プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

全体表示

[ リスト ]

MP関節不安定

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 左手の拇指の不具合で入院し、手術を受けた。要するに親指が脱臼するのだ。数年前からおかしくなり、気を付けて生活していたが、先日車を運転中に外れてしまって慌てた。私の車のステアリングホィールはかなり太くしてある。直径45 mm程度のものを握るのが一番自然な形なので、その様な太さにしてあった。
 レンタカーを運転している時に、少し危ないことがあり、ステアリングを思わず強く握ってしまった。そうしたら、ボキッと音がして親指が脱臼した。ステアリングが細かったのだ。路側帯に停め、一生懸命引っ張って修復したが、観念してそのまま病院に行った。
 医者が言うには、「人間の耐用年数は55年です。それをあなたは過ぎている。力仕事はいけません。 おとなしくしてなさい。」
 確かにDIYが好きなので、大きなものを作っている。最初は力の要る大きなペンチ状の工具を思い切り締めたのがきっかけであった。その後は気を付けていたが、たまに外れた。今回は派手に外れてそう簡単にははまらなかった。

 X線で見ると、明らかに関節の窪みの縁が欠けている。手術でその部分を盛り上げ、内側に引張る工夫をほどこした。MPとはmetacarpal phalangealである。後半はphalanxという言葉である。これは昔ギリシア語を勉強した時に出て来た。重装歩兵の一群を指す言葉だ。密集隊形を取ってハリネズミのようだ。指の骨は固まって存在しているので、その言葉を使う。
 1980年頃、新聞にファランクスという言葉が出て驚いた。それは飛んでくるミサイルから艦艇を守る高速機関銃であった。1分間に4500発も撃つというから凄い。レーダと連動して百発百中で撃ち落とせるという。指の骨のように束になった銃身を持つからだ。

 手術が終わった後、固定するためにギプスを巻いたのだが、それは白いプラスティックで固めたテープであった。ガラス繊維にウレタン樹脂を含侵させ、水で濡らすと3分くらいで固まる。その時かなり発熱する。どんなものでも、流動しているものが固まると発熱するのは当然だ。運動エネルギィの行き場所がなくなるからだ。
 昔は焼石膏を含ませたガーゼを巻いて、水をスプレイした。これも当然熱くなる。固定方法は進化した。そのうちスプレイすると体表部で固まるものができるかもしれない。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事