源流日和

ありがとうございました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

丹沢に春が来た。

イメージ 4


今日はなんと午前限定で釣りに行けることになり、前回と同じ川へ。

いつもは連続して同じ川に行かないのですが
先日はチェイスもあまりなかったので、探釣もかねて行ってきました。

魚が見たいのに偏光を忘れる始末😅

暗いうちに現着、ルームランプの灯りでラインを通すと
二番ガイドを通らず、ガイドの足を通ってたのに気がついたのは20投もしてから
f(^_^;

山の中でもサクラは満開、今日は期待していいんじゃないでしょうか!
1日釣りしていたいけど、渓にこれただけでも満足です。

イメージ 5


ちょっと思う事があり56Lのロッドをセレクトしています。

すぐさま足跡を発見しますが、濡れたものは無いから昨日の足跡でしょう。
前回魚が居たポイントはしっかり覚えてるものの、気温も水温も違うので付き場が変わっているようです。



チャリティミノー軍は今日も活躍

イメージ 3


本日のファーストフィッシュはペタルにて

イメージ 1

ヒレピンの東丹沢ヤマメ
この場所で世代交代している魚かな😃

イメージ 2

ラピッド入魂、飯田さんのようなキャスティングがしたい!!

イメージ 6

朱点にファーストヤマメ!(しげるさんお待たせしました)

イメージ 7

丹沢の雄、HAMにはヤマメの電光石火の如く高速バイト!

陽当たりの良い場所ではヤマメのスピードが上がってきてます、もう春ですね🌸


まだまだ奥へ流れは続きますが、もう1ヶ所寄りたいので急いで戻ります

イメージ 8

移動先は「ダム下」!
パワーのあるロッドなので、タックル変更せずに挑戦。

限られた時間の中ではタックルの組み直し時間も節約したいのです。

しかし難攻不落ダム下は30分で結果が出せるわけなく坊主で終了💦

今日はダム下ダム上とも、かなりの釣り人でした。
釣り人の数だけドラマがあったんだろうな。

まだヒルには出てません、次は御対面??

おわり

ダム下にも夢がある。

イメージ 1

30年度の年券購入、しかし安い!ありがたいことです。
今年は虎次郎からではなくて、監視員さんから購入しました。

ダム下で知らぬものはいないであろう、ベテラン監視員さんからです。
いつも川の状況を教えてくれ、釣り人に
情報を提供してくれます。
その大物情報に翻弄されることもダム下の楽しみ方のひとつ。
まともにやっても釣れないダム下、監視員さんが「もっと上流が」と言えばタイヤを鳴らし上流へ
「○○橋の下流で」と言えばフルスロットルで下流へ

信じるも信じないも貴方しだい!

この情報や、釣れない現実、川鵜が多かったり、釣法(ルアー、餌、フライ、テンカラ)を越えて釣り人と出会ったり
ダム放水に一喜一憂したりと
釣れないなりの楽しさがダム下の魅力ではないでしょうか。

ダム上で先行者を気にして、ちょっと神経質になって釣りをする日もありますが
ダム下で過ごす時間を楽しく感じるようになりました。
監視員さん、タバコの吸いすぎに注意してこれからも監視活動よろしくお願いします。

イメージ 2



イメージ 3

ボクのところでも買えるよ!by虎次郎


年券の購入は、ダム下ベテラン監視員Kさん、またはFF中津川で!

丹沢には夢がある。

イメージ 1

ひさしぶりに釣りに行く時間がもらえたので午前中だけですが、ちょっくら東丹沢へ。
次はいつ行けるかわからないので雨天決行!
槍でも降らない限り自分を止めることは不可能です!

宮ヶ瀬あたりに来ると、フロントガラスにあたるのは、みぞれ❄
カッパの漏れは解禁日に確認済みなので簡易的なヤッケをカッパの下に来て入渓。

昨日のものと思われる足跡はあるものの先行者はいないようです!自分の車しかなかったので。

東丹沢で一番好きな場所。

イメージ 2

あれれ、段々足元が白くなってきました❄

イメージ 3

ある人はこの場所を「ジョージ ウインストンがはまる」と云い。
この沢を好む人達が集まる会もあるとか・・・

天候と戻りの時間を考えて、スピード重視で釣行します。

イメージ 4

引き返す場所まで、バラシ2尾で予定より45分早く到着しました。
当然、もう少し釣り上がります!

イメージ 5

丹沢っぽくなくなってきました!
寒くてスナップの開け締めもつらい。
雪が多くキャストしたルアーを見失います。

ダウンで流してやっと1尾キャッチ!
小さいけど美形なので写真撮るか迷っていたら逃げました(^-^;




まだまだ釣りたいけど時間切れ
1尾釣れたので戻ります、帰りは真っ白⛄

イメージ 7


想像(妄想)していた釣りと違ったけど
懐の深い丹沢渓流で雪の中釣りが出来て良かったです。

帰りに別の場所でルアーマンが、雪の中釣りをしてました!

彼は今日という日を楽しみにしてたんでしょう、会話はしなかったけど、そんな気がしてなりません。
吹雪の中キャスト位置によっては川に立ち込んでいます。
釣りをしない人から見たら異常な光景かもしれません。
だけど自分には彼の気持ちがわかります、何故ならば・・・
「丹沢には夢があるから!」

イメージ 6

解禁は嵐の中で・・・

渓流ファンの皆様、新年明けましておめでとうござい鱒!
今年の解禁は丹沢の釣り人大反省会の
チャリティー物品購入により
禁漁中もテンションがあがりまくり一日千秋の思いでした。
これはこれで楽しかったです。

イメージ 1










それでは、解禁日の事を書きたいと思います。

解禁前夜、興奮で眠れないので西丹沢、世附川の浅瀬ゲート駐車場に向かいました。
いつものファミマで遊漁券と食糧を買います。
YGLにて年券を買うつもりでしたが時間が取れず断念。

西丹沢の世附川には「沢割り」と言うローカルルールがあり
コアな釣り人は4時に集まって入渓する場所を決めます。
世附川の支流は何本もあり入渓まで二時間以上歩く支流もあるために考えられたローカルルールです。

これによって頭ハネの無い快適な渓流釣りが楽しめるシステムです。


イメージ 2



※昔の画像です、今回のものではありません。


最近の傾向として4時前に来た人がマグネットを貼り、4時の沢割りの時点で入渓場所が決まってる事が多いです。
ちょっと昔と変わってきてるようですが。。。
まあ早く来た人から沢名を告げるのが沢割りで多いパターンなので
先にマグネットを貼るのもありなのでしょうか。。。

4〜5人は来ているだろうと予想し23時に浅瀬ゲート駐車場に着いたら
なんと0台!?鹿は居たけど・・・
解禁日4時の天気は荒天、さすがYozukist解禁日でもクレバーだ。

監視員K木さんは来ているだろうけど、雨の中一人であそこにいるのはこわいので道の駅まで戻る事にした。
車で仮眠していると寒さとルーフを叩く雨音で目が覚める。
二時間歩きの支流に入りたかったが、降雨量はかなりのもの
この雨の中、林道歩きは危険で何かあったらK木さんにも迷惑がかかる。 
ひとまず世附川は天気の快復をまって他の河川に行ってみよう。
うっすら明るくなる6時代、いつもは細流の河川。
濁りと増水、上流までいけばどうかなとタックルをセットし川原に立つ。
今シーズン山と川を綺麗にするので、だから渓流で少しだけ遊ばせて下さいと丹沢の空に誓い入渓。

強弱を繰り返す雨、視認性に優れる不器用ルアーの「朱点」をスナップへ付けた。

イメージ 3



中国地方からの熱い思い!
丹沢の釣り人大反省会主催まさのりさんのブロ友ビルダーしげるさん作! 




しげるさんについては渓流ブログで有名なので説明するまでもないでしょう(笑)

ひさしぶりの自然渓流、雨でも心地好い!
濁りの中を朱点を通す、アクション見えない、川底見えない、魚も見えない(*_*)。
しかしながら撤退は自分が許さない、何百キロ離れた場所から丹沢渓流の為に送ってくれたビルダーさん達に丹沢の魚を見せたい!!!

いつもより早足で釣り上がる。枝沢が減る上流部なら濁り取れるかもと期待して。
しかし現実は上流も変わらぬ濁り、ロッドに感じるアタリは全て落ち葉。

移動を決意した。2本目は少し離れた場所

毎年、放流がある河川だが上流部の渓相はかなりの美渓で放流場所の某橋より上なら
美ヤマメが釣れると期待して移動した。
しかし林道入り口でまさかの工事による通行止!!
雨の中なのに工事とはご苦労様です、釣りに来たと伝えると車を通す訳には行かないけど
川へ降りるのは構わないと言う!
優しい警備員さんが自分の車の後へ駐車したら良いと車を置かせてくれた!
「釣り人さんは何時に戻る?」
「12時には戻ります(世附に行くから)」
現在9時、現在地から某橋まで(片道45分以上のきつい登坂)歩くよりはと、真横の渓へ降りた。
放流バケツ持って降りれる場所ではないから釣れれば綺麗な年越しヤマメだろう。

濁ってはいるものの、先ほどよりはましだ。
ここでようやく朱点のアクションが見れた!
一言で言うとチャーミーだ!
※自分なんぞがハンドメイドルアーのインプレする技量など持ち合わせていないので第一印象だけで表させて下さい。

この動きのミノーは持ってないし飛距離も出る!

しかし、ここでいくつか問題が生じた。
1つ ラバーソールが滑りまくりで何回も転びそうになる
2つ 杉林の中なので花粉が凄い!肉眼で見えるほど飛んでいてくしゃみが止まらない。目がかゆくてたまらない。
トウイッチのリズムは「ふふ〜ん♪」から「へっぷし!」とまるで加藤茶である
3つ 雨が止んだと思ったら強風が吹き始めた。

イメージ 4





しかし撤退は自分が許さない・・・何百キロ離れたビルダーさん達の思いが!!!

2回目

風の合間にキャストして魚信を待つ!
足元、根掛かりにびびりながら進む
やがて大きな堰堤プールにたどり着いた。
ここでのルアーは「スプラウトルアーズのペタル」

イメージ 5



右脳派初の背高系、東北在住の「デンキチ」さんが
かつて歩いた丹沢の為に!と送ってくれた。
デンキチさんの分身とも言えるミノー!

じゃじゃ馬かと思わせて、ロッドワークには従順?
バイクで言うと「ハイサイド」のような切り返しのアクション!

アップクロスで遠投し、トゥィッチをかける・
濁りの中でもペタルは果敢にハイサイドしてるに違いない!
落ち葉とちがう重さがロッドにのった!!
遠投してるのでバレないよう慎重に寄せた!
やった!初渓流魚はヤマメだ!


イメージ 6




ちょっと放流魚のようだけど、上から流されて来たのかな?
大きなプールなので、朱点に付け替えて違うコースを流す。

サイドのポジションからの扇引き!
朱点がUターンの頂点に達した時に喰った!
さっきより重い引き!黒っぽい魚体 
錆ヤマメか!?
正体はレインボー!

イメージ 7



ヤマメを釣って見せたかったが、レインボーが釣れたのはまさのりさんが繋いだ縁だからだろう。




しげるさん、デンキチさんありがとう!

しばらく進むと餌釣り師さんが三人に漁協監視員に車。
車?
聞けば反対側から来る道があるそうだ。。。工事じゃなくてもそこは通行止だと思ってた。。

時計は11時30分、世附へ戻ろう。
12時ちょっとすぎに駐車場へ戻ると警備員さんが、ご飯を食べていた。
「釣れましたか?」
「おかげさまで、釣れましたよ!」
ありがとう警備員さん。

世附川へ戻る途中、酒匂川本流を見ると凄い濁りだ。

浅瀬ゲート駐車場に車は2台、正直驚いたがこの天気では仕方ない。
番小屋にK木さんの姿はなく、マグネットは6個?
車の数と合わないが、この謎は後に判明。

世附川本谷で一番近い左岸支流を選ぶ
帰りの時間を考えると、ここしかない。
しかしルアーのマグネットでこの支流は選択されていた。
先行者ありの後追い。本谷の濁りを見ると支流も不安になる。
きつい向かい風の中、林道を歩く。
増水しているので浅いところを探して早めに左岸へ渡った。

13時30分、某沢に入渓。

先行者あり、帰りに山中を通るこの沢ではゆっくり釣りあがる時間は無い。
濁りはかなり少くなってはきてるが、流下する落ち葉が凄い。
ここではHatake Works「HAM」を主軸で釣り上がる。

イメージ 8



HAMの動きは、とてもシャープ。
ルパン三世のキャラ石川五右衛門が
スパッスパッとバルサの塊を切っているようなシャープさだ!



濁りと先行者からか、魚影が無い。
濡れた足跡もないから先行者はだいぶ先にいるのかな。
踏みあとがないのは川の中を歩いてるのか?

いい感じの岩のえぐれがあるけど、とても狙いにくい
ロッドティップを少しだけ岩の上からだして
岩の後ろからトゥィッチをかける、HAMが岩陰から視界に入った刹那、ヤマメが襲いかかった!ヒット!
が、変な体勢で掛けたのでバレてしまった(T_T)
さすが世附のヤマメ、針をはずすのが上手い!

その後、良淵から錆ヤマメのチェイス!
距離がつまらなかったので
2投目はスローに引いて・・・喰った!
あと1mでネットのとこでフックアウト(T_T)
さすが世附のヤマメ、針をはずすのが得意だ! 


急ぎ足で来たので退渓点に着いてしまった。

イメージ 9



こんな山中に重機が!
ヘリで運んだのでしょうか?

重機の運搬方法が、気になっていたら足元でいきなりのバイト!
油断していて、またもバラし(*_*)

さすが世附のヤマメ、針をはずすのは18番だ!

とぼとぼと退渓する階段に戻る、補助のロープを引くと顔くらいの落石が落ちてきた!
危ない所だった!っていうか先行者はどこ?
まさか本流渡るのに流された?
帰りの山中も踏みあとが無い・・・

イメージ 10



帰りは本流を気にして帰ろう・・・
やっと林道に戻ると、座り込んでしまった。
しばらく休んでると上からルアーマン2名が降りてきた。
挨拶すると、某沢のマグネットはこの1人
なんでも本流を釣り上がりよくわからないから某沢には入らなかったらしい。
事故じゃなくて良かった。
四人で来ていて車は、ゲート横近くに停めたらしい、これでマグネットの数が合う!

ふと考えてみると
先行者無しの世附川支流で解禁日に坊主?

自分の中のなにかに火がついた!
世附の坊主は、自分が許さない!
チャリティ出品してくれたビルダーさん達の思いが!!!

3回目

帰りの林道から、よさそうなポイントに降りてキャストする! 
増水の世附川本谷をシャープに泳ぎきるHAM!

2つ目のポイントでHAMに当たりが、巻き取りながらゆっくり近付きネットイン!!
年越し魚だ!世附を象徴するスタイル
生け簀を作って投入、20センチくらいだけど嬉しい!
が、元気よく脱走・・・

イメージ 11



世附のヤマメは、釣り人を弄ぶのが上手い!



結局、大又沢出合いまで戻ってきて放流場所でキャストすると、わすが2投でヤマメをキャッチ!
やった!これでHAMとヤマメの写真が撮れる!

イメージ 12




長い1日が終わった。
ビルダーさん達に「ありがとう!」を伝えたい!長くそして楽しい解禁日になりました!


イメージ 14





番小屋にはK木さんが居て話が出来た。
放流魚は川鵜にかなり食べられてるようです。
人が来ない間にやられたみたいですね。

PS前日はくらげ亭で、年越し蕎麦をいただきました!
解禁これからの方、是非、くらげ亭にて年越蕎麦を召し上がれ!

イメージ 13


イメージ 1

日本初ヤマメ養殖に成功した村に行って
きました。
訳は複数あって、ひとつはタックルベリーで見つけたエリアトラウトロッド(ジャンク)の修理をしたのでテスト

イメージ 2

ティップが折れて詰めてあり、元からでしょうがガイドがかなり曲がって付いています。
禁漁で退屈なので修理の練習にしました。

イメージ 3

イメージ 4

3番ガイドまでを外し、ガイド間隔と曲がりを修正して付けます。

イメージ 5

3番ガイドもう少し下でも良かったかな(*_*)
ソリッドティップの感度はいかに???
けっこう張りがありストリーム管理釣り場使えそう!
というか流れがあるとこに行きたい!

イメージ 6

道中の沢

イメージ 7

がっちり凍ってます。

イメージ 8

こんなとこに寄り道

イメージ 13


イメージ 9

時間が無く入りませんでした(T_T)

小菅川冬期ニジマス釣り場着!
「ひろせ屋」さんで釣り券を買い、川に行くとこんな寒いのに6人は居ます!

イメージ 10

流れがあるのに隅っこ凍ってます❄❄❄
先行のアングラーによると朝氷を割ってから釣りを始めたらしいです。
水温を測るのはやめておきます。
自分以外はテンカラかフライ、沈めて釣ってます。

解禁早々に釣りに行きたい自分としては丁度良い耐寒訓練なのですが
なかなか釣れない(^-^;
ハンドル1回転を1秒以上かけて巻いてもルアーに付いてこれない魚達。
ニジマスは超スローモーション、ヤマメはニジマスより動きは良いけどルアーを見て逃げます。

イメージ 11

イメージ 12

持てる知識、テクニックは全て使い2匹!
100匹釣れる管理釣り場より、面白かったです。

今日は最後まで釣り場に居たらランデングネットを拾いました。
オーナーのイニシャル入り。常連の方を通じ釣り券販売所に預けました。

最後に念願のエリアトラウトロッドのインプレですが、、、
「よくわかりません」(^-^;
結局使い手が鈍感であるためでしょう

それでもいいんです!
リメイクも氷点下の釣りも
楽しかったから!

イメージ 14


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事