王様のミミはロバのミミ

苦い恋愛モノが書きたいんデス。

はじめに・・・

すべて表示

ご挨拶

「王様のミミはロバのミミ」 言いたくて、言いたくて、でも誰にも話せない。ならば穴を掘ってそこに向かって叫んで蓋をしよう。 日々、いろいろ思うことはあって。 でも口に出してしまえばそれは言霊となり、いつか「誰か」に届いてしまうかもしれない。 そうならば、穴を掘る代わりに「ココ」に書いてしまおう。 だからここは、楽しい場ではありません。 迷いこんでしまった方がいらしたら、ごめんなさい。 <御注意> ヤフログのニックネームでのブログ開設をイマイチよくわからないままにした為に・・・・ このニックネームは以前のブログで使用していたものでした。 もう一度やり直すのもなんなので、このまま使用いたしますが。 ひとみっこな話題や創作を期待されてすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

甘く痛い夜 7

2016/4/25(月) 午後 6:19

「日にち、またいじゃった」 実家に帰るために選んだ服は、ソファの下に投げ出されてしわくちゃになっていた。 積極的に帰りたくない実家は早くても遅くても、居心地が悪い。 明日の昼頃ー30日ーならまだおばあさまの機嫌も悪くないだろう。 またお見合い話だの、親戚の愚痴だの、離婚した母親の悪口だのを聞いているよりは ...すべて表示すべて表示

甘く痛い夜 6

2016/4/23(土) 午後 10:51

終わらせてしまえば楽なんだろうか。 マリナを乗せた新幹線を見送って、人の波が途切れたホームの階段を下りる。 下り切る前にまた人はあふれ出して、巻き込まれる。 こんなに沢山人がいるのに、オレは一人だ。 あてもなく駅をうろつき、気が付けばオレは綾子の部屋の前にいた。 ここに来ても、彼女もいないのに。 重たいた ...すべて表示すべて表示

甘く痛い夜 5

2016/4/22(金) 午後 4:28

何もなかったクリスマスが過ぎると、新年を迎えるための準備で町はせわしなくなる。 あたしは久しぶりに実家に帰る予定になっていて、帰りたくないけど両親の帰ってこいって言葉に対抗する理由もなくてー和矢と過ごす予定は入ってなかったからー年内の仕事を終えると、実家に帰る前に和矢と会った。 「今年も一年ありがとう。来年もよろしくねっ!」 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事