源流日和

ありがとうございました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

はじめに、「本当にすみませんm(__)m」

先日ネットを無くしてしまい、あわててネットを作りました。
もちろん釣りに行く為なのですが。

それで迎えた昨日、ネットを持って釣りに行ったわけですが・・・

またネットを落として帰ってきました・・・

しかも渓流銀座に探しに行かず、西丹沢に行ったのです・・・
前回、ネット捜索に協力的なコメントを頂いたのに
渓流銀座に回収に行かなかった罸があたったのかもしれません。

帰りにネットが無いのに気がついて沢を戻り探しましたが見つかりませんでした・・・

すぐには探しにいけないので、この馬鹿者につける薬を・・・

イメージ 1

このバスが関係するM沢です、N沢ではありません。

帰りのN沢出合いにある堰堤より、少し上流でネットが無いことに気がつき戻って探しましたが見つからず

イメージ 2


この滝の少し下ではネットがありましたので
区間でいうと、そこからの帰り道で落としてしまいました。

茶色のウッドフレームで、クリアラバーネット全長40くらいです

当日は雹が降って、雪景色のようになり
見つけられませんでした。

ゴミのほとんどない美渓です
この沢で将来、ゴミに成らないよう
釣りに行かれる方
ブログをご覧の方
見かけたら一報下さい、よろしくお願いしますm(__)m

22日追記、S木さんによりネット発見!
S木さん、監視員Kさん 、足を止め話しを聞いてくれた西丹沢アングラー様
ありがとうございました!
画像アップが出来なくなりました??
パソコンからやれって事でしょうか?

5日に渓流銀座に行ったのですが、ランディングネットを無くしてしまいました(T_T)

場所は渓流銀座の旧T観光センターあたりで気が付きました。
直前に使用してますので流れに乗っていったと思われます。

M橋の少し上からセンター前まで探すも見当たりませんでした。

M橋上の堰堤、少し戻り右岸のロープで上がるところ(通常ルート)
左岸の堰堤横を昇りました、実は前回の酒匂川でシューズが壊れたので
予備のブーツフットウェーダーに肩掛け鞄、2Pロッド。
この装備で左岸を昇ると危険です😅
昔登って2度と登らないと誓ったのに忘れてました💦
大堰堤を越えた高さで、小指の太さも無い根っこが頼りに、それすらないとこもあります。
大堰堤は戻って右岸のロープを使って下さい。

こんな事を書くのも、この日林道で渓流をはじめようかというアングラーに会ったので書きますね。
安全第一で初めて下さい。

ネットはブローディンランディングネット(ファントムシリーズ)のSサイズを真似て作ったものです。
クレモナからクリアのラバーネットに変更してあります。
浮力がかなりあり沈まず流れてしまいました。
ラバーネットの中でも、クリアのラバーは夏でも温度が上がりにくくて
火傷を負わす事がありません。

インスタネットもゴーストシリーズのクリアラバー仕様があるのですが
ホルダーをベルトに通さないといけないのでゲーターに衣替え時に不便かと思います。

渓流銀座の何処かで、こんなネット拾われたらお知らせ下さい!

イメージ 1

N瀬

ニジマスおじさん、ヤマメおじさんコラボシリーズ第3段!


イメージ 1




斯々然々で、またもコラボすることになった、ニジマスおじさんとの釣行記。
ダム下実況で、お疲れ(傷心)のニジマスおじさんに
「一緒に第二回やりましょう!」と言ってみたら
「もうボウズ嫌っ、西へ行きたいっ!」
かなり傷心しているようです。。なので西丹沢へ行く事に。。

自分の釣りで精一杯なのに、上手くガイド出来るだろうか??

さらにこんな話も出てきた。
ニジマスおじさんのところのスタッフN瀬君
N瀬君「僕も行きたいっす!ヤマメおじさんの根掛かり外しにいくので、連れてって下さい!」
N瀬君といえば"丹沢の釣り人大反省会"にてボランティアでカウンターを手伝ってくれたダム下の未来を担う若手アングラー
ヤマメおじさん「N瀬君には大反省会ボランティアのお礼に使わなくなった18ステラをあげようかと思っていたのだが?」
N瀬君「西の白き渓に行きたいっす!18ステラなんか要らないっす!」
ヤマメおじさん「わかった!案内するよ、ただし桂川の件があるから着替えは多めにね!」

熱意に打たれ連れてってあげることにしました。※ヤマメおじさんは18ステラは持っていません、買う予定、資金もありません 笑


根掛かり外し係ゲェェェット!!


K美さんの根掛かりなら自分が喜んで外しに行きます(^o^ゞ

さて、そうは言ったものの何処へ案内しようか?
3人でみんな釣れる川、根掛かり外すのがちょっと大変な川、、、

ニジマスおじさん「本流がいい」
ニジマスおじさんは、ストイックに大物を狙う。

明け方ランドロックを狙い、その後本流を打ち、釣れなかったら癒しの小渓流を打つというプランにした。
しかし大丈夫?ヤマメおじさんはランドロックも本流も素人ぢゃないか!?

当日の集合直前まで本流駐車場を回って確認するヤマメおじさんには、な〜んの秘策もないのである\(^o^)/オワタ

ここまでがプロローグ。

迎えた当日、現地駐車場にニジマスおじさん(1時間睡眠)とN瀬君(助手席)はすでに来ていた。

闘いの火蓋は切って落とされたのだ・・・

水面を見たニジマスおじさんが一言「いいね」と呟き
何かを感じたように磯タモを準備した。

イメージ 3




静寂をやぶるライズが、ランドロックでありますように!
3人で投げて投げて投げまくる!


イメージ 2



ヤマメおじさんのスプーンに何がが当たるものらない・・・

コンビニのオニギリをくわえたカラスが空を飛んでいた。。。

ニジマスおじさんヒット!
トラパラが弧を描いてる!!!

40センチ弱の魚と闘っているのが見えた!
無事キャッチ!
ヤマメおじさん「ランドロック?」
ニジマスおじさんがニッコリ笑い応えた「立派なランドロックウグイです!」

イメージ 4




ヤマメおじさんのアタリもこやつの仕業かf(^_^;

その後N瀬君もヒットするもバラシ。
深さを怖れず対岸へ突撃するネッシーおじさん 笑


イメージ 5




アタリが遠退いたので移動
綺麗なヤマメでもと白き渓を釣り上がる

ニジマスおじさんが呼んでる!
N瀬君何かが釣ったらしい!!おめでとう!

あれれ、君の名は‼


イメージ 6




婚姻色のウグイで一喜一憂するN瀬君、ブ○ック企業で働きながらも白き西丹沢の渓流みたいにピュアだ!

イメージ 7

背中の磯タモで掬ってほしかった(ノ´∀`*)


またまた移動!

ヤマメおじさん「さあ皆さん、肩慣らしは済みましたね!ここは実績ある場所(人様ですが)ですので本気でお願いします!」

流れを見て活性の上がるニジマスおじさん!

イメージ 8





「もうダム下の時代じゃないね!これからは西丹沢!酒匂川最高ウホッ!」
あ〜ぁ、大反省会幹事がそんな事言っちゃって(;^_^A
この発言はヤマメおじさんの心の中にそっと仕舞っておきます。。( ´_ゝ`)


しかし、ニジマスおじさんの選球眼、選流眼というべきか。伊達じゃない!

この場所ではヒット多発!
反転流を泳がせていたスミスheavenが引ったくられた!
ジジジジジー、ドラグが出て大物ジャンプ1発フックアウト(*_*)
60か?50か?もう少し小さかったかな?でも大物だったよねN瀬君?
サクラマスという事にしてくれるとヤマメおじさんは嬉しいです!

そしてまたネッシー出現!

イメージ 9





(生で見ると、かなり怖い流れですよ)

ヤマメおじさんもこの日おろしたばかりのシュガーディープが根掛かり!
「お〜ぃN瀬〜、出番だぞ〜!根掛かり外してクレメンス〜! 」(根掛かり外し係は、声も聞こえない遠くにいるという・・・)
自分で根掛かり外すのにネッシーして対岸へ(ToT)怖い怖い!

ニジマスおじさんが、ここの瀬で大物掛けるも痛恨のバラシ(´д`|||)

マズメはここを狙うべきでした、ガイドとして深く反省し
次のコラボに備え一人で調査に訪れたいと思います(^_^)/~~

小渓流に避難しようか悩むヤマメおじさん。

イメージ 10






さらに下流に移動したとこでニジマスおじさんがお昼寝をするので
ヤマメおじさんとN瀬君だけで釣る事に!

キラーン( ☆∀☆)

ヤマメおじさんのブラックな1面が顔を出します!
何とここは前回ニジマスポイントの近く!

この場所でN瀬君に釣ってほしい!「実績ポイント」とだけ伝え先行してもらいますo(^o^)oワクワク。

イメージ 11






この場所はプール、この日ニジマスおじさんは頑なに「瀬だ!瀬!今日は瀬の日だ!」と瀬狙いのダウンストリームに特化していたので実績プールはN瀬君に(^o^)v

ニジマスおじさんに寝起きサプライズ(どや顔のN瀬君)したいブラックヤマメおじさんΨ( ̄∇ ̄)Ψ

しかしここでN瀬君のロッドは曲がる事は無かった・・
ここまでN瀬君の釣りを見ていると
それはダウンであり、スプーンであり。
時折プラグを投げているがほぼニジマスおじさんの釣り方に似ている。

人の釣りを見ているのも面白い!

ここでヤマメおじさんに待望の1尾

イメージ 12



さらに下流を目指し、いよいよ酒匂川らしくなってきた!


イメージ 13





イメージ 14



もう放流魚でもかまわない、ガイド役としてはなんとか釣ってほしい!

日没まであと一時間半、今まではお互いの姿が見える範囲内でやってきたけど
可能性を広げるため、茫漠の酒匂川に散らばる作戦に出た!
前回釣行時に魚影の合った流れ

その中で上流にN瀬君
中流にヤマメおじさん
下流にニジマスおじさん

携帯で連絡を取る事にして最後の闘い!
川原に降りる前に呪文を唱えた「オンコリンカスマソウ、マソウ オンコリンカスマソウ、イシカワエ」
最後の闘いだ!
ヤマメおじさんはシュガーディープの扇引きで釣り下る!三回キャストしたら2メートル下る、これの繰り返しだ。

自分のロッドが曲がらなくても二人には釣ってほしい!

ポイントを流しきるもヤマメおじさんにヒットは無かった。
対岸へ移り同じ流れをアップクロスでスプーンを投げているとN瀬君が下りてきた。

残念ながら釣れなかったようだ

ニジマスおじさんはどうだろう?

二人で探しながら護岸を下る、、

居ない。まさか河口目指して釣り下ってる?
ニジマスおじさんはそのくらいの勢いだった!

"フィナーレ"

二人で注意深く川原を見ながら下る、
釣れて撮影してるからしゃがみこんで姿が見えないのかも?
何が釣れたかな?サクラだったりして!なんて言いながら探した。

何処だろうニジマスおじさん。。。



茫漠の酒匂川、遥か遠くに人影が見えた!
ニジマスおじさんだ!

大きな深みの横でキャストを続けてる!

「こっちは二人ともダメでしたよ、釣れましたか?」

「ふふふ」不敵な笑みを見せるニジマスおじさん!
いやサクラマスおじさんか!?

スマホを取り出し画面を開く「じじゃ〜ん!」←と言った気がした。

イメージ 15





グイウ〜!!!!!

ランドロックウグイから婚姻色ウグイで〆は本流ウグイ!
無駄にデカイ!!!





帰りはもう真っ暗

イメージ 16



この日の移動距離、釣り開始地点から終了場所までなんと約25キロ!
ラーメン食べて帰りました!
ガイドに成らなかったけど
めっちゃ楽しかったですよ!ありがとうございました!

次はダム上にしようと誓う、おじさん二人でした。

※いつもは漢字二文字のあぶない刑事風タイトルですが
スペシャルゲストN瀬君の大反省会への奉仕に敬意でタイトルをつけました。

ヤマメおじさんが、記事の中、勝手に盛ったりした会話もあります。
またウグイ乱獲防止の為、一部画像に処理をしてあります。

N瀬君、1度も根掛かりを外さなかったのでまた行きましょう!

3人の闘いはつづく。。。

いい夢見れそう。

イメージ 1

訳有って連続釣行、訳有ってまた釣り!
※仕事は行ってます、深く聞かないで下さい。

いつも世附に行く度に気になっていた酒匂川本流、今年は積極的に放流もされている様子。

基本的に東丹沢の釣りと西丹沢の釣りが五分五分くらいになるようにしているのですが。
箱が大きすぎて未踏だった酒匂川本流の釣りに行ってきました。

始めて渓流釣りをしたのは鮎沢川の支流だったので酒匂川には縁があると思いたい。
ハマサキデンスケさんが「茫漠の・・・」と表現してたように
酒匂川のどこから始めたらよいやら
清水橋のあたりならわかるが、車を停める場所すら不明(*_*)
なので駐車場の確認で漁協に聞いてみたところ「置くとこはいっぱいある、とりあえず漁協前に置いたらいい」と言うので
漁協前に停めさせてもらった。
松田のあたりをやってみたいけど歩くのは時間がかかりすぎる。
適当に降りて

イメージ 2

11度、そろそろスレてきてるだろうし途中に鳥が沢山居たから
深場を狙おう、それでスミスのheavenをセットし1投目、いきなりのチェイス!
YouTubeでスプーンにトゥイッチかけてるのをみたので真似したらヒット!
マジか1投目で・・・

イメージ 3

30越えてるo(^o^)o

小渓流や管理釣り場では、割りとよくある1投目のヒットが、まさか酒匂川であるなんて😅

それからも

イメージ 4

大きい✌

おいおい、こんなに上出来だと川で転ぶんじゃないか(転ばなかったけどウェーダーが切れました💦
)

車に戻り漁協関係の方が居たので結果報告し、上流へ移動。
土手から見ると結構入ってますね。

松田周辺ではなにも起こらず、山北に移動します。
山北では、アングラーを見かけません。

取水が増え、本流の水量がなく場所によってはコイがゆらゆらと泳いでます。

取水がなければ良い流れがあるのに残念、
谷峨まで行けば水量復活しますが。

普段の渓流釣りで近くを通りすぎる、山北はどうでしょう?

水が少ない分、的を絞りやすいけど釣れません。
足跡は付いてるので人は入ってます。

そろそろもう1匹とりたいところ

今日はほとんどサイドかダウンの釣りでしたが、近距離アップでスプーンを打つと!

白泡の下から、目を疑うほどの大物が浮いてきて喰った!!!

泡の下に隠れ家があるのか、突っ込みます💦💦
最近PEラインを使うようになり根擦れが心配💦
この引きヤマメちがうで!きっとサクラマスや!!わし今サクラと闘ってるんや!!!
※慣れない大物とのやり取りで独り言が関西弁に

少し浮かす
魚突っ込む
少し浮かす
魚突っ込むを繰り返しながら
引き出すと今度は下流へダッシュ💨💨💨
すごいスタミナの魚!まだまだ姿を見せない!
頭をこっちに向けたと思ったら、また白泡の下へ!どんだけそこが好きなんだよ!!

長期戦です、この引きスレ掛かりなんだろうか??

ゆっくり浮かしても、またプール内を右往左往💨💨
遠く見えるシルエットはトラウト!コイじゃないぞ!

しかも銀ピカの魚体!
今日持ってきたネットには入らないサイズ!



砂地に移動して、ファイトを続けます!
こんだけ暴れてフックアウトしないって事は掛かりは良いはず。
寄せては走り💨
また寄せては走る💨💨

ようやくキャッチ!

イメージ 5

自分の事を睨んでるよう😨
正体はニジマスでした!

イメージ 6

崖を降りるのに邪魔だったので、メジャーを入れたバッグを置いてきてしまい
手のひら計測で47くらいですo(^o^)o

こんなファイターが居るなんて!!
酒匂川素晴らしい!

時間の関係で谷峨はやらずに終了。

酒匂川の洗礼を受けるつもりがまさかの釣果、前夜はなかなか寝れなかったけど
今日はいい夢見れそうです💤💤💤



※ブログ書きながら根落ちしてしまいました。
文中の今日は全て14日の出来事です。

イメージ 1

ひょんな事から、朝の約一時間半くらい時間が出来ました。
なので奇跡の連続釣行に!
day1

イメージ 2

誰も居ない川原に、相模産サクラマスを夢見て・・・
ノーバイト、ノーチェイスのパーフェクト坊主。
何かが水面を割り、魚類の生命感だけは確認。
しかし帰りの道中に別のアングラー発見し胸がアツくなりました。
多分サクラ狙いのアングラーかと。

day2

イメージ 3

立派な名前の桜(ソメイヨシノではないので、まだ咲いてます!)名前は失念。
ノーチェイス、ノーバイト。
またも帰りにアングラー発見、帰り道の対岸で会話出来ず。

day3

イメージ 4

三度目の正直か三日坊主か。

水温は連日約10度で安定、今日はジャンプする黄金色?の魚体が遠くに見えた!
周辺を打ちまくるがノーチェイスノーバイト。
今日はアングラー見かけず。
三日坊主でした。

day4

イメージ 5

もう心は折れる寸前、でも今日川原に立たなかったら本当の三日ボウズ・・・
サクラマス釣りに一番必要なもの、それは折れない心!
だから川原に立ちます、開始数投で回収したミノーにサクラの花びらが!

対岸際に投げたシュガーディープがリップに水流を受け始め潜行する直前、水面が割れるも乗らず。。。
昨日「跳ね」を 見たあたりを打って打って打ちまくる。
ふと今何時だろと気を抜いた刹那、ティップが入った!!!
何か掛かった!心拍数が上がる!粘土質で滑る今の立ち位置から足場の良い位置に移動しながら
バレるなバレるなと願いドラグノブに手をかける!
あまり引かない、首振りも、ローリングもジャンプも無い??
遠くで掛けたので、ゆっくりゆっくり近付きながら寄せた。

イメージ 6

ウグイでした(^-^;
今年1のドキドキをありがとう!
その後、なにも起こらず。

車に戻るために川原を歩いてると、ルアーロッドを持った人が歩いてる!
走って追いかけて話し掛けた「すみません、サクラマスですか?」
「そうですよ!」
自分より大先輩で10年以上前から、ここでサクラマスを狙っている方でした!(実績有り)
回帰マス連絡会の方でしょうか?と訪ねると回帰マス連絡会の事はご存知でしたが連絡会の方ではありませんでした。

仕事に行かなければならかったので
連絡先を渡し失礼しました。
もっと話をしたかったのですが残念。
あの後、釣れましたでしょうか?

相模川でサクラマスを狙うアングラーが居るだけでもテンションあがります!

day5

イメージ 7

少し狙う場所を変えてダム下下くらいの流れへ、ここでもノーチェイス、ノーバイト。

イメージ 8

変な鳥発見。

4日目にお会いしたアングラー様から、かなり有力な情報をもらえました。
サクラ狙いのアングラーに出会った事、これが連日で最高の収穫でした。
タイトル画像は川原に、自分の足跡。
結果は残せなかったから足跡は残して来ました。

イメージ 9

ありがとう相模川!

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事