映画のボツ脚本・準備稿を訳して読んでみるブログ

海外のSF映画やホラー映画のボツ脚本や準備稿をぼちぼち和訳して読んでみるブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 去る17日にジョージ・A・ロメロ監督が亡くなりましたが、訃報を伝えたロサンゼルス・タイムズ紙の記事(オリジナルはこちら)が更新されていましたので、手早く翻訳してみました。

 実は17日時点の第一報の記事を途中まで翻訳していたのですが、ほぼ全面的に内容が更新されていました。急いで訳したので、意訳・誤訳については平にご容赦。
---------------------------------------------------------
1968年4月のある夜のこと、ジョージ・A・ロメロはピッツバーグからニューヨーク・シティへ、ある使命のために車を走らせていた。数日のうちに、彼は彼がトランクに積んでいるホラー映画「ナイト・オブ・フレッシュ・イーターズ」を買い上げてくれるかもしれないスタジオと会うことになっていた。

興味を示すスタジオは一つもなかったが、ロメロはこの年、制作費11万4千ドルの自分の映画をどうにか観客たちへ公開することができた。そして批評家たちの酷評にも関わらず、「ナイト・オブ・ザ・リブングデッド」と改題された作品は映画ファンたちを魅了した。彼らは映画館に詰めかけ、ドライブイン・シアターに列をなし、ロメロをモダン・ソンビ映画の父にした。ロメロの「リビング・デッド」シリーズはホラー映画の一ジャンルを産み出し、その影響は何十年にも渡って続き、「ザ・パージ」のような映画や「ウォーキング・デッド」のようなTVドラマにも見ることができる。

彼の長きに渡るパートナーでありプロデューサーでもあるピーター・グルンウォルドがタイムズ紙に語ったところでは、ロメロは日曜日、「短いが勇敢な肺がんとの戦い」の後、眠ったままこの世を去った。彼は77歳だった。

ロメロは彼のお気に入りの映画「静かなる男」(1952)の曲を聞きながら、妻のスザンヌと娘のティナに看取られて亡くなったと家族は語った。

ロメロは1968年の映画「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の監督及び共同脚本を担当してゾンビというジャンルを再生させた。この映画はトビー・フーパーやジョン・カーペンターのような未来の映画作家たちに、大きな恐怖を産み出すのに大きな予算は必要ないことを示してみせた。「リビング・デッド」は多くの便乗作品を、そしてロメロ自身による続編、1978年の「ゾンビ」、1985年の「死霊のえじき」、2005年の「ランド・オブ・ザ・デッド」、2007年の「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」、2009年の「サバイバル・オブ・ザ・デッド」を産んだ。

しかしながら最初の映画を制作するため、ロメロは機知に富んだピッツバーグのTVコマーシャル製作者たちに力を借りた。作品の配給のため、この新人映画作家はコンチネンタル・リリーシング社の親会社であるウォルター・リード・オーガニゼーションの助力を得た。同社はジョン・カサベテスの「フェイシズ」のような芸術志向の作品の配給を専門としていた。ロメロ監督と彼のチームは14本のプリントを作り、それぞれに営業活動を行い、14箇所の地元の映画館で公開した。彼らはハロウィンの夜のワールド・プレミアのための資金も出資した。

デイリー・バラエティ紙が「作り手の品位を汚すような、芸のない残酷趣味だ」としたように、ほとんどの批評家はこの映画を酷評した。だが観客たちはこの映画を愛し、ドライブイン・シアターの経営者たちは、大勢の観客が入場できずに帰ったことを謝罪する新聞広告を出した。

ロメロはかつてタイムズ紙に、批評家たちの反応には驚かされたと語った。ロジャー・エドガーは「リビング・デッド」は悪魔が生み出した映画だと批評した、とロメロは言う。

だがこれまで、ファンたちはこう指摘している。ロメロ作品を特徴付ける暴力的な描写を除外すると、そこには最初の「リビングデッド」映画におけるキャスティングを始めとして社会的なメッセージが存在し、それが彼の作品を注目すべきものとしているのだと。

「僕が思うに、この映画が注目を浴びたのは、黒人でなくてもいい役柄に黒人俳優を使い、そして彼が自警団に射殺されたからだ。」ロメロは語った。補足すると、あの役柄は元々は白人俳優を想定して書かれたものだった。ニューヨークへ車を走らせたあの夜のことを彼は語った。「僕らはラジオで、マーチン・ルーサー・キング氏が暗殺されたというニュースを聞いた。それで急に、この映画の持っている力がどんどん大きくなっていったんだ。」

「リビング・デッド」は5千万ドル以上の収益を上げた。

「彼はゾンビを、それまでカリブ人とカリブ文化の一部に根ざしたものだったゾンビを映像化し、アメリカ文化のあらゆるもののメタファーに変えた。」USCの教授で、昨年「ホーンテッド:自然界と超自然界の幽霊、魔女、吸血鬼、ゾンビと怪物たち」を出版したレオ・ブローディは語った。

この点についてブローディは、ホラー映画はフランケンシュタインの怪物やジキル博士とハイド氏など個人に焦点を当ててきた、と語った。「ゾンビたちがユニークなのは、群集心理の潜在的な脅威を象徴する集団の一部だからだ。」

ロメロは続編の「ゾンビ」によって、このジャンルの主だという評価を確固たるものにした。この作品はアメリカで1979年に公開され、映画史において独立系制作会社が制作して最も利益を上げた作品の一つとなった。シリーズは最終的に6作が制作され − 最初の4作は一つのストーリーに沿って10年おきに公開された。

「『ナイト・オブ・ザ・リブングデッド』から『ゾンビ』は数週間後、『死霊のえじき』は数カ月後、『ランド・オブ・ザ・デッド』は3年後の物語なんだ」ロメロは語った。「それぞれの作品がそれぞれの十年間について語っていて、表現的には異なっている。『ランド〜』の後、僕は新興メディアと一般人による報道を扱いたくなった。」

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」は、ベトナム戦争時代の流血を思い出させるもので、黒人男性がある農家に囚われた人々のリーダーになるという内容が、市民権世代のいくぶんヒステリックな反響を呼んだ。「ゾンビ」は盲目的な消費主義に対する可笑しみを誘い、「死霊のえじき」は科学における倫理について言及してみせた。「ランド・オブ・ザ・デッド」では安全と国境について取り組み、恐ろしいゾンビたちに対して防御を固めたコミュニティ、裕福な住民が生き延びる階級社会を描いてみせた。

だがロメロの映画を独特なものにしているのは、疑いなくその容赦のない残酷描写であり、それが彼の映画の多くをアンレーテッド(MPAAによるレーティング不能)にしている。

「僕は(レーティングを)避けているわけじゃないんだ。」2010年のタイムズ紙のインタビューで彼は語った。「昔のDCコミック本はとても、とても生々しかった。古いコミック・コード(漫画倫理基準)で禁止されるまではね。」

「ハードコアなホラー映画ファンはもっともっとと観たがる。それが楽しみなんだ。それはもう終わりさ。ローラー・コースターに乗って滑降していくようなものさ。」

ロメロはしかし、目的のある彼の残酷描写と、彼が「拷問ポルノもの」と定義する新しい映画とは違いがあると考えている。

「それらの作品は結局のところ、卑しいグラン・ギニョールでしかない。」彼は生々しいホラー・ショウで悪名高かったパリの劇場に例えてみせる。「それらの作品の裏には根本となるものが何もない。僕は恐怖を寓話として使いたいんだ。」

ジョージ・アンドリュー・ロメロは1940年2月4日、ニューヨーク市ブロンクスで生まれた。彼はピッツバーグのカーネギー・メロン大学へ進み、1961年に同大学の芸術学部を卒業した。彼は主要な作品のほとんどにおいて、ピッツバーグを拠点としている。

「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」直後の数年間、彼はあまり人気のない作品を制作した。1971年の「ゼアズ・オールウェイズ・バニラ」、1973年の「ザ・クレイジーズ」、1978年の「マーティン」などである。

彼はゾンビシリーズの合間に、1981年の「ナイトライダーズ」と、1988年の「モンキー・シャイン」を監督した。これは彼の初のメジャースタジオ作品であり、この作品で彼はピーター・グルンウォルドに出会っている。そして1990年にはエドガー・アラン・ポーの短編を脚色し、イタリアの映画作家ダリオ・アルジェントと「マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴」を制作した。彼が最後にクレジットされたのは、ヘクター・エルナンデス・ヴィセンズが2017年に監督した「デイ・オブ・ザ・デッド」のキャラクター原案だった。

ロメロ作品に着想を得た映画やテレビドラマ −「ワールド・ウォーZ」や「28日後…」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」など− は数えきれないほど多い。TVドラマ「ウォーキング・デッド」のような作品の人気はロメロに対する賛辞となっているように見えるが、彼はかつてこの大人気作品を「ときどきゾンビが出てくるメロドラマだ」と呼んだことがある。

「僕はいつもゾンビを風刺や政治的批判のためのキャラクターとして使った。いま作られている作品では、そういうことが失われている。」彼は2013年に語っている。

だがそこに、ロメロを疎外してきたものがある、とブローディは言う。

「彼は、ハリウッド外の出身という自分の出自に誠実なままでした。」彼は語り、この映画作家を「ハリウッドにいなくても広く観客を魅了する映画を作ったことで、独立系の映画産業にすさまじい影響を与えた。彼は、ハリウッドには外部の、独立系からの刺激を受けることが必要だという考え方の好例であり続けている。」と評した。

ロメロは彼の妻と、ナンシー・ロメロとの間に生まれた長男のジョージ・キャメロン・ロメロ、クリスティーン・ロメロとの間に生まれた息子のアンドリュー・ロメロ、娘のティナ・ロメロを遺している。
---------------------------------------------------------
ロメロ監督が亡くなられたことが、まだ残念でなりません。
改めてご冥福をお祈りします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
私の大好きな映画「ゾンビ」をはじめ、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」「ゾンビ」「死霊のえじき」「クリープショー」「ザ・クレイジーズ」「ダーク・ハーフ」「モンキー・シャイン」など数々の名作ホラーを手がけたジョージ・アンドリュー・ロメロ監督が、7月16日に亡くなりました。
ご家族に囲まれて、大好きな「静かなる男」の曲を聞きながら亡くなったそうです。

いままで本当に面白くて怖い映画をありがとうございました。
安らかにおやすみください。
今日は追悼の意味を込めて、「ゾンビ」を見返すことにします。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1

ゾンビ・マニアックス」に載っていないゾンビグッズを勝手に補完するコーナー、今回はVHDディスクのソフトを紹介します。
そもそもVHDディスクとは何ぞや、という方はこちらをご覧ください。レーザーディスクとの規格争いに敗れて消えてしまったメディアでした。

発売はVHSソフトやレーザーディスクと同時期で、発売元は「ゾンビ」のVHSソフトを発売した日本ビクター。パッケージデザインもVHSソフトと統一されたイタリア版ポスターを元にしたものです。収録されているのは当然ながら127分の米国公開版でソフトは二枚組、レーザーディスク同様3面を使って収録されています。

イメージ 9

VHDソフトの特徴ですが、ディスク一枚ごとに画像のような紙ジャケットに収められています。ジャケットの表のデザインは同じで、裏面のみ異なっています。というか裏や背表紙を見ないとどちらが1か2かわからないっすね。

イメージ 2
「1」のジャケット裏面

イメージ 3
「2」のジャケット裏面


紙製のジャケットから抜き出した状態。
このままプレーヤーに「じゃこっ」と差し込んで引き抜くと、ディスクだけがデッキ内に残って再生できるようになります。レーザーディスクとちがって素手で触れることがないのでディスクが汚れなくて良い、と言われていました。

イメージ 4


以下は「1」に封入されていたライナー。レーザーディスクの凝りまくった内容と比べるとあっさり目の内容。
解説はエッセイストの故・羽仁未央氏が書かれています。名文だと思います。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

同時期にソフト化されたロメロの初期三部作もプッシュされています。

ソフトもディスク方式も幻になってしまったVHD版「ゾンビ」でした。

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
というわけで、ビンセント・ウォード版「エイリアン3」を訳し終わりました。
これでやっと「エイリアン3」の4つのボツ脚本の和訳が揃いました。

映画版「エイリアン3」があまり好きではない私としてはこの世界観や舞台設定に今ひとつ乗りきれないかなあと思っていたのですが、訳しているうちになかなか面白いなと思うようになりました。リプリーを救おうとするジョンのひたむきさ、リプリーに与えられた赦し、暗闇の中の熾火で始まり終わる構成も非常に良いと思いました。
それだけに「どこのバカが付け足したんだ?」としか思えないラストの観客のセリフにはゲンナリさせられましたが…。

「エイリアン」シリーズは「3」「4」をなかったことにして「2」の後日談を映画化するという話があったり、R.スコットが珍作「プロメテウス」の続編を作るという話(誰か止めてあげたほうがいいのでは…)もあったりで今後も映像化されていきそうですね。「ヒックス伍長が登場するエイリアン2の後日談」なんてまさにギブソン版「3」のボツ脚本的で、ファンの一人として期待したいと思います。

イメージ 1
「第9地区」ニール・ブロムカンプ監督による続編のコンセプト・アート。制作中止らしいですが…
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

 
外景 修道院の屋根 夜

リプリーの良い方の足が、脱出船の周りの燃える板切れを蹴り落としていく。リプリーが脱出船に乗り込み、ジョンとマティアスはその後ろに立っている。ジョンは周囲を見回す。

修道院のある階層は荒れ果てている。空気は煙でいっぱいだ。
修道院は燃えている。図書館も炎に包まれている。

ジョンは医療品の入った袋を見下ろす。
破れ、血にまみれ、焼け焦げているが、袋はまだ彼の肩からぶら下がっている。
中にあるのは、唯一残った本だ。

リプリー
(声のみ)
中に入って!

ジョンとマティアスは中に入る…


内景 スラコの四号脱出艇 夜

リプリーが照明のスイッチを入れる。
ジョンがマティアスを抱えてハッチをくぐらせる。

ジョン
図書館が…

リプリー
言ったでしょう…地球はまだあるのよ…

リプリーはある計器をチェックする。航海の経過時間だ。
彼女の眉がひそめられる。彼女は計器を指でこつこつ叩く。

リプリー
作動していないわ。

ジョン
どういうことだい?

リプリー
つまり、私がどのくらい長く冷凍睡眠していたかわからない、ということよ。

ジョン
つまり、院長が正しかったかもしれない、ということだ…

リプリー
時計が止まっている、というだけのことよ。ここから脱出しないと。もし院長が正しかったとしても、この船の搭載コンピューターには人類の知識が満ちているわ。

ジョン
全てじゃない。永遠に失われるものもある。

リプリー
そうなら人類がまたやり直すわ。前にもそうしたのよ。

彼女はいくつかボタンを押す。床下のどこかで推進源がブーンと音を立てて生き返る。ジョンの靴底を通じて振動が伝わってくる。リプリーは作業に没頭している。

リプリー
オーケー。気密は破られていないから、私たちはたぶん大丈夫よ。でも外にあるあの修道士たちの死体からは、すぐに卵が孵りはじめるわ。離陸の準備をしましょう。

ジョン
私は何ができる?

リプリー
さあ、あの区画から圧縮タンクを運んできて。

彼女は開いたドアの方を手で指す。
ジョンはその区画へ入っていく。
シューッ…ガチャン!
彼の背後でドアが閉じる。

ジョン
おい!何だ!

彼はドアにある窓から外を見る。

リプリーが彼を見つめて、ドアのそばにあるキーパッドに数字を打ち込んでいる。

ジョン
なあ…私は閉じ込められてしまったぞ。

マティアスがドアを引っ掻いている。

リプリー
わかってるわ。私が閉じ込めたの。

ジョン
何だって?

リプリー
私は一緒には行かない。私の身体の中に一匹いるのよ。

ジョン
何だって!?君は…

彼女は自分の腹のあたりに指を走らせる。

リプリー
私にはわかったの。だからあいつは私を殺さなかったのよ。彼は私が冷凍睡眠チューブにいる間に卵を産みつけた。
(あの悪夢を思い出して)
私が何も食べなかったから、あいつはまだ外に出てきていない。まだ休眠状態なのよ。だから私が食べればあいつは私を殺すし、私は食べなければ飢え死にしてしまう。どちらにしろ私は死ぬわ。

ジョンは医療品の袋から中世の大きな本を引っぱり出す。

ジョン
私の本に…どうすればいいかわかるんだ…

リプリー
何よ、悪魔祓い?役に立たないわ。

ジョン
こんなことしちゃ駄目だ。リプリー、聞いてくれ…君は罪の意識で混乱しているんだ。僕なら助けられる…

リプリー
(無視して)
タイム・ロックをセットしたわ。脱出艇がこの衛星の引力圏を脱出したら、この区画のドアが開く。後はマティアスと冷凍睡眠チューブに入って、青いボタンを押すだけでいい。運があれば貨物船か何かがあなたを拾ってくれるでしょう。幸運を祈るわ。

彼は拳でドアを殴りつける。

ジョン
だめだ!絶対にだめだ…こんなことをしてはいけない。あいつに勝たせてはいけないんだ。

彼女はドアに背を向ける。

リプリー
いつだってあいつが勝つのよ。私たちはあいつを殺した、でもまだ私の中にいる…あなたが最後のチャンスなの。あなたを死なせずにすめば、私が失ってきた全てに埋め合わせがつくわ。

ジョン
話を聞くんだ!私にやらせてくれなくちゃ駄目だ!リプリー、君が唯一のチャンスなんだ!

彼女は聞いている…

ジョン
アンセルム神父が私を育ててくれたと話しただろう。彼は私を育ててくれたのに、彼が死ぬとき、私は彼を救うために何もできなかった。充分な知識がなかったんだ。彼が死んだのは私のせいなんだ。もし私に君を助けさせてくれないなら、私の肉体は生きても魂は死んでしまう。

リプリーは振り返り、彼をじっと見つめる。

ジョン
お願いだ。

カット替わって 

本のページ

中世のエッチング版画だ。
一人の修道僧が悪魔を吐き出している。

カメラ引いて、ジョンがリプリーを脱出艇の床に寝かせる。
ジョンが彼女の目を閉じる。
本を閉じる。

彼は小さなプラスチックのカップに水を注ぐ。
薬草の入った小さな袋を取り出す。袋を開ける。
鼻にしわを寄せる…薬草が匂う…
彼はその古代の薬を、宇宙時代のカップに注ぎ込む。

リプリー
この薬は何なの?

ジョン
(力強く)
君を健康にするものでもあるし、君を病気にするものでもある。

リプリー
私は…

ジョン
黙って飲むんだ。

彼はリプリーの後頭部を持ち上げて…
薬を彼女の喉へ流し込む。

ジョンは彼女の胴体をまたぐ。彼女に馬乗りになる。
祈るように両方の手を合わせる。
そして両手を一つに組む。
準備運動に深い呼吸をして…

リプリーが喉を詰まらせ始め…咳き込む。
彼女の身体が痙攣を始め…

ジョンは拳を彼女の腹へ打ち下ろす…
ドスン!!

リプリーが激しく身体を震わせて…空えずきをする…

ドスン!ドスン!
ジョンがリプリーの横隔膜を殴りつける!

彼女が唾を飛ばす…濃い粘液状のものを吐く…
胸が波打って…

リプリーの背中が弓なりに反り…
彼女は腸をねじ切られるような悲鳴を上げる…
怪物が上へ押し上げられ、胴体が膨らむ。

ジョンは彼女を押さえつけて…
彼女の肋骨の下を押し上げる…
チェスト・バスターを彼女の喉へ押し上げていく…

エイリアンが食道の途中にいるため、彼女は空気を求めて喘ぐ…彼女は窒息しつつある…

ジョンは十字を切る…深く息をする…
彼はリプリーに口を近づけて…
空気を吸う。空気を吹き込む。人工呼吸だ。

エイリアンのチェスト・バスター

リプリーの口から這い出してきて…

ジョンの口の中へ入っていく!!
爬虫類のような尾が振り回されて、ジョンの食道の奥へ消える。

ジョンは後ろのコンピューター・コンソールに倒れる。
喉を詰まらせている。必死で喋ろうとする。

リプリーは肘をついて身体を起こす。
エイリアンの粘液が彼女の顎に垂れている。
額で髪の毛がもつれている。

リプリー
どうして?

ジョン
君は窒息しかけていた。他にどうしようもなかった。

彼は開いたままの本を彼女の前に放る。
彼女はあのエッチング版画を見る。

ジョン

流れ出る粘液を飲み下す。
なんとか立ち上がろうとする。

ジョン
彼らは知っていたんだ。

リプリー
でも、あなたは…

リプリーは立ち上がろうとする…彼を追うために…
彼女は身体を起こすことができない…肋骨が粉々に砕けているように感じる

リプリー
あなたは死んでしまう…

ジョンはよろめきながら脱出艇の床に立つ。背中を向ける。

ジョン
そのつもりだった。兄弟たちの…ところへ行くよ。もし私たちが正しかったなら、天国行きだ。もし間違っていたなら…いずれにせよ、ふさわしい場所へ行くだけだ。本の世界へ。ページの中へ。

彼は袋から羊皮紙を取り出す。
床にそれを落とす。

ジョン
君は…現実の世界の人だ。

彼はドアを通り抜けようとする…
マティアスが付いていこうとする。

ジョン
来るな…君たち両方ともだ。

彼は脱出艇から出て行く。

リプリーは床の上を這っていく。

リプリー
駄目よ…待って!ジョン!

ドアまで這ってくる。外を見て、

ブラザー・ジョン

打ち壊された天井から夜明けの光が差し込んでいる。ジョンは煙の立ち込める屋根をゆっくりと歩いて行く。
炎上する修道院の地獄へと。

リプリーが見守る中、ジョンと彼の体内にいるエイリアンの恐怖は焼き尽くされる。

炎が発する熱が強くなる。
彼女は後ろに下がらざるをえない…
ドア・ハンドルに手を伸ばす。
ドアはドスンと音を立てて閉じる。

彼女は転がって仰向けになる。
彼女はすすり泣く。この数年で初めてのことだ。
彼女は赦されたのだ。

ギイイイイ!
脱出艇が傾く。
リプリーの両眼がぱっと開く…

脱出艇の下の屋根が崩壊し始めている。

リプリーは転がって腹這いになり、操縦士の席へ這っていく。身体をシートの上に引き上げる。安全ベルトを締めて…

スラコの四号脱出艇

人工衛星アルケオンの木製の外殻を突き破る。
轟音を上げながらこちらへ飛んできて…頭上を通り過ぎる。


内景 スラコの四号脱出艇 昼間

リプリーはマティアスを冷凍睡眠チューブに寝かせる。
彼の顎の下をくすぐってやる。彼と一緒にチューブに入ろうとしたとき、彼女は床に何か落ちているのを見つける…

ジョンの羊皮紙だ。

リプリーはそれを拾い上げ、広げる。
彼女にはジョンの声が聞こえる。

ジョンの声
私、人工衛星アルケオンの修道士にして囚人であるブラザー・ジョン・ゴールドマンは、修道院長が間違っていたと知っています。ここには大いなる邪悪がありました。私はそれを見ました。この疫病を防ぐために書き残しますが…この怪物のために手が進みません。私は仲間たちに警告し、リプリーという女性に会うために下階へ降りました。彼女からこの邪悪と戦う方法を学ぶため、少なくとも我が身の安全のためで、彼女を守るためではありませんでした。彼女は地球がまだあるものと信じており、私も彼女が正しいことを祈っています。彼女が地球を見つけられることを祈っています。彼女を苦しめる悪魔から、彼女がわずかでも安らぎを得られることを祈っています。

リプリーは指令コンソールにある、経過時間のカウンターを見る。ホルダーからペンを取る。彼女は文章を書き加える。

リプリーの声
地球が存在していようといまいと、最後が天国であろうと地獄であろうと、あるいは宇宙の冷たい真空であろうと、彼女は、安らぎを得ました。

彼女は航路をセットする。
自分の冷凍睡眠チューブへ戻る。
チューブの蓋を閉じる。

深宇宙

脱出艇は真っ黒な虚空の中を飛んで行く…

アルケオン

彼女の背後で暗黒の中に小さくなっていく。煙を上げ、ゆっくりと消えていく残り火だ…

スクリーン、暗転

エンドクレジットが流れて…

映画館の後方にいる十代の若者が叫ぶ。
「犬の中にいるんだぜ!」

 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事