全体表示

[ リスト ]

プレステージ

イメージ 1
2006年(アメリカ)
原題:THE PRESTIGE
監督:クリストファー・ノーラン 原作:クリストファー・プリースト『奇術師』
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン
19世紀末のロンドン。アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベイル)は奇術師をめざし修行中だった。ある日、アシスタントをしていたアンジャーの妻が水中脱出に失敗し溺死してしまう。その原因はボーデンのロープの縛り方にあったと信じるアンジャーは復讐を誓う・・・


幻影師 アイゼンハイム』公開時に多くの方がこの映画を話題にされていて、しかもヒュー・ジャックマン

出演作とあって早く観たいなぁと思っていた作品。やっとスカパーで遭遇したので観てみました。


ロンドンとウィーンの違いはあれ、世紀末のヨーロッパ、大衆の娯楽であった奇術の世界の愛憎を描いている

という点では確かに『幻影師 アイゼンハイム』と似ていて、引き合いに出されるのも納得です。


タイトルのプレステージ(prestige)(カタカナ表記、プレスティージの方がよくないですか?)は、マジック

用語で、タネも仕掛けもないことを確かめる「確認(プレッジ)」、パフォーマンスを行う「展開(ターン)」

経てマジックを完成させる「偉業」を意味するそう。


プロ奇術師の下でしのぎを削る若者アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベイル)。

野心に溢れ、技術の上でちょっと先を行くボーデンとそれを追うアンジャーの仲は、アンジャーの妻の不幸な

死により決定的に壊れてしまいます。以後ボーデンは結婚、アンジャーは新しいアシスタント(スカーレット・

ヨハンソン)を得て、別の道を歩みますが、敵対する二人の道は時に交差し、、、


中国の水責め具(Chinese water torture cell)、弾丸受け(bullet catch)、消える鳥籠(vanishing bird cage)

瞬間移動(teleportation)・・・さまざまな奇術と場所と時間と人とが交錯するストーリーはノーラン監督っぽく

もあり、注意して観ていないと何か見逃してしまいそうな気もしました^^;

どうしてもボーデンを出し抜けないアンジャーは、コロラド・スプリングスの山に発明家ニコラ・テスラを訪ね、

瞬間移動の実験を依頼します。このニコラ・テスラという人、高校時代よく聞いていたへヴィメタバンドTESLA

の『GREAT RADIO CONTROVERSY』のお陰で^^;交流電流やラジオを発明した天才科学者だということは

知っていましたが、本作ではエキセントリックな発明家ぶりやエジソンとの確執も描かれ、なかなか興味深く

観ました。ちなみにデヴィッド・ボウイが演じていたとは全然気づかなかったんですけど・・・^^;


テスラの実験がなかなか成功しないことに苛立ったアンジャーが戸外で見つけた帽子の山と猫たち・・・

そこから全てのタネが明かされていく展開は吸引力があり、最後は驚き、そして切ない気持ちになりました。

ただちょっといろいろ詰め込みすぎちゃったか、天才マジシャンの孤独と悲哀への感慨が分散してしまい、

映画の余韻としては『幻影師 アイゼンハイム』の方が上だったかなぁと思います(ま、ルーファス出てるし^^)

それにつけてもマイケル・ケインは素敵、スカヨハ嬢はもっと出番が多いと嬉しかったかも^^

閉じる コメント(20)

顔アイコン

見ているときにはとってもスリリングで楽しかったのですが後になるとネタがもっと面白いか、もう少し内面の葛藤などが描かれていたらもっと良かったのに、と思います。
テスラのことご存知だったのですね。すごい〜
TBさせてください。

2009/3/12(木) 午後 1:16 car*ou*he*ak

顔アイコン

Cartoucheさん、原作がどこまで広範に描いているのか分りませんが、映画の限られた時間枠の中に盛り込むには要素が多かったかもしれませんね。でも世紀末の欧州の雰囲気と豪華キャストで楽しめました。
テスラはヘヴィメタバンド経由というナサケナイ知識でも知っていたので「おー!」と思いました。
TBお返し有難うございましたm(_ _)m

2009/3/12(木) 午後 2:02 M

アバター

キャストが豪華で華やかだっただけに、ちょっと内容は惜しかったですよね。ドキドキしながら観れたけれど、後味もあまりよくなくて印象が今一つになってしまいました。私も映画としては地味ながら「幻影師〜」の方が楽しめました。
テスラ、私は最近邦画の「K-20」を観た時この映画でちょっとおさらいしておいてよかった〜なんて思っちゃいました〜(笑)
こちらからもTBさせてくださいね♪

2009/3/12(木) 午後 9:08 choro

ヒュー・ジャックマン好きです。最後のシーン、よくわからなかったのですが、分身もの的に観ました。トラバさせてくださいね。

2009/3/12(木) 午後 9:47 maman

顔アイコン

Choroさん、ノーラン作品の常連さんに加え、ヒュー・ジャックマンにスカヨハ嬢とほんと豪華でした。監督らしい凝ったストーリー展開だったと思いますが、観終わっていまひとつすっきりしない感じも残りました。再度観るとまた違う気もしますけど・・・
テスラ氏はセルビアのお札にもなっている有名人なんですね〜。
TBお返し有難うございました^^

2009/3/12(木) 午後 10:29 M

顔アイコン

mamanさんの記事、再度読み返させて頂きましたが、映画を観たあとだといっそう「おー!」と思いました。確かに西洋ではalter egoとかthe other selfとか言って、その分身自身が人格を持っていることも多いですよね(日本の忍法ではそういうことってないと思いますが・・・^^;)いずれにしても世紀末の不穏な空気の中で奇術にとりつかれていった二人の哀しい物語でした。
TB有難うございます^^

2009/3/12(木) 午後 10:57 M

イリュージョンのシーンは華やかで引き込まれましたが、なんかドロドロした感じでしたね。スカーレットはもっと重要な役なのかと思ったら大した活躍もなくてあれ?って思いました。摩訶不思議な物語でもありましたね。
TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。

2009/3/12(木) 午後 11:04 つらら

顔アイコン

つららさんのところで以前目にした映像からもっと華やかなマジックの世界を想像してたのですが、どちらかというと暗鬱とした感じでしたね(それはそれで嫌いではありませんが・・・)私もスカヨハ嬢もっと観ていたかったです^^
TBお返し有難うございます♪

2009/3/12(木) 午後 11:16 M

顔アイコン

公開時見逃したのですけど、DVDで観ました〜
私もマジックの世界を前面に出した作品だと勝手に思ってたのですけど、意外にも見応えある作品でした^^
あ、確かにスカヨハとマイケル・ケインの出番少なかったかもですね(笑)

2009/3/12(木) 午後 11:50 じゅり

顔アイコン

じゅりさん、公開当時はノーラン作品であることも知らなかったので^^;明るく華やかなマジックもの映画だと思ってました・・・
マイケル・ケインもスカヨハ嬢も出番が短くてもインパクト大でしたけどねー、でももうちょっと出て欲しかったです^^;

2009/3/14(土) 午前 1:01 M

顔アイコン

これを読んでいたら観たくなりました。
『幻影師〜』とあわせてみようかしら。

2009/3/15(日) 午前 3:49 megmynおまけ

顔アイコン

おまけさん、評判割れているみたいなのですけど私は結構好きでした。
『幻影師〜』より先にご覧頂くことをお勧めします^^;

2009/3/15(日) 午前 10:52 M

残念ながらテスラさんのことを全く知らずに観たので、SFっぽくなってしまったところで、こんなのあり〜?と引いてしまったのですが、彼の奇想天外な発明のことを知っていたら、もう少し違った感想になっていた気がします。
でも確かにちょっと詰め込みすぎな気もしましたね。TBさせてくださいね。

2009/3/16(月) 午前 8:32 pu-ko

顔アイコン

pu-koさん、日本ではテスラさんのことってあまり知られていませんけど、欧米では結構話題にのぼりますね〜。相変わらず鈍い私は終盤のタネ明かしで初めて分ったようなところもあって「おー!」でした^^;
TB有難うございます、記事にお邪魔します^^

2009/3/16(月) 午後 9:43 M

そりゃ、余韻では『幻影師〜』のが上ですよね〜特にMさんはルーファスでてますし・・・(笑)
そそテスラといえば『K-20〜』にもでてきてこの映画みておいてよかったと思った気が・・。トリック的には読めたんだけど二人の対決がヒートアップするのがなかなか楽しめました。TBしますね

2009/3/21(土) 午前 2:20 LAGUNA

顔アイコン

らぐなさん、『幻影師〜』の方がキャラクターに深みが感じられたような気がします。っていうかルーファス出てますから^^
テスラさん、『コーヒー&シガレッツ』でも登場してました。いわゆるmad scientistの一人なのかもしれませんが、欧米では根強い人気の人なんですね〜。
TB有難うございます、記事にお邪魔します===3

2009/3/21(土) 午後 11:57 M

アバター

2人が競い合うところだけがクローズアップされていて、
もう少し気持ちを掘り下げていれば共感もしやすかったのかもしれませんね。
雰囲気はある映画でした。

2009/4/22(水) 午前 8:53 木蓮

顔アイコン

もくれんさん、内面の掘り下げはあんまりなかったですよね。
でも観終わると二人の天才マジシャンの悲しい運命に切ない気持ちになりました。
TBお返し有難うございます^^

2009/4/23(木) 午後 10:53 M

顔アイコン

マジックが人生そのもの、生活すべてがマジックのためにある・・という狂気じみた2人が哀れでした。彼らの妻たちも。。
TBさせてくださいね。

2011/2/26(土) 午後 5:26 Swan

顔アイコン

Swanさん、ほんと二人の因縁が切なかったです…
TESLAという人もかなり奇天烈だったようですが、この物語の終末も結構奇抜でしたかね^^;?
TBありがとうございます〜。

2011/2/28(月) 午前 0:04 M

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事