源流日和

ありがとうございました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

何も釣れなくて〜梅雨

皆様こんにちは!
先月まではバラしまくりの「バラしまクリスティ」が、梅雨のチャンスだというのにボウズ連発で
殻に閉じこもってる自称右脳派です!

イメージ 1

初心にカエルでござる。

ダム下ならしょうがないが、得意な小渓流でボウズ3連発!
さらにダム下で傷口を広げたり。
もう駄目かもしれません。


ダム下とダム上のダブルヘッダーもあり、タックルを兼用しようと56Lのロッドを使ってるのも原因のひとつかもしれません。
ミノーの操作は抜群にしやすいのですが、バラしまくります。

そんな中、追い打ちをかけるような事件が!

イメージ 2

リップが!ペタルのリップがぁ!とれてしまいました(ToT)
原因は自分の下手くそすぎるキャストのせいですが。。。
しかしペタルを購入済みだったので、こちらを見ながらリップを作成し補修します!

イメージ 3

マッキーで塗り塗り、リップを同型状で作成し取り付け、角度も同じに。。。

イメージ 4

完成!
自分のような下手くその元に来たばっかりに(´Д⊂
しかしリップがなくてもペタルはよく動きます、
もしやと思い、小さなスポットを狙うとヤマメを三匹ヒットさせました!!
すべて取り込み前にバラしましたが。。。


リップ取り付け後、小渓流で確認

イメージ 5


いい感じでアクションします!ボウズでしたが。。。

来月はバラし病、ボウズ病が治りますように。。。

買い物

イメージ 1

鱒の森、説明は不要ですね
売り切れ間近お早めに!

イメージ 2

ふむふむ。。

イメージ 3

いつかは。。

イメージ 4

1ピースもありかと。。

イメージ 5

イーハトーブから。。

イメージ 6

割高な充電器、右脳派は簡単に携帯ショップのかわい子ちゃんに釣られます。。

ダム下ラプソディ2018

大型の台風マリクシは北東にむかっていた・・・

その頃、釣り人酒場で俺は独り小夏カシスを呑んでいた

「マスター、いい雨来そうですね」

カウンター越しに丹沢屈指のスプーニストであるマスターが言った

「増水とともに奴ら(大物)は動くだろうね」

「マスター月曜は?」

「行くよ・・・」

マスターは厨房に戻っていった

若いバーテンダー「おつくりしますか?」

「あぁ、同じのを頼むよ・・」

小夏カシスの綺麗な紫色が、ダム下に咲くアジサイを思い出させてくれた・・・



月曜日の朝、賽は投げられた。

スプーニストから1枚の画像

水流と僅かに岸が写ってる

ダム下のアングラーに、言葉はいらない・・・

僅かに写る岸辺の風景で、待ち合わせ場所が判ってしまう。

待ち合わせ場所にはスプーニストの車だけ・・・

このポイントはスプーニストが探ったので移動した

そこにはマリクシに屈しなかったフライマンが居た・・・

これがダム下の狂詩曲

フライマンの打った流れをスプーンで探る

さい先よく、未來のモンスターヤマメが釣れた。

「もう釣られるんじゃないよ、川鵜に食われるなよ」
水から出さずにロッドを軽く揺すり、リリース。

スプーニストが良型を釣った

巧みにスプーンを操る技術は丹沢1かもしれない。

お互いのポイントを変えて、ミノーをキャストする

Dコンタクト63type2 水平フォールに慣性スライド

次第に水かさを増すダム下、水流を切るには7gのウエイトが不可欠だ。

アップクロスでキャストしたDコンを沈み石からのチェイスする魚影

魚影は沈み石のほうに戻っていった、あの石に付いてるようだ

同じコースでリアクションバイトを誘おう・・・

着水からカウント1、高速トゥイッチ!

石を舐めるようなイメージで・・・

MAXウエイト10グラムのライトロッドに、ずっしりと重さが乗った!
喰った!!!


立ちこみながらも、なんとかランディング成功!

これだからダム下はやめられない・・・

イメージ 1

イメージ 2

ヤマメ狂の詩

狂おしい程に美しく
官能的な魚

ヤマメに逢いたくて、今日も山をさ迷う

イメージ 1





ここは熊の庭、姿を見ても鉄砲打に教えるつもりはない

熊もヒルも鹿も猪も生態系の一部、どれかかけても調和は無い

そんな自然へ乱入者、少しだけ遊ばせてもらう


今日のヤマメは機嫌がよくないみたい


やっと釣れた

イメージ 5


イワナも嫌いじゃないけど、逢いたいのはイワナじゃないんだ

イメージ 2


沢山の滝を越えた

水がなくなって、ヤマメの居場所じゃない事に気がついた

今日は逢えないのかな

イメージ 3

 
渓谷を下りながらも、振り返りヤマメのことを考える

ヤマメの存在が、毎日に潤いをくれる

ヤマメに逢わずにいたら干からびてしまう

だから今、逢いたい

ヤマメへの想いはいつも一方通行の片想い

しつこい男は、諦めきれず帰りの尾根を越えず

また崖を降りた

想いが通じた

キラキラする装飾品のようなスピナーをヤマメは選んでくれた

イメージ 4


何時間でも見ていたいけど、ヤマメからしたら迷惑千万な話

また逢いに来てもいいかな

ヤマメが喋れたら「嫌」と言うだろう

ただの乱入者であり、罪人

でもまた来るよ

今日見た何よりも美しいヤマメへ

今日はありがとう

ヤマメ狂は、愛した魚を針に掛ける罪を今日も犯しました

イメージ 1


先日落としたネットが出てきました!

仕事中にスマホを見ると、ちょい久しぶりな方からのSNSメッセージが!!
そこには西丹沢で落としたネットの画像!


拾ってくれたのは「丹沢の釣り人大反省会」でご一緒させていただいたA市のS木さん!

ブログを読んでいてくれて、この沢に入渓。
発見してくれました!

感謝感激、雨あられ!(落とした当日降ったのは雹だったかな)

落としたであろう場所から、下流に流されていて明日明後日の雨後だったら発見出来なかったかもしれません。

西丹沢特有の白い砂にクリアラバーネットは見つけにくいはずです(ノ_・,)

大反省会の日、相模の釣師さんのtakiミノーが戻ってきたように
今回も丹沢の釣り人の落とし物が丹沢の釣り人によって戻ってきました!

S木さん、ありがとうございました!

また、気にかけていただいた方々、お騒がせしました!
このネットはベストに縫い付けて(まさのりさんのアイデア)無くさないようにします!

S木さんとは、丹沢の釣り人大反省会が初対面でした。
家の方角が同じだったので一緒に電車に揺られ
丹沢の話、タックルの話をしながら帰りました。
「どこか一緒に行きましょう」なんて言いつつ
釣行より先にネットを発見してもらい再会。

西丹沢の釣りの後といえば何時間も杣道、林道、川の中を歩くので眠くてしょうがないはずです、そんな中ネットをもってきてくれた事もありがたいです( ノД`)

S木さん、釣行、このネットでこんな大物を掬いに行きましょう!

イメージ 2



ありがとうございました!
これからもよろしくお願いしますm(__)m

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事