源流日和

ありがとうございました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

鮎と山女魚と南風2

イメージ 1

右脳派釣師の勝手に漁協応援釣行!第二弾!

皆さんこんにちは。
このブログをご覧になられている方にはヤマメがどんな魚かご存知だとは思います
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f490000/p690430.html
渓流釣りを始めて間もない方の為
参考までにリンクを貼ります

絶滅危惧1A類…

漁協さんがいくら放流しても無制限に持ち帰りしてしまえば枯渇していしまいます。
キャッチ&イートの釣りを全否定しませんが
資源が回復するまで…
「今は」守られるべき生命達だと思います。



釣れる釣れないは置いておき、ヤマメが泳ぐ渓流
大ヤマメが泳ぐ清流
サクラマスが回帰する環境

守っていくのは釣り人の宿命ではないでしょうか?

リリース方法はこちら
https://shibakawa-cr.net/candr.html
自分は5秒以上水中から出さないようにしています。

前回に続きリリース推しの漁協さんの川へ行ってきました!
なるか?強風に負けた前回のリベンジ!?

イメージ 2

今日は朝マズメから勝負です
近くのローソンで遊漁券と食料を買い河原へ

着替えをしていると車がやってきます。
ライバル!
釣り人は朝が早い!

いそいそと目の前の瀬に降り立ち、クロスで撃っていきます

対岸葦際に投げてトゥイッチを混ぜながらやんわりとUターン。

鮎が解禁になり人的プレッシャーは高まっているはず
だからこそ朝1番は好機!

ヤマメからのコンタクトは無い
葦を交わしてキャストするので立ち位置は水際だ
出来るだけ離れたいが葦の多い瀬はそうもいかない
幾多の釣り針をかいくぐり成長したヤマメに近距離のクロスの釣りは通じないように思えた。
遠投の効くDコンタクト63でアップクロスのキャストに切り替えた。

これなら水際を探れる!
ビンゴ!葦際で喰った!
茶色い背中を見せながら向こうから下ってきた
ラインテンションを維持しながら、緩い場所へ誘導しネットイン!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ヤマメを横に出来る場所がないのでネット内の撮影
33センチだが、この川では大きいとはいえない。
でもめちゃめちゃ嬉しい!

この調子で行きましょう!
つぎはシェードになってるポイントで激しいチェイス!
喰いそこねたけど、ルアーに触ってないからまだチャンスはありそうだ。
ニ投目は痛恨の根掛かり。
外しにいける深さだけど、あの魚に逃げられてしまう。
ラインを切りペットボトルに結び
そのペットボトルを葦の中へ置いた

あの魚を釣ってから根掛かりを外せば良い

リーダーを結び直し三投目
巻スピードを抑えながら…
ゴッ!喰った!
さっきのヤマメより重い引き!
次の瞬間、魚は空を舞った!
ニジマス40オーバー!!
綺麗な魚体を見せ着水、ラインテンションが抜けミノーだけが帰ってきた。。。

鮎釣りの方が増え、間を縫うように探り歩いた

数回アタリやチェイスがあるも乗らない

堰堤を越えた先で、またヒット!

イメージ 6

ニジマス!

次の深場でもニジマス40オーバー!
ヒット後、こちらへ猛スピードで向かってきた!ネットイン直前でバラシ!
フッキングが甘かった。

鮎釣り師に断りを入れ打たせてもらったポイントで
底をとったヘブン9グラムにヒット!
こちらはウグイ。

集中力が切れたので川から上がるとまだ11時だった。

イメージ 7


川を見てみると鮎釣り師さんがかなり増えた。
少し下流を探ってこの日は早めですが終了。

イメージ 8


40オーバーに成長間近のヤマメも居るようです。

秋には何センチになっているのでしょうか?楽しみでなりません!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事