橋本さんのブログ

科学は偽りであり、オカルトに真実が隠されている

時事放談

すべて表示

抗がん剤に代わるがんワクチンの恐怖

ノーベル医学賞に「PD−1」に関わる研究者の2名が選ばれた。

この2名の中に日本人が入っていたということでメディアは大騒ぎであるが、ノーベル賞の対象となる研究というのは利権が絡んでいて、この「PD−1」が抗がん剤に代わるがん治療の柱になるということに注目するべきだ。

問題は、現行の「抗がん剤」が、マスタードガスを原料とする毒薬であるということと同様に、「PD−1」はワクチンとして健常者に投与されるのであり、その市場規模の大きさとともに、副作用の危険性は「抗がん剤」と同等のものとなるであろうということだ。

「抗PD-1抗体」療法とは、あらかじめがんワクチンを接種して、がん細胞が広がった時に、「抗PD-1抗体」を投与することで、症状が抑制されるというのもである。

わかるかな、がんワクチンの市場規模と、マスタードガスを原料とする現行の抗がん剤から「PD−1」への切替えが意味するところが。

とにもかくにも、がん=真菌症であるという真実を理解せずに、がん細胞と戦うだの殺すだのという神学論を述べている人間の科学という狂気というかむしろ狂言というお芝居の舞台で踊っている科学者のまぬけぶりと、それに感嘆しきっている日本人の阿保ぶりはすさまじい。


.


みんなの更新記事