源流日和

ありがとうございました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

鮎と山女魚と南風

イメージ 1



突然ですが皆さん、漁協のあるべき姿。
漁協にしてほしい事。漁協にしてほしくない事。
考えた事はありますか?
自分が渓流釣りを始めた町は漁協がありません
今でも漁協は無く観光協会と有志が頑張っている河川です。

今、神奈川のある漁協さんが「釣り堀みたいな放流はやめよう、長く楽しめるようにしよう」と頑張っています。

もちろん他の漁協さんも頑張っていられるのですが
リリースを声高くアピールしている漁協さんは少なく思います

今回は、そんな漁協管轄の河川へ行ってきました。

鮎遡上のある河川で、元々鮎釣りでは有名
鮎の遡上があるが故、放流されたヤマメニジマスが大きく成長しやすく
漁協組合員さんも「リリース推」

解禁日に一人が何十匹も持って帰るようでは、釣り人も魚もすぐ居なくなってしまいます。

リリースされ鮎が遡上してきて、技術があれば大きなヤマメに出会うチャンスのある河川。

河川環境は良いですが、問題は自分のようなニワカルアーマンに釣れるのか!?

今回は諸事情により朝マズメは間に合わず唯一知った駐車ポイント前から9時スタート!

ダム下にも似ている雰囲気だけど河口からの距離が違います

右も左もわからないので、とりあえず瀬じゃなくて石が入ってる流れを探って見ると

イメージ 2

おぉ!ヒレピンです!支流から来たヤマメでしょうか?

10投くらいしかしてないので好スタート!

イメージ 4


苦手な瀬のダウンストリーム!(全て苦手だろというツッコミは無しで)

瀬の中の緩い流れを探って下ります 

瀬から外れて分流へ

イメージ 3

画面右奥の岩の向こうへスプーンを入れカウントダウン、ワンアクション目でグンと乗った!

よし!と岩裏からこちらへ誘導しようと試みるも
こちらへ出てこない!
自分が回りこもうとするとフックアウト(´Д⊂

その後は、九寸クラスのヤマメが流芯から追って来るも喰わせられず…

一旦川から上がると車に乗ったおじいさん登場!
話しを聞くと、もっと下流のポイントを勧めてくれた

橋の名前だけ聞いて車で下流へ!
途中でルアーマンを発見し
河原へ降りて再度情報収集

今日はまだ釣れてないとの事、ヤマメ狙いならここより上流と教えてくれた。

先程のおじいさんのポイントも見ておきたかったので下流へ向かうも
駐車ポイントが判らず、さっきのルアーマンがもう帰ると言ってたので

そのあたりから再挑戦、川を移動する時に葦を漕いだりするのだが
自分は葦の中を歩くのはあまり好きじゃないのです(昔、鼻の穴にささり出血したから)
出来るだけ岸辺を歩くが鮎が慌てて逃げまくる
きっとヤマメは鳥以外にも、パニックの鮎を見て釣り人の気配を感じているのだろう

こちらはノーヒットで、朝の場所の上流をやって見ることにした。

イメージ 5

真夏日じゃないのが救いだが、なんとなく判る釣れない時間帯

日陰は徹底的に狙うもノーヒット。

朝ヒレピンヤマメ釣れたし、夕マズメにかけましょう!

近くを観光し5時半、また戻りました

朝より活発に鮎がハネています!
「いいんじゃないの!」と準備しますが
かなりの強風でキャスティングもままならず断念。

川はところどころ、分流していてこの日のチェイスとヒットは全て右岸の分流から。

ヤマメの気持ちはわかりませんが何か理由があるのでしょうかね?

朝マズメ、夕マズメ、雨や、増水があれば期待大な印象でした。

第二回戦は釣れるでしょうか???

漁協の事何も知らない自分が好き勝手に書いてすみませんでした。

おしまい

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事