橋本さんのブログ

科学は偽りであり、オカルトに真実が隠されている

全体表示

[ リスト ]

そうか。安倍明恵が渡した100万円は、機密費からでていたのか。菅野完が「内閣の2つや3つ?がぶっ飛ぶ」とするスキャンダルは、安倍晋三のいう私人である安倍明恵が機密費を寄付としてばら撒いていたことか。

菅野完は、安倍明恵が安倍晋三からと寄付した100万円を匿名での処理をお願されたが、経理上は安倍晋三からの寄付としようとした経緯や証拠を挙げた。

また、関西ではご祝儀をいただいたときは、必ずお返礼するという。今回の安倍明恵からの寄付でも、籠池諄子(夫人)はきちんと返礼(菓子折りと10万円)をしている。この証拠を籠池側が持っていることを菅野完はインタビューの中でさりげなく確認している。

問題は、寄付行為ではなく100万円ので出所である。つまり、官房機密費。公金による私学設立への援助は、日本国憲法 第八十九条 で禁じられている。今回の100万が機密費であれば憲法違反となる。

第八十九条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。



籠池泰典氏が、菅野完を通して森友学園の話をしたのは、自身と家族の身の安全のためであろう。財務官僚や大阪府、そして官邸からの刺客から身を守るには、情報を公開するしかない。それも、第三者を通して情報を周知する。情報が周知されれば日本最大の暴力団の警察も殺害というリスクを負うことはしない。

菅野完も、日本最大の暴力団である警察のことはしっかり認識していて、彼が、掴んだ情報をリアルタイムで周知・公開することで身の安全を確保している。

私は、15日の菅野完の自宅前での囲み取材で、画面左側の険悪な表情をしている男性が気になっていた。1995年4月に東京の南青山で起きたオウム真理教幹部の村井秀夫刺殺事件がオーバーラップしていたのである。

イメージ 1
赤丸で囲んだ男性は、途中から電話を受けながら 菅野完を目で捉えている。テレビ画面に映し出せれていることを電話で知らされたのではないだろか。

菅野完は、とにかく手元にある情報をすべてネット上に公開するべきだ。出し惜しみして執筆活動にこだわると殺される。しばらくは、メディアに露出して稼ぎなさい。

よくやった。見事だ。ひさびさに痛快なジャーナリズムをみさせていただいた。

あと、籠池泰典氏は、政治信条はともかく、真面目で正直な大阪のおっちゃんなのかな。でも、あんたの信奉してた安倍晋三は田布施村閨閥だよ。日本会議のルーツの出口ナオを勉強しなさい。とにかくも、ありがとうさん。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事