プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

全体表示

[ リスト ]

客船に乗る

  所用でアメリカに来ている。そのせいもあってブログの更新が遅れている。
  用事が済んだあと、フロリダの友人を訪ねた。そこにしばらく居候する予定であったが、彼が思わぬことを言い出した。
  船会社にコネクションがあるらしく、「まもなく出航する大型客船にキャンセルで出た空室が有る。一緒に行かないか?君の好きな大陸横断鉄道も見られるよ。」という、わけのわからない話であった。意外な安値であったので、賛成して同行することにした。

  港に行くと、巨大な客船が4隻泊まっていて、その中の最大の船に乗った。こういう経験は初めてで戸惑ったが、要するに動く巨大な高級ホテルである。劇場もプールもバーもあり、食堂では高級なフランス料理が自由に食べられる。食べ過ぎると健康に良くない。

  部屋はシティホテルの部屋ほどの大きさで、シャワーが付いている。その水が純水(脱イオン水)なので驚いた。30年程前に乗ったフェリィの水は臭く、顔を洗っただけで気分が悪くなった。飲み水は、ガラスタンクに入ったものを汲んで飲んだ。
  この船の水は全て海水を半透膜で濾過して作っているのだ。試しに眼鏡を洗ってそのまま乾燥した。全く水滴の跡がつかない。プールの水も同様で、それをオゾン殺菌している。
  2,100人もの乗客と800人の乗組員が必要とする水は2000トン/日ほどである。この排水も処理しなければならない。おそらく船内に巨大な汚水処理施設を装備しているのだろう。昨今の情勢から考えると、汚水をそのまま流すことは考えられないからだ。

   少量の石鹸でよく泡が立ち、顔を洗った時の感触が全く異なる。皮膚の表面には皮脂があり、それが多少加水分解されて、薄い脂肪酸の膜ができている。それと水道水中のカルシウムイオンが反応するので、微量の脂肪酸カルシウムが析出し、明らかにザラつきが生じるのをいつも感じていた。今回は違う。温水だけで顔を洗っても明らかにキレイになる。皮脂は、多少の親水性を持つので溶けるのだ。試しに、温水シャワーを数分浴びただけで、鼻の脂はどこかに行ってしまった。純水のシャワーは素晴らしい。

  実は筆者の家を建てる時、唯一失敗したのが、その水処理であった。アメリカ製のイオン交換樹脂を設置するのを忘れたのだ。アメリカでは硬水が普通なので、そういうものは安く売っていた。

  今回の経験で、急にその水処理装置が欲しくなった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事