源流日和

自称、右脳派が繰り広げる珍道中。釣るイメージ(妄想)だけはパーフェクトです。

その男不器用につき

イメージ 1

家族サービスで旅行に行ってきました。
もちろん、自分の目的は観光ではなく「アマゴ」です!

元々は渓流釣りを始めたのが鮎沢川水系だったので、アマゴが釣れておかしくない状況だったのに
なぜか釣れるのはヤマメばかり、近くて遠いアマゴ!

念願のアマゴをはじめて釣ったのは芝川特定区でした。

お父さんアマゴ釣っちゃうぞ!と
意気込んで出掛けてきました。
幸いにも嫁が行きたいという観光名所は、漁協管理下の渓谷!

嫁と子供は観光に川遊び、自分は釣りと願ったり叶ったり!

イメージ 2

解りにくいですがアマゴが泳いでいます!
1時間半(釣り出来る時間)ちょっとに全てをかけます!

が・・・
有名過ぎる名所の為

イメージ 3


タフコンです、遊漁券の後側にも沢山人がいます(汗)

子供も居るし、とても針がついたものなど投げられません

とりあえず人が居ない場所を探しますが、
つきづきと準備を終えた遊泳客が現れます(*_*;

しょうがない、川は皆んなの物^_^;

こんな時こそ丹沢の釣り人の腕の見せ所!
渓流銀座を舐めるなよと!

アマゴはチェイスするものの見切りが上手くバイトしません。

追いの良い魚が居て、喰わせの間を入れヒット!

イメージ 4

アマ・?イワナでした。

流れの中でバラしたり、見えるほどいるのに釣れないアマゴ

イメージ 5

またヒット!今度こそアマ・・イワナ。

朱点を見ること無く終了〜。

なぜこれ程までにアマゴにそっぽむかれるのか?
ヤマメ好きの為チェイスがありパーマークが見えると、「ヤマメっ!」と思ってしまうのです。
きっとプライドの高いアマゴは、それが気に要らないんだろうなぁ。。。

人間に例えるとホクロのある南野陽子がアマゴで
南野陽子にホクロのない双子がいて、南野京子だとします
陽子がアマゴで、京子がヤマメ。

陽子と京子は離れて暮していて、京子好きな男は
陽子とあった時に京子と呼んでしまい、
京子と呼ばれた陽子は機嫌がわるくなると。。

解りにくいですよね?
釣りも例えも不器用につきお許し下さい。。。

この記事に

開く コメント(14)[NEW]

継続すると云うこと。

皆さんこんにちは。
記録的な猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?

イメージ 2


多忙と暑さでブログ更新も億劫になりがちです。

短時間でも釣りに行ける日は行ってるのですが、なかなかどうしてブログ更新はさぼりがちに。


先日、相模の釣り師さんとお会いすることが出来て本流の釣り方を少しレクチャーしてもらいました。
遠目でロッドアクションなどを盗み見してしまいました。

数日後にまた短時間釣行、夜討ち朝駆けを実行

渓流釣りの基本夜討ち朝駆け!
誰よりも早く河原に立つこと!
朝一番河原に立つと川鵜が山から飛来、自分がいるからどこかへ飛んで行った!
やったぜ!
川鵜に勝った!

イメージ 1

8月吉日 丹沢某所
(今回の釣行は、有力情報をもらっての釣行なので風景写真は関係ない場所のを使用しています)

イメージ 3


イメージ 4

このスプーン約5センチで8グラム!!
深場の攻略に使ってみたいと思います!

とりあえず、普通のスプーンでスタート!
プールから落ち込みそして瀬に続く場所のアップキャストで流れの速い流心をずらしてリトリーブ。
プルプルと魚信が!
ニジマスが一投目からヒット!

イメージ 5

モンスターに育っておくれ

まだ居そうな雰囲気がするので、探りつづけました。
ミノーに変えて、数投目!
またソフトなアタリからプルプルと魚信!
サイズ的に先程と同じ20センチ位の手応えでしたが
自分の手前5m位まで寄せたら、いきなりダッシュ
ジ、ジジジジジーーーー(アルテグラのドラグ音)
止まりません
下流には小さいながら堰があるので、そこまでは走られたくない
少しロッドを送ります、テンションが緩む事により魚が止まることがあるからです。
成功!
ドラグが泣き止みました!

ゆ〜っくりよせます。。
重いながらなんとか近づいて来ます、足場の良いとこに移動しながらゆっくりとゆっくりと。。。

すると、今まで寄せた分を帳消しにする再スタート!
ジジジジーーーーーーーー


またかっ!
あまり遠くに行かないで
この時点でネットを外し鮎の曳船のように流しておきます。
大物はネットを見ると再スタートすることが多いので、予めネットを見せておきます
片手にロッド、片手にネットで走られるよりも
両手でロッドとリールが操作出来るほうが有利!
このままバラさずに寄せられるか!?

葦にラインがスレないようにロッドを操りながら、ゆっくり寄せネットの手前1m位のところでまたダッシュ!
予想通り!しかしこのダッシュで魚は流心じゃない水辺のほうへ逃げ込みました!
願ってもない展開!
1つだけドラグノブを締めて歩みより
ネットを手繰り寄せて…
ネットイン

大ヤマメだぁ

イメージ 6


エロ格好良い(;´Д`)

イメージ 7

念の為測ってみましょうか?
40あるかな???
あるよね!?
ドキドキしながら計測すると39センチ、
3回測って39センチ。
あと1センチの壁が。。。

イメージ 8

嬉しくてちょっと悔しい、エロ格好良いヤマメでした🤩

その後にネットを拾ってくれたSさんと遭遇!

帰り道、地元の方とお話ししているとおじいちゃんが歩いてきました。
きちんとした身なりに、ポマードで整えられた髪。
80位とお見受けしましたが、なんと御年93歳!
自分で食事を作り、これから健康の為に自転車に乗るそうです!!!
自転車は日課との事!!!
93歳のおじいちゃん、杖もつかずに散歩ポマードで整髪し格好よく自転車をこぐ!
格好良い93歳でした。

おじいちゃんが継続してるように、本流の釣りも継続して行きます!

めざすは46センチ(欅坂46にちなんで、HATAKE WORKSの欅ブローチに願掛け中!)

この記事に

開く コメント(18)[NEW]

イメージ 1

(Yちゃん画伯のイラストです)


UPが遅くなってしまいましたが、相模川サクラマスPJの丹沢の釣り人大説明会が
大和の本格燻製料理の店くらげ亭にて開催されました。

当日はアンリパの飯田さん、回帰マス連絡会の伊藤さん、ザンマイルアーの小平さんらが
サクラマスについて話しをしてくれました。

イメージ 2

イメージ 5

日本一のスピニング使いと言われる飯田さん!

相模川のサクラマス
まだまだ魚道等の問題はあるとは思いますが、着々と稚魚は育ち、放流の時期に向かっています。

説明会と言っても堅苦しいものではなく、所謂飲み会ですから
情報交換したり交流を深める場になりました。

イメージ 3

名MCの相模の釣り師さん!

今回はHATAKEWORKSさんに以前お願いしていた
畑鱒ブローチを譲って頂きました!

イメージ 4

欅製です!堅く、木目が綺麗で何より格好いい!
(欅←欅坂46の「けやき」です!)


イメージ 6


同日開催の大和阿波踊りのように盛り上がり
沢山の方と楽しく過ごせました!

今の相模川でサクラマスを釣る為の1番の方法は、どんな優れた釣具でもなく
サクラマスが回帰する川にする事だそうです!

そしてそのサクラマスが命を繋ぐまでの間がサクラマスプロジェクトの使命。

今回集まってくれた方、遠方より支援してくれている方、ネット募金してれた方。
会場を提供してくれるまさのりさん、
ボランティアで手伝ってくれたK美さん、Yちゃん画伯、N瀬君ありがとうございした。

この記事に

開く コメント(16)[NEW]

イメージ


2018年 7月29日 日曜日

相模川サクラマスプロジェクト(仮)での説明会が開催決定しました

開催場所は神奈川県大和市の本格燻製料理BARくらげ亭

小田急線、相鉄線の大和駅から徒歩10分くらいです

14時からスタートします



相模川にサクラマスを復活させようという熱い思いで始まったプロジェクト

昨年の秋に開催された丹沢大反省会チャリティイベントで

集まった資金の一部でサクラマス稚魚を育てて頂いております

すでに山梨県の養魚場にて見学会なども行っております

もう地元相模川にサクラマスの遡上が目に浮かんできます

今年、秋の試験放流に向けてサクラマスの知識を共有しよう

同志と交流を深めようということで中間報告と説明会を行うことになりました


イメージ
*昨年開催されたチャリティイベントの様子



そして、今回のスペシャルゲストに丹沢が生んだ渓流ルアー界の

パイオニアである、アングラーズリパブリック飯田氏も来場します

相模川、丹沢の今昔話を語ってくれます

そして過去に地元相模川サクラマスの稚魚放流の高い実績や

サクラマスの生態など詳しい説明をして頂ける

あの回帰マス連絡会代表の伊藤氏も来てくれます。

ルアーメーカーZANMAI代表の小平氏からは

相模川サクラマスプロジェクトの経緯や夢など熱弁してくれるはず

これは、丹沢アングラー以外のエリアの方々も来ないと損しますね


イメージ


昨年のイベントで序盤は和気藹々と時間が流れましたが

ピーク時には、40人近い人が店内所狭しといらっしゃいました

今回は不安要素でもある、店内に人が入りきれるかどうか・・・でしたが

ご安心ください、当日は祭りが開催されていているので

外飲みも多少なら大丈夫かもしれませんwww



台風の最中に無謀にも開催されたにもかかわらず大盛り上がりでした

イメージ
*熱弁中の相模の釣師



今回、正式に司会進行MCを任されたのは・・・・・

相模の釣師!!!

前回は急遽色々司会的な事をやりましたがグダグダで申し訳なかったです

今回はスムーズに進行できるようにしますので

皆さん、あたたかく見守ってくださいませ



当日の説明会の簡単な流れ↓

14時 MC&丹沢大反省会幹事からの挨拶&乾杯でスタート

店内に人が溢れ出したら、本題に入る予定です
(15時〜17時の中での雰囲気で始めると思います)

ZANMAI代表 小平氏の気合の熱弁&挨拶
回帰マス連絡会代表 伊藤氏からサクラマスに関する説明会
(質問などある方は事前に考えて置いてくださいね)
アングラーズリパブリック 飯田氏による挨拶&丹沢の今昔話
引き続き交流会となります





(当日のスタイル説明)

参加資格は釣り、自然を愛する者なら大歓迎

入場料はありません入場無料

今回は、釣具などチャリティ販売などは行いません

アルコール類、ノンアルコール類、ソフトドリンク 全て一杯500円
(原価を除いた金額がサクラマス放流に寄付されます)

食べ物に関しては、昨年同様 お一人様ごとに持参してください
当日、調理などは行いません
(ツマミ類、菓子類、肉類、お惣菜、屋台の食べ物、何でもOKです)

14時以降なら滞在時間は自由なので、出入りも自由です

終了時間は特にないですが24時には帰りましょう
(ボランティアスタッフに申し訳が無いので)



神奈川県大和市にある「くらげ亭」を貸し切って行います。
小田急・相鉄 大和駅徒歩10分
神奈川県大和市深見西2−1−1





車でお越しの方は近くに上限800円、

一回500円パーキングが二箇所くらいあります

しかし当日、大和市の阿波踊り祭りがあるので交通規制など

駐車場が満車の可能性も考えられるので、ご注意くださいませ
(飲酒運転は厳禁です)



イメージ



相模の釣師からのお願い

スタッフは、ボランティアで手伝ってくださっているので

手が空いている人は、片付け、当日のお買い物、指示など

積極的に協力してくださいね。(丹沢アングラーは特に)

すでに個別に案内を多くの方にさせて頂いておりますが

可能な限り充実させたいので参加可能な方は

あらかじめ表明してくださると助かります

当日は、どうぞよろしくお願いします




*ヤフーブロガーの皆さん転載出来るように設定しています
自由に転載&トラックバックしてください


転載元転載元: いい釣夢気分!

この記事に

開く コメント(6)

一言で丹沢と言っても、東西に表裏
丹沢は広いので
丹沢の釣り人、そのフィールドは三者三様。

イメージ 1


ブログタイトルでもある「源流日和」
しかし、
右脳派釣師ってあまり源流行かないよね?そう思った訪問者様
正解です(笑)
ブログ開設時に「渓流日和」にするつもりでいたら
「渓流日和」というサイトが既に在ったので
源流日和にしたのです。
ライト源流は行くのですが
まぁ、おっさんにはライトくらいが丁度良いという訳です
あまり源流に行くとヤマメからイワナになってしまうのも理由の一つ。
極度のヤマメ好きとしては、ヤマメが居ないと熱が入りません。

前ふりが無駄に長くなりましたが、ちょっとだけあの川どうなってるんだろう?
と思う川があり、探釣に短時間だけ行ってきました!

用事があるので釣り出来る時間は2時間程
探釣ですから駐車ポイントや入渓ポイント等が解ればいいやと出掛けました。
車で行けるとこまで進み路肩に駐車、タックルを組み
さあ!と登山アプリを開くと、何かの拍子にキャッシュを消してしまっていたようで
地図がありません(汗)

携帯圏内まで引き返すと時間がなくなってしまうので
本流筋と支流を少し探る事にします

幸先よくヤマメのチェイス、増水気味(石の具合から)の流れが弱まっているところからでした。

しかしすぐに堰堤で、詰まってしまいました。
巻道を探すのも面倒だったので2本あった支流を探る事にしました。
1本目、すぐに足跡を発見し引き返しました。
2本目の支流、シェードから魚が飛び出しバイト!
上手く乗らずバラシ。
期待して遡行すると上流から降りてくる人が!釣りっぽいです!
話を聞こうとしましたが、藪の中へ消えてしまいました。
あのあたりから林道に出れるのかな?
時間も無いので、沢変えは出来ません。
探釣だと言い聞かせ遡行します。

また小さい魚をバラシますが、ヤマメかイワナかもわかりませんでした。

魚が居るだけでも嬉しいものです。
ドアップで投げたHAMにチェイスらしき魚影
よく見えなかったけど何か居る!立ち位置を変えてもう一投!
水面を割るバイト!だがヒットせず!
その後、数投するもアタリなし。
こちらの姿見られちゃったかな?
帰りに狙おうと決め、水辺を通らずに藪を漕ぎ上流へ行きます。
魚がこちらに気がついていない可能性もあるのでむやみに水辺を歩くのはやめました。

上流のポイントを打ちますが、なぜか気になるさっきのポイント・・・

まだ20分も経ってませんが、戻りました。
今度はダウンクロスの位置から・・・
アタリ無し、やっぱり見られてるかな?

再度藪を漕ぎポイントの下流に立ちます。

食い気は十分ありそうな先程の水面を割るバイトは、お腹空いてて喰いそこねたかな

なんとかコントロールが効く15m離れた距離からのドアップのキャスト
ポイントにはこれ以上近付きたくない

先程より大きめなロッドアクションに巻きスピードは抑えたトゥイッチ
HAMがグッと押さえこまれた!

「よっしゃ喰った!!さっきのか!?」

渓のサイズに似合わず重い引き!
スレ?
最近のバラシ病が、トラウマレベルになっていて
こちらから、ゆっくり近付きネットイン!

イメージ 2


これは!!
しゃ、尺ヤマメ様でわ?
この時、何か叫んだ!

メジャーをあてた・・・
29.5
もう一度測ってみた
29.5

また何か叫んだ(笑)

それでも丹沢渓流では誇れる大ヤマメだ!
本流の魚じゃない渓流域のヤマメ!

「You、この辺も良いだろ?また来なよ!」とヤマメに言われた気がした。

また来るよ、君が尺を大きく超えた頃にね!


イメージ 3




しかし丹沢物語にはまだ続きが
帰りの林道で見たことのある車とすれ違う!
あのイケメンドライバーは!
いちろーさんだぁ!
ご挨拶せねば!(美人奥様に)
Uターンしてチェイス!
車が停まってる!
その先に人影が!
背中超日焼けしてる!間違いない!(笑)

「あの、いちろーさんですよね?」
知らないおっさんに声をかけられ困惑気味のいちろーさん。
右脳派はこの時思った!
「右脳派釣師」というハンドルネームを出すのが超恥ずかしい
しかし名乗らねばただの不審者である。
お連れの方から110番通報されかねない。
勇気を出して「あの私、自称右脳派です」
いちろーさんは、優しく応えてくれた!良かった〜😀
いちろーさん、あの時はすみませんでしたm(_ _)m
用事があり、驚かせた上にそそくさと帰ってしまいました。
怪しい登場でお連れの方にも、すみませんでしたとお伝え下さいm(_ _)m

どうかこれに懲りず
これからも宜しくお願いします!

この記事に

開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事