全体表示

[ リスト ]

マルタのやさしい刺繍

イメージ 1
2006年(スイス)
原題:DIE HERBSTZEITLOSEN
監督:ベティナ・オベルリ
出演:シュテファニー・グラーザー、ハイディ=マリア・グレスナー、アンネマリー・デュリンガー、
   モニカ・グブザー
スイス・エメンタール地方の小さな村に住む80歳のマルタ(シュテファニー・グラーザー)は、夫に先立たれ生きる気力をなくし、毎日を無為に過ごしていた。そんなある日、彼女は忘れかけていた若かりし頃の夢を思い出す、それは“自分でデザインして刺繍をしたランジェリーのお店をオープンさせること”。保守的な村の住人たちに後ろ指をさされながらもマルタは友人たちと夢の現実にむけて動き出す・・・


公開時にとても評判がよくて観に行きたいと思いつつ逃してしまった作品。少し前にTVで放映され、ようやく

観ることができました。本国スイスはもちろん、大阪ヨーロッパ映画祭で上映されるや大反響を呼んだという

のも納得の心温まる愛すべき作品でした。


口数は決して多くなく、固めに結んだ唇と眼差しで語るマルタおばあちゃん(シュテファニー・グラーザー

がいいです。亡き夫のイニシャルが入ったナプキンやカトラリーを寂しそうに見つめ、生きる屍のようだった

マルタおばあちゃんが「手刺繍ランジェリーショップを開きたい」という遠い夢を思い出し、次第にもりもりと

復活していくさまは誰しも応援したくなっちゃいますね。


マルタおばあちゃんの背中を押した自称アメリカ帰りのリージ(ハイディ=マリア・グレスナー)母娘のサイド

ストーリーもよければ、運転免許にチャレンジするハンニおばあちゃん(モニカ・グブザー)や老人ホームの

パソコン教室に登録するフリーダおばあちゃん(アンネマリー・デュリンガー)もみんな魅力的でした。


一方で劇中に登場する男性陣は、マルタの息子で牧師をしているヴァルター(ハンスペーター・ミュラー=

ドロサート)も、ハンニの息子フリッツ(マンフレート・リヒティ)も「おいおい・・・」な御仁が多いかも^^;?

人間らしくていいっちゃいいですが、、、


ひたすら暴君だったフリッツが最終的につまはじきにあって独りワインを飲んでいる時に映るチーズはやはり

エメンタールですよね^^


スイスの山間の風景、マルタが刺す繊細で美しい刺繍、そして時折フランス語がまざるスイス風のドイツ語が

なんとも素敵な雰囲気を醸し出し、観終わるとあったかい気持ちになる小さな秀作映画でした。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

いや〜、これはハートウォーミングでイイ映画でしたね〜。
ちょっとシリアスな面もあって、なかなか見ごたえのあるドラマだったと思います〜。
TB、させてくださいませ。

2010/8/10(火) 午前 0:31 サムソン

刺繍、と聞いて「観たい!」と思ったのですが、ドイツ語?というところでつまづきましたf^_^;で、まだ観ていません。でも、手仕事の楽しさや、お年を召した方の生き生きとした姿が描かれていることでしょうから、いつか観たいと思っています。フランス語も混ざるのですね^-^貴重な情報ありがとうございます^-^ポチ☆

2010/8/10(火) 午前 8:03 maman

顔アイコン

ほんとのんびりなのですが、でも言いたいことははっきりしていて
勇気づけられますね。
そうそう。穴のあいてるエメンタールをみんな食べてました。
こういう作品大好きです。
TBさせてくださいね。

2010/8/10(火) 午前 9:43 car*ou*he*ak

この作品私も劇場で観賞出来なくてwowowで観賞してお気に入りです。
パートナーを亡くしてしまったら誰でも元気はなくなるけど人って自分がする事が見つかるとこんなにも元気に♪
そうそうスイスの町並みや言葉すべてがとっても素敵な作品で良かったです♪

2010/8/10(火) 午後 0:41 ひかり

顔アイコン

サムソンさん、ほんとでしたね、あったかくて元気になれる映画でした^^
そうそう、結構シリアスな要素もあって単なるおとぎ話風でないのがよかったです。
TB有難うございます^^

2010/8/11(水) 午前 0:57 M

顔アイコン

これ、刺繍上手のmamanさんにはきっとツボなシーンが多いのではないでしょうか^^?
もう年だから・・・ではなく、年を重ねてきたからこそ・・・の女性のやわらかい強さが素敵でした。
ランジェリー・ショップの名前からして"Petit Paris"でしたよ^^
チャンスがあればご覧下さいませ。ポチ☆有難うございます〜。

2010/8/11(水) 午前 1:16 M

顔アイコン

Cartoucheさん、元気をもらえる映画でしたよね^^
エメンタールチーズ好きなものでついつい画面の中のチーズを見入ってしまいました^^;
TB有難うございました♪

2010/8/11(水) 午前 9:38 M

顔アイコン

ひかりさんもおうちでご覧でしたか・・・。
長年連れ添った伴侶がいなくなるわけですからその喪失感たるや想像を超えたものだろうと思うのですが、いつまでも下を向いて生きていくわけにもいかないし・・・。でもそう分かっていてもなかなかうまくは切りかえられないし・・・。昔の夢を取り戻したマルタおばあちゃんのパワーには脱帽でした。
あたたかい素敵な作品でしたよね。

2010/8/11(水) 午前 9:46 M

顔アイコン

好きな作品です。
おばあちゃんたちの前向きなパワーには元気を貰えますよね。
それに引き換え、男性陣はたしかに「おいおい…」でした^^;
TBさせてくださいね。

2010/8/14(土) 午後 8:39 Swan

そうそう、まさに心温まる愛すべき作品でしたね〜^^
舞台となるスイスの風景やヨーロッパ映画の質感も好みでした。
いい作品でしたね(^ー^)

2010/8/14(土) 午後 11:53 じゅり

顔アイコン

Swanさん、これはほっこりくる作品でしたね。
そそ、男性陣がなぜかこぞって・・・^^;
TB有難うございました♪

2010/8/17(火) 午前 9:37 M

顔アイコン

じゅりさん、ハートウォーミングとはまさにこのことですね〜。
でもただただ御伽噺のようなだけでなく、リアリティもあったのがよかったです^^

2010/8/17(火) 午前 9:40 M

顔アイコン

私も観ました。元気百倍、生きる勇気をもらえました。TBさせてくださいね。ポチ!

2011/1/30(日) 午前 7:24 道

顔アイコン

道さん、はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
おばあちゃまたちの姿に勇気づけられますね。
スイスの田舎の村の風景も素敵でした。

2011/1/31(月) 午前 0:22 M

アバター

スイスの風景も良かったですね!
どこの国も男性が保守的で女性が元気な気がしますね(^_^;)
まあでも見習いたいおばあちゃんたちですよね。
こちらもTBさせてください!

2011/12/24(土) 午後 0:47 木蓮

顔アイコン

もくれんさん、老齢の女性たちと中年の男性たち、おばあちゃんたちの方が自由でしたね。
スイスの片田舎の風景、素敵でした。
TBありがとうございます♪

2011/12/26(月) 午後 5:11 M

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事