した道後温泉のホテル
2008年 春 ホテル パティオ・ドウゴはワンランク上の上質なホテルへと生まれ変わりました
と、HPでは紹介しています。
「道後温泉本館」目の前ヨーロピアンホテル
ホテル パティオ・ドウゴでは、シモンズベッドを導入し質の良い睡眠と、爽快な目覚めを追求しております。また、ホテルの目の前には「夏目漱石」もこよなく愛した道後温泉本館が! 道後温泉駅からも程近く、抜群のロケーション!!ホテルとしては珍しく 浴衣・雪駄での外出がOK!!
浴衣に着替え、タオルを肩に街を歩けば、気分はまさに明治の文豪。

ヨーロピアンホテルは言い過ぎかもしれないが、この紹介はかなり言い得ている。

イメージ 15
道後温泉のチケットがセットされたプランだったので、浴衣・雪駄が用意されており、目の前の温泉へGO!してきました。

イメージ 1
道路からエントランスを
イメージ 2
エントランス
イメージ 3
フロント周り
イメージ 4
5FのEVホール
イメージ 5
ベッド周り
確かにゆったりとしたサイズで、ゆっくり寝られました。
イメージ 6
部屋から玄関方
温泉地にあるビジネスユースにも使えるホテルでしょうかね。
私のようなシングルユーザーには持って来いでした。
イメージ 13
ホテルのブリッジから夜の道後
イメージ 14


フロントマンも丁寧な応対で好感が持てます。
また、ホテル内にすし丸道後店がある。
ちょっと一杯の夕食や朝食にも利用できる。
朝食和食定食 800円(税別)なら利用するべきだったかな…と後悔。
朝食会場入り口横に置いてあるのモーニングコーヒーは、フリーです。
と、雑感です。
質感も高く、温泉街の雰囲気を離れて静かな一夜を過ごせます。
おすすめできるホテルかと。

イメージ 7
夕闇の道後温泉(工事中で仮設屋根が掛かっている)
イメージ 10
ホテルの目の前が温泉入り口
イメージ 11
雪駄に浴衣で散策です
イメージ 12
道後温泉の外湯 飛鳥の湯と椿の湯
イメージ 8
プロジェクションマッピングの演出

イメージ 9
朝の様子

呉での宿泊の朝に訪問。
駅からだと10分強かな。

各種口コミを参考にぶらり、呉の朝の町を歩きます。
そして到着。
む?7:30を過ぎているのに?
準備の真っ最中だったようで、常連さんの先客は普通に待ってらっしゃいました。

そこで、うどんとおにぎりを…と思ったら、おにぎりはちょっと時間かかるようで…「うどんWでいかがですか?」
と勧められるままに注文。

細いうどんとやさしい出汁で提供されます。
イメージ 1
たっぷりのネギ、かす、とろろ昆布
たまごは追加
イメージ 2

イメージ 3

常連さんが多くいらっしゃるようです。
呉の朝うどん!美味しくいただきました。

イメージ 4


全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事