輝かしい日々

それは輝いていた
何よりも眩しくて 何よりも輝いていて

満月を見つけた時から
二人は同じ場所を求めて歩き続けて
その下で出会い愛し合った

星さえも押し退ける様な光を発して

輝ける日々 美しい日々
永遠と思っていた日々

あの日蓄えた光は
今もまた輝こうとしているのか
それとも輝き疲れて燃え尽きたのか

目を閉じても残像で残るあの眩さ

開く トラックバック(15)

神様

神様に怒られた。

巡り合わせる為に誕生させたのに、何故に今頃出会う。

僕達は成長していたのです。
互いが最高の状態で巡り逢う為に
色々な経験をして来ました。
あなたは様々な壁や試練を与えてくれましたね。
でも僕達は乗り越えて来たのです。

この御恩は忘れません。
必ず幸せに致します。
もう少し時間が掛かりそうなのでお茶でもどうぞ。
粗茶ですが。

アクセス

1日のアクセスが1でも。
それが貴女だったらそれだけでいい。

1日のアクセスが1でも。
それが貴女だったらその為に頑張れる。

1日のアクセスが100だったら。
貴女以外の99人に申し訳なく思う。

あなたに届け、この更新。

君の事をいつも考える。
君の事を考えたくないので寝る。

君の夢をいつも見る。
君の夢を見たくないので起きる。

また君の事を考える。

高度何千メートルで生まれ
地上に到達するまでの命

それを人生とするならば

積もる雪もあれば
消えてなくなる雪もある


たった数年前に生まれ
天命を待つまでの命

それを雪とするならば

大往生する命もあれば
自ら絶つ命もある

暖かな太陽に照らされて
溶けていくならそれも本望

林檎

例えばここに一つの林檎。

美味しそうな林檎ですね。
赤が綺麗な林檎ですね。

二人で見れば二倍の喜び。

小さな林檎ですね。
小さな林檎ですね。

気持ちが合わされば大きな喜び。

だから二人で見たいのです。
全てを分かち合いたいのです。

林檎も照れてもっと真っ赤になりますね。

待ち合わせ

窓から月が見えたなら。

そこの下で待ち合わせ。
迷子になったら真っ直ぐおいで。
光に誘われ吸い込まれる様に。

窓から月は見えるかい。

それを目印に待ち合わせ。
少し寒いから暖かい手袋をしておいで。
白い吐息は雲の様に。

貴女に逢いたい。

どこにいても月はひとつ。
ここからも見えるよ。
そこからも見えるかい。

月の下で待ち合わせをしたならば。
次に逢う時も待ち合わせは月の下。
毎晩逢える。毎晩逢いたい。

今夜もぽっかり夜空に輝く。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事