プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

全体表示

[ リスト ]

淡水湖

 船は南米のコロンビアまで行って、半日留まり、その間外に出た。南米は行きにくいと諦めていたが、思わぬチャンスでその地を踏むことができた。
 その後、パナマ運河を通る。26 mほどの落差を階段式の閘門という装置を通って登る。
一段で12 mもの落差を昇るところがあって、興奮した。外の高い照明灯が、見る間に眼下に見えるようになる。全く振動もなく、動いていることがわからない。
イメージ 1


 登ったところは Lake Gatun である。ガトゥン湖は人口湖でダムで堰き止めてある。旧地形の谷を船が行くが、途中、山を崩して切り取った隘路を通る。第一次世界大戦前にこのような大規模工事を疫病に悩まされながらも成し遂げたことは、素晴らしいことだ。病気のもとは蚊である。広大な地域の蚊を撲滅するすることに成功したのだそうだ。大したものは使っていない。ある種の油を撒いたのだ。蚊の親油性部分に付着するから生きていけなくなる。
 当然のことながら、湖水は淡水である。密度が小さいから、船の喫水は深くなる。熱帯雨林だから、水は十分にあるのだが、それでも節水を心掛けている。閘門を通るとき、閘室に入った時に注水して、水面を等しくして船が進む。その後、水を捨てて次の船を入れるのだから、あまり頻度が多いと湖面が下がる可能性があるらしい。小さな船はたくさん入れて、一度で処理する。

 その水が海に流れ込むところを見ていた。海水は多少の濁りがある。プランクトンは当然のことながら親水性だから、沈降しない。そこに淡水が流れ込む。淡水は粘土を主体とする疎水性コロイドだから、海に入ると沈降するだろう。混ざった瞬間の写真を撮った。
 おそらく、このあたりには非常に細かい沈降物が堆積し、非常に良い魚介類の棲み処になっているはずだ。
イメージ 2

 先回の大陸横断鉄道の謎は解けた。パナマ地峡 Panama Isthmus には、世界で最初の大陸横断鉄道があった。勝海舟らも乗った。むしろ、inter-oceanic railroad 太洋間鉄道というべきなのだろう。こんなに狭くても、アメリカ大陸の一部であるから、世界で最も短い大陸横断鉄道であることが間違いかと言われると、そうではないと答えざるを得ない。
 その鉄道を船から全線眺めることができる。せいぜい80 km弱の長さだ。この鉄道は、非常に高額な運賃を取った。1860年当時で25ドルだったそうだ。これしかないので、乗らねばならないのだ。世界で最も儲かった鉄道会社だったらしい。今はその区間を観光列車が走っている。運賃は25ドルだそうだ。貨物列車も走っている。不思議なことにコンテナをたくさん積んでいる。
イメージ 3

 その理由は、運河の喫水が制限されているので、コンテナなどを雑に積むと、船が傾いて底を擦る可能性があるからだ。通過する前に重いものを取り除いて陸送する必要があるということだ。

 パナマ運河というものは意外にデリケートなものである。通行量は船の大きさによって決まる。旅客船は乗客の数によって決まるそうだ。小さいヨットなどは安いようだが、ある程度まとめてしか入れてもらえないようだ。
 過去一番安かった通行料は、泳いで渡った冒険家で36セントだったと、案内映画で言っていた。 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事